ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2013年9月一覧次のニュース >>

[ジャパンパラ大会]
2013ジャパンパラアーチェリー競技大会 レポート

13.09.30 2013:09:30:11:26:55

 9月28日と29日の2日間、埼玉県障害者交流センターで2013ジャパンパラアーチェリー競技大会が開催された。両日とも天気に恵まれ、晴れ渡った空の下で全国から集まったアーチャーが日本一をかけて対戦した。初日は予選ラウンドと男子リカーブスタンディングの決勝ラウンド1回戦のみが行われ、2日目は各クラスで決勝ラウンドの熱い戦いが続き、優勝者が決められた。

JPAR2013A.jpg
初日の予選ラウンドから互いの意地がぶつかる!

 男子リカーブスタンディングでは、昨年の覇者である上山友裕が予選ラウンドを1位通過して連覇へ好発進。そのまま勝ち進んだ準決勝で渡邉昌義と対戦し、調子良く先攻していくが、後半に渡邉が盛り返して6-4と逆転勝利で決勝に進出した。決勝に進んだもう1選手は、今大会初出場の宮本リオン。宮本は準決勝で対戦したベテランの原口章に7-3で競り勝り、見事な勝ち上がりを見せた。両者の対戦は一進一退だったが、最後の一射まで抜群の集中力を見せた宮本が6-4で勝利し、嬉しい初優勝を飾った。


JPAR2013B.jpg
宮本は緊張を感じさせずに最後まで攻めた

 女子コンパウンドオープンでは、ロンドン2012パラリンピック競技大会で5位入賞を果たした永野美穂と、昨年の全日本ターゲット選手権大会において健常者の中で3位に入った平澤奈古が決勝を戦った。両者の戦いは、序盤から平澤がリードを奪い、そのまま126-116で永野を押し切って優勝を果たした。

JPAR2013C.jpg
女子コンパウンドオープンを制した平澤

 男子リカーブW2は、決勝で永沼庸彦を破った渕上朋伸が、男子コンパウンドOPENでも服部和正が連覇を達成。また、女子リカーブスタンディングでは黒岩信恵が優勝した。


JPAR2013D.jpg