ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2016年6月一覧次のニュース >>

[ジャパンパラ大会]
2016ジャパンパラ陸上競技大会 レポート

16.06.06 2016:06:06:12:06:41

 新潟県新潟市にあるデンカビッグスワンスタジアムで2016ジャパンパラ陸上競技大会が開催された。

 大会初日の6月3日(金)には開会式が行われ、地元の新潟出身の三須穂乃香(T47)が選手宣誓を行った(開会式の会場はANAクラウンプラザ新潟)。競技が行われたのは4日(土)と5日(日)の2日間。今大会はリオパラリンピック直前で、選手たちにとってはリオの選手選考に関わる大会ということで、記録にこだわる姿勢で競技に臨んでいた。

2016JPAT01.jpg

会場となったデンカビックスワンスタジアム

 佐藤友祈(T52)は100m、400m、1500mと初日に3種目出場し、その中の400mで1分を切る58秒20の好タイムをマーク。大会記録を塗り替え、好調さをアピールした。
 また若手の鈴木朋樹(T54)は同クラスの実力者である樋口政幸に対して果敢に仕掛け、1500mでは序盤から前に出る強気なレースを繰り広げた。最終的には逆転されてしまったが、800mでは2周目に入ったところで他を引き離し、1分37秒71でゴール。優勝を飾った。
2016JPAT02.jpg

佐藤友祈

2016JPAT03.jpg

鈴木朋樹


 女子のT47クラスでは、三須と同じ日本体育大学の辻沙絵が躍動し、100m、200m、400mで大会記録を超えるタイムを連発した。
2016JPAT04.jpg
辻沙絵(右)と三須穂乃香

 視覚障がいクラスでは、堀越信司(T12)が5000mで力走。最後までペースが落ちずラストスパートまで走り切り、大会記録を塗り替える15分11秒05でフィニッシュした。

2016JPAT05.jpg

堀越信司


 パラリンピックの実施種目である知的障がいクラスの1500mでは、20名もの選手が出場し、予選と決勝が行われた。ロンドンパラリンピックに出場経験のある木村雄哉や5000mで勝利した中川大輔を抑えて勝ったのは、山内祐介だった。4分5秒96で2位に3秒以上の差をつけ、大会記録を更新するタイムを叩き出した。
2016JPAT06.jpg

山内祐介


 7月のジャパンパラ競技大会は、水泳競技大会が7月17日と18日に横浜国際水泳場(神奈川県横浜市)で、ゴールボール競技大会は7月22日から24日まで足立区総合スポーツセンター(東京都足立区)で開催される。