アイフルのおまとめローンを完全攻略!特徴&審査難易度&口コミ評判も解説

アイフルのおまとめローン

複数の金融機関から借り入れしていると、返済日間違いや誤返済などのトラブルが発生してしまう場合がありますが、借り入れている金融機関を1社にまとめることで、そのようなトラブルを防ぐことができます。さらには、金利を下げたり、月々の返済金額を抑えたりといったことも可能になります。

本記事では複数の金融機関から借り入れしている方に向けて、アイフルおまとめローンをご紹介します。複数の金融機関から借り入れしている方には、メリットが多い内容となりますので、是非この記事を参考にしてください。それでは、アイフルおまとめローンの特徴や審査難易度が気になるとこですが、まずは口コミ評判からみていきましょう。

目次

アイフルおまとめローンの口コミ・評判

評判・口コミ

アイフルおまとめローンの利用を検討するにあたり、利用者の口コミや評判は是非参考にしましょう。まずは、アイフルおまとめローンを利用した方の口コミと評判を見ていきます。

3社の消費者金融から合計200万円の借り入れをしていました。「アイフルのおまとめMAX」で審査を通過しました。返済忘れなどはありましたが、督促の連絡が入った際に対応が早かったので、審査に影響が無かったみたいです。

独自アンケート

3社の消費者金融から合計300万円を借り入れしていました。月々の返済金額が高額で、収入だけでは生活できない状態でした。借金総額も分からなくなっていたので、「かりかえMAX」を利用でき、月々の返済金額が減ったので助かりました。

独自アンケート

アイフルのおまとめローンは、銀行系カードローンにも対応していたので利用しました。他の消費者金融のおまとめローンでは、銀行系カードローンが対象外となっていたので、消費者金融の中から、おまとめローンを選ぶ場合はアイフルがおすすめです。

独自アンケート

5社の金融機関から140万円借り入れをしており、アイフルのおまとめローンに申し込みをしましたが、審査落ちしました。審査落ちした理由をアイフルは教えてくれなかったので、審査落ちした理由が分かりません。

独自アンケート

口コミや評判から分かることは、「返済先が一本化できること」「月々の返済金額を減らせること」「銀行系カードローンもまとめられること」が分かりました。また、借り入れ先が5社以上になると、審査通過が厳しいことも分かりました。

おまとめローンの審査は信用情報を参照します。信用情報に問題がある方は審査落ちする可能性が高くなりますので注意してください。

アイフルのおまとめローンは2種類ある!

アイフルのおまとめローンには「おまとめMAX」「かりかえMAX」の2種類があります。まとめる内容に大差はないのですが、アイフル利用経験の有無によって、利用できるおまとめローンが決まります。

ここからは、2種類あるアイフルのおまとめローンの違いについて説明します。

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」「かりかえMAX」の基本概要

アイフルのおまとめローンを利用する際は、「おまとめMAX」「かりかえMAX」どちらかを選択する必要があります。申込方法に違いがありますが、利率などの違いはありません。

アイフルの利用経験がある方は「おまとめMAX」、アイフルの利用経験がない方は「かりかえMAX」の選択となります。「おまとめMAX」「かりかえMAX」の基本概要は以下の通りとなります。

限度額800万円
利率3.0%~17.5%
遅延損害金20%
返済期限最長10年
返済回数最長120回
連帯保証人不要

まとめる金額が高くなると、適用利率が低くなる傾向がありますので、複数社の利用がある方は、積極的におまとめローンの検討してみましょう。

アイフルの利用経験がある方はおまとめMAX

基本概要が同じ「おまとめMAX」「かりかえMAX」ですが、アイフルの利用経験がある方は「おまとめMAX」を利用して、ローンをまとめるようになります。「かりかえMAX」は利用できません。

おまとめMAXのメリットは以下の通りです。

  • 今よりも低い金利にできる
  • 月々の返済金額を軽減できる
  • 銀行系カードローンやクレジットカードのリボ払いにも利用できる
  • WEB完結できる

借り入れが複数社からある方は、「おまとめMAX」を利用することで、現在の金利よりも低くでき、月々の返済金額を減らすことが可能です。最終返済金額に差がでますので、借り入れが複数社からある方は利用を検討してみましょう。

