ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2015年5月一覧次のニュース >>

[ジャパンパラ大会]
2015ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 レポート

15.05.25 2015:05:25:12:15:29

 5月22日から24日にかけて、千葉ポートアリーナを舞台に、2015ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会が開催された。2015年度になって初めてのジャパンパラ競技大会だが、来年にリオパラリンピックを控え、世界を強く意識する時期になってきた。今大会は、世界ランキング5位のイギリスをはじめ、デンマークやニュージーランドが参加し、世界ランキング4位の日本がホームで迎え撃った。

2015JPWR01.jpg

大会初日には600名を超える小学生が観戦に訪れ、"ニッポンコール"が会場に響き渡った


 大会では、まず、4チームによる総当たり戦を行い、その1位と4位、2位と3位の対戦による準決勝、その後の決勝戦、三位決定戦が予定されていた。大会のオープニングゲームとなったのは日本対ニュージーランド戦。日本は、池崎大輔(3.0)、池透暢(3.0)、若山英史(1.0)、今井友明(1.0)の3.0点と1.0点を組み合わせたスターティングメンバーで試合に臨んだ。序盤から日本のディスフェンスが冴えわたり、56-43で白星を挙げると、デンマーク戦は55-36、イギリス戦は56-49で振り切り、3戦全勝で準決勝進出を決めた。また予選リーグを終え、2位はイギリス、3位デンマーク、4位ニュージーランドになったため、日本の準決勝の相手はニュージーランドに決まった。

 

2015JPWR02.jpg

エースの池崎の激しいプレーは観客に競技の魅力を伝えることができたはずだ

2015JPWR03.jpg

会場内では実況中継・競技解説が行われ、若山ら障がいの重い選手たち(ローポインター)の活躍ぶりも説明された


 準決勝で、日本は戦力の底上げを図るためにスターティングメンバーを変更。しかし、序盤はリズムに乗れず思うようなプレーがなかなかできない。また予選で日本に敗れたニュージーランドは一矢報いようと、気合の入ったプレーを披露し、前半は競った展開が続いた。後半に入ると日本が地力を見せて引き離し、51-41で決勝進出を決めた。
 大会最終日に行われた決勝のカードは日本対イギリス。世界ランキング的にも、好ゲームとなることが予想された。試合が始まると、スターティングメンバーを戻した日本は前線から強烈なプレッシャーをかけ続け、相手のミスを誘う好プレーを連発。エンジン全開でリードを奪う。第2ピリオド以降もメンバーを入れ替えながら戦うが、リードを失うことなくペースを維持。最終的に57-43で勝利し、日本が今大会初の栄冠に輝いた。

 来年にはリオパラリンピック、そして今年の秋には同じ会場である千葉ポートアリーナにおいて、リオ大会の切符をかけたアジア・オセアニア選手権が開催される。10月25日から11月2日まで、絶対に負けられない戦いが繰り広げられるはずだ。今大会の日本はさまざまなメンバーを組み合わせて戦いながら、結果も残すことができた。選手たちも、非常に意義のある大会だったと感じているようだった。

2015JPWR04.jpg

大会終了後の記念撮影