月別一覧へ / カテゴリー毎の一覧へ ▶

メディア関連

大会関連

選手団関連

<<前のニュース最新月次のニュース>>

リオパラ薬物検査、過去最大規模 IPC会長、厳格な態勢

16.09.082016:09:08:03:29:31

大会関連

【リオデジャネイロ共同】国際パラリンピック委員会(IPC)のクレーブン会長は7日の記者会見で、リオデジャネイロ・パラリンピックで尿検査と血液検査を合わせて1500件のドーピング検査を実施することを明らかにした。特定の競技や選手を絞って厳格な態勢を取る方針で「過去最大規模の検査で違反者を摘発したい」と決意を述べた。
 国家主導のドーピング問題でロシアが全面除外となり、検査態勢の強化は大きな課題となる。同会長は「パワーリフティングなどで問題を抱えており、ターゲットを絞ることで結果を出したい」と述べた。

2016090801000827.jpg

ページトップへ