ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2018年5月一覧次のニュース >>

[ジャパンパラ大会]
2018ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 レポート

18.05.28 2018:05:28:11:07:51

2018年5月24日から27日までの4日間、2018ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会が千葉県千葉市にある千葉ポートアリーナで開催された。
今大会には、世界ランキング5位のイギリス、同6位のスウェーデン、同7位のフランスの3か国が来日し、同4位の開催国・日本が迎え撃った。

2018JPWR01.JPG

今年も千葉ポートアリーナで開催された

2018JPWR02.JPG

多くの小中学生も会場を訪れ、エールを送った

大会は予選リーグとして4か国の総当たり戦を2周行い、その上位2チームによる決勝戦と下位2チームによる3位決定戦が最終日に実施された。
各チームとも1日2試合を3日間こなす予選リーグはタフな日程だが、今年の8月に開催される世界選手権に向けてチーム作りの仕上げに差し掛かっている時期とあって、その進捗を確認しながら戦っているようだった。
そんな中、やはり強さを発揮したのが日本とイギリスだった。世界ランキングでも上位の2か国が勝利を重ね、直接対決の1戦目はイギリスが51-50の1点差で、2戦目は日本が48-45でそれぞれ勝利し、互角の戦いを見せた。決勝戦も日本とイギリスの対戦に決まり、好勝負が期待された最終日には多くの観客が会場を訪れた。

決勝戦では地元の大声援を背に、日本が序盤から安定したプレーを見せる。ティップオフからボールを保持してエースの池崎大輔が先制。そのあとも日本の得点を7点連続で決めるなどチームに勢いをもたらすと、守備でも相手のミスを誘う激しいプレッシャーでイギリスからリードを奪っていく。前半、日本はノーミスと完璧な内容で26-20の6点リードして後半戦へ。後半開始早々、イギリスが日本のミスから連続得点をあげるものの、前半同様のプレーを継続した日本がそのままリードを守り切り、53-46で勝利し、優勝を果たした。

2018JPWR03.JPG

池崎は気迫あふれるプレーで得点を量産

2018JPWR04.JPG

激しい守備でイギリスとの決勝戦を制した

2018JPWR05.JPG

優勝した日本は世界選手権に向けて弾みをつけた

今回は大会に併せてパラスポーツ大会応援イベント「Go!Together!~みんな一緒に共生する未来~」も同時開催し、お笑い芸人のステージやご当地グルメ、パラスポーツ体験が楽しめる集客の機会が作られた。イベントに来場し、初めてウィルチェアーラグビーを目にした方も多かったはずだ。来年のウィルチェアーラグビーワールドチャレンジ2019、2020年の東京パラリンピックに向けて、今後もパラスポーツの魅力を発信し続けていく。

 

2018JPWR06.JPG

イベントの併催が大会集客に一役買った

 

次回のジャパンパラ競技大会は、7月7日と8日の2日間、正田醤油スタジアム群馬(群馬県前橋市)において陸上競技大会が開催される。