ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2015年3月一覧次のニュース >>

[ジャパンパラ大会]
2015ジャパンパラアルペンスキー競技大会 速報レポート

15.03.25 2015:03:25:13:08:26

 3月21日から24日の4日間、長野県北安曇郡白馬村にある白馬八方尾根スキー場で、2015ジャパンパラアルペンスキー競技大会が開催された。IPCアルペンスキーワールドカップの総合優勝を決めたばかりの鈴木猛史選手をはじめ、3月初旬にカナダで開催されたIPCアルペンスキー世界選手権でメダルを獲得した日本人選手たちが参加。硬く凍ったアイスバーンのオリンピックコースを高速で滑る世界最高峰のスキー技術はコースサイドで観戦していた一般スキー客たちも驚かせた。

 大会初日は大回転種目。春の晴天で気温は上昇したがコースの雪は融けることなく硬いレースバーンが維持された。視界もよく、選手たちは思い切りよくコースへと飛び出していった。
 女子はシッティングカテゴリーの村岡桃佳(LW11)が優勝。今春から大学生になる若手選手で今後の活躍が期待されている。男子は1本目で0.1秒差のトップだった鈴木猛史(LW12-2)がその差を広げて優勝を決めた。聴覚障がいカテゴリーでただ一人のエントリーだった中村晃大は3月28日からロシアで開催のデフリンピックに出場予定。直前の今大会でも力強い滑りを見せてくれた。

2015JPAL01.jpg 2015JPAL02.jpg

                        村岡桃佳(LW11)                                                      中村晃大(D)


 大会2日目は回転種目が行われた。ポールをなぎ倒しながら滑る激しい種目だ。気温の上昇によって雪面が緩みスキー操作をしにくい難コンディションとなった。これを得意種目とする鈴木は果敢に攻めるがコースアウトで途中棄権。男子シッティングカテゴリーはベテランの森井大輝(LW11)が熟練のテクニックで優勝した。男子スタンディングは三澤拓(LW2)が1本目のタイム差で逃げ切り優勝した。

2015JPAL03.jpg 2015JPAL04.jpg

                      森井大輝(LW11)                                                         三澤拓(LW2)


 大会3日目は冬型の荒れた天候で競技日程が変更され、スーパーコンビ種目が行われた。これは高速系種目のスーパー大回転と技術系種目の回転を各1本ずつ滑り、その合計タイムで順位が決まる。前夜の降雨で雪面が緩み、高速系種目では難しいコンディションだった。実力者が揃っている男子スタンディングカテゴリーは小池岳太(LW6/8-2)が優勝。シッティングは狩野亮(LW11)が1本目2位からの逆転優勝を決めた。

2015JPAL05.jpg 2015JPAL06.jpg

                      小池岳太(LW6/8-2)                                                      狩野亮(LW11) 


 大会最終日はスーパー大回転。長い距離を滑るこの種目は1本のみのタイムで順位が決まる。男子シッティングカテゴリーは2位に3秒近い大差をつけて狩野が優勝。男子スタンディングは阿部敏弘(LW6/8-1)が接戦を制した。また男子知的障がいカテゴリーでは、木村嘉秀が今大会4回目の優勝を飾り、全種目制覇を果たした。

2015JPAL07.jpg 2015JPAL08.jpg

                     阿部敏弘(LW6/8-1)                                                       木村嘉秀(ID)