Triathlon/トライアスロン

競技概要

トライアスロンは2016年リオ大会より正式競技として加わった。車いす、切断、視覚障がいなどの選手が参加し、障がいの種類と程度によって分けられたカテゴリごと、男女別に順位を競う。競技はスイム(0.75km)、バイク(20km)、ラン(5km)の順に行われ、スイムからバイク、バイクからランへの移り変わる過程をトランジションと呼び、ウェットスーツの脱衣や車いすへの乗り降りなどを公認支援者(ハンドラー)のサポートを受けて行うことができる。車いす選手のバイクパートはハンドサイクル、ランパートは車いすレーサーを使用。視覚障がい選手は、ガイドと一緒に競技を行い、自転車は二人乗りのタンデムで競技を行う。

対象障がい

肢体不自由、視覚障がい

競技の紹介

関連リンク