wheelchair-basketball/車いすバスケットボール

競技概要

車いすバスケットボールは、コートの大きさやゴールの高さなど、基本的には一般のバスケットボールと同じルールが適用される。ただし、車いすの特性を考慮し、ボールを持ったまま2プッシュまで車いすをこぐ事が認められており(連続して3プッシュ以上こぐとトラベリング)、ダブルドリブルは適用されない。使用する車いすは、回転性や敏捷性、あるいは高さが得られるようなバスケットボール専用のもの。競技技術はもとより、車いすの操作も重要となっている。また、選手の障がい状況に応じて持ち点(1.0点〜4.5点の0.5点きざみで数字が大きいほど障がいが軽い)が定められ、1チーム5人の持ち点が14.0点以下でなければならない。

対象障がい

下肢に障がいのある肢体不自由

競技の紹介

関連リンク