「おまとめMAX」の申し込みで、WEB完結を利用したら郵送物なしで契約できます。郵送物から家族に知られるリスクがないので、家族に内緒で「おまとめMAX」を利用することも可能です。

アイフルを初めて利用する方はかりかえMAX

アイフルを初めて利用する方は、「おまとめMAX」を利用できません。「かりかえMAX」を利用する流れになるので、注意してください。「かりかえMAX」のメリットは以下の通りとなります。

  • 今よりも低い金利にできる
  • 月々の返済金額を軽減できる
  • 銀行系カードローンやクレジットカードのリボ払いも利用できる
  • WEB完結できる

「おまとめMAX」と内容は変わりません。アイフルを利用していない方が対象となるので、カードレスで契約を希望する場合は、アプリのインストールなどの手間が掛かる程度の違いとなります。

アイフルおまとめローンの特徴

アイフルのおまとめローンでは、銀行系カードローンや、クレジットカードのリボ払いにも対応している点が特徴となります。他の消費者金融では、銀行系カードローンや、クレジットカードのリボ払いが、おまとめローン対象外となっているケースがあります。

まとめられる範囲が広く、アイフルのおまとめローンは使い勝手が良いおまとめローンといえます。ここからは、アイフルのおまとめローンに関する様々な特徴を、お伝えします。

アイフルおまとめローンの限度額は800万円

アイフルのおまとめローンの限度額は800万円となっていますので、限度額オーバーでおまとめができないケースは少ないと思います。おまとめローンでは総量規制が適用されません。

おまとめローンを利用した結果、年収3分の1以上の借り入れになっても、問題ありません。返済期限は最長10年で設定できるので、無理のない返済計画を立てられます。公式ホームページ上に、返済シミュレーション機能があります。

返済シミュレーション機能を利用し、無理のない返済計画を立てる参考にしましょう。

限度額800万円
返済期限最長10年
返済回数最長120回
総量規制対象外
返済シミュレーション機能あり

金利が上限17.5%と低め

アコムのおまとめローンでは、金利が3.0%から17.5%となっており、おまとめローン金額が高くなると、金利が低くなる傾向があります。おまとめローンを利用する場合は、全ての借り入れをまとめ、適用金利を低くすることが大切です。

金利15%と金利12%の適用例は以下の通りです。

返済年数毎月の返済総支払額
3年70,000円2,480,832円
5年48,000円2,824,071円
7年39,000円3,183,852円
10年33,000円3,703,379円

※アイフル公式ホームページ参照

返済年数毎月の返済総支払額
3年67,000円2,380,684円
5年45,000円2,645,006円
7年36,000円2,912,146円
10年29,000円3,368,566円

※アイフル公式ホームページ参照

上記表からも分かるように、返済年数と金利で総支払額に大きな差が生まれます。自分の現状に合わせた返済年数と金利をシミュレーターに入力し、総支払額の目安を申し込み前に調べるようにしましょう。

クレジットカードのキャッシングに対応している

アイフルのおまとめローンは、クレジットカードのキャッシングや、ショッピング枠のリボ払いにも対応しています。クレジットカード関連は、おまとめローンを利用する際、見落とすことが多いので、申し込みの際は注意してください。

銀行系カードローンやクレジットカードを含んで、おまとめローンを利用する時は、書類提出が必要となります。アイフルから必要書類のお知らせがありますので、提出を要求された書類を提出しましょう。

低い金利で借り入れをしている場合は金利が高くなるため、おまとめローンが利用できないケースがあります。おまとめローンが利用できない場合は、おまとめローンが利用できない借り入れを除いて、おまとめローンを利用しましょう。

郵送物なし&在籍確認なしで家族や同僚にバレにくい

アイフルのおまとめローンは郵送物なし、在籍確認なしで利用ができるので、アイフルの利用を他人に知られるリスクが少ない点が特徴的です。郵送物なし、在籍確認なしで利用するためには、WEB完結をさせる必要がありますので注意してください。

アイフルのおまとめローンの審査では、身分証明書類や収入証明書類の提出が必要となります。WEