Archery/アーチェリー

競技概要

アーチェリーは、離れた的に向かって矢を放ち、その得点を競い合う競技。使用する弓には一般的なリカーブと先端に滑車のついたコンパウンドの2種類 がある。男女別の個人戦(男女3種目ずつ)と男女ペアになって順位を競うミックス(3種目)が行われる。ルールは一般のアーチェリー競技規則に準じているが、障がいの種類や程度に応じて一部ルールを変更したり、用具を工夫したりすることが認められている。リカーブ部門においては的までの距離は70m、コンパウンド部門では50mとなっている。まずはランキングラウンドが行われ、72射を放った合計点(1射10点満点で最大720点)で決勝トーナメントの組み合わせが決まる。1対1の対戦形式で行われるリカーブ部門の決勝ラウンドでは、セットごとに勝者に2ポイント、引き分けを1ポイント、敗者を0ポイントとして計算し、合計6ポイント以上先取した選手が勝者となる。5セット終了時に同点の場合は、 1射のシュートオフが行われ、中心に近い矢の選手が勝者となる。コンパウンド部門の決勝ラウンドは、1エンドに各選手が3射(30点満点)を打ち、5エンドの合計得点が多い選手の勝利となる。

対象障がい

肢体不自由

競技の紹介

関連リンク