ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2012年10月一覧次のニュース >>

[ジャパンパラ大会]
2012ジャパンパラアーチェリー競技大会 レポート

12.10.09 2012:10:09:10:00:00

2012ジャパンパラアーチェリー競技大会が、10月6日・7日の2日間、埼玉県障害者交流センターで開催された。パラリンピックと同じ70mニューセットシステムで各クラスの日本王者を決めるこの大会には、ロンドンパラリンピックに出場した選手たちをはじめ、国内のトップアーチャーが集まり、熱戦を繰り広げた。

 

男子リカーブSTANDINGでは、予選ラウンド2位の上山友裕(大阪府)が初優勝。準決勝では、若手にとって高い壁となっている昨年の覇者・原口章(埼玉県)を6-2で破るなど、若い力の台頭を印象づけた。

混戦となった男子リカーブW2では、渕上朋伸(兵庫県)と長沼庸彦(名古屋市)がベテランの意地を見せた。若手や中堅のチャレンジを退けた2人は決勝でも好勝負を展開。渕上が王者となった。

男子コンパウンドOPENでは、初優勝をねらう予選ラウンド1位の大塚忠胤(栃木県)と予選ラウンド2位の服部和正(東京都)が順調に勝ち上がり、決勝で激突。ベテランらしい落ち着いたシューティングを見せた服部が、大塚を逆転し6-2で優勝を飾った。

 

ロンドンパラリンピック代表組では、男子コンパウンドW1の斎藤紳一(千葉県)と女子コンパウンドOPENの永野美穂(愛媛県)が優勝。女子リカーブW2では中西彩(奈良県)が斉藤あや子(長野県)を破って王座に返り咲いた。


大会公式サイト

競技結果 予選 決勝


2012JPAR002.JPG

国内のトップアーチャーが参加した


2012JPAR003.JPG

初優勝を飾った男子リカーブSTANDINGの上山


2012JPAR004.JPG

ベテランの安定感で男子コンパウンドOPENを制した服部


2012JPAR005.JPG

男子リカーブW2決勝はベテラン対決を制して渕上(右)が優勝


2012JPAR006.JPG

女子コンパウンドOPENの永野は嬉しい初優勝


2012JPAR007.JPG

男子コンパウンドW1ではロンドン代表の斎藤が意地を見せた


2012JPAR008.JPG

女子リカーブW2は中西が優勝