rowing/ボート

競技概要

肢体不自由と視覚障がいの選手が行うボート競技。パラリンピックでは北京大会から正式競技に加わった。種目は、4人のクルー(漕手)と指示を出す1人の コックス(舵手、健常者が務めてもよい)による「コックスフォア」、2人のクルーによる「ダブルスカル」、1人のクルーによる「シングルスカル」の3種類があり、ブイ(浮標)で仕切られた6つの直線レーンで行われる。1000mで競漕し、ボートの先端がゴールラインに到達した順序で勝敗が決定する。選手は、障がいの程度によってLTA(片下肢・体幹・腕が機能)、TA(体幹・腕が機能)、AS(腕のみ機能)の3クラスに分けられ、「シングルスカル」のみ男女別、その他は男女混合で実施される。

対象障がい

肢体不自由、視覚障がい

関連リンク