rowing/ボート

競技概要

肢体不自由と視覚障がいの選手が行うボート競技。パラリンピックでは北京大会から正式競技に加わった。障がいのクラスごとに出場種目が決まっていて、下肢障がいで体幹が効かないPR1クラスの選手が出場する一人乗りの「シングルスカル」、下肢障がいで体幹が効くPR2クラスの選手が出場する男女2人乗りの「混合ダブルスカル」、上下肢障がいや視覚障がいのPR3クラスの選手が出場する、男女2人ずつ合計4人に舵手(コックス)が同乗する「混合舵手つきフォア」の3種目がある。競技はブイ(浮標)で仕切られた2000mの直線レーンで行われ、ボートの先端がゴールラインに到達した順番で順位を決定する。

対象障がい

肢体不自由、視覚障がい

競技の紹介

関連リンク