ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2013年6月一覧次のニュース >>

[協会情報]
ビジョンについてIPC会長と意見交換

13.06.07 2013:06:07:10:20:00

5月30日、当協会の鳥原光憲会長は、ロンドン郊外にあるフィル・クレイヴェンIPC会長の自宅を訪問し親交を深めるとともに、当協会で策定した日本の障がい者スポーツの将来像(ビジョン)やパラリンピックムーブメントの将来像について意見交換を行いました。クレイヴェン会長からは、「日本のビジョンはIPCのビジョンともよく合致して
おり、パラリンピックムーブメント促進のため、ビジョン実現に向けて日本の立場で力を尽くしてほしい」との激励をいただきました。

また、ロンドンパラリンピックに出場した日本選手26名からお預かりした礼状をお土産に手渡しましたが、クレイヴェン会長はすぐに開封し、選手からの言葉に相槌を打ちながら熱心にご覧になり、「選手の皆さんには『お礼』のお礼を言いたい気分だ。選手の声に元気づけられた」と、非常に喜ばれました。

 P1020353.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

クレイヴェン会長(右)に選手からの礼状を手渡す鳥原会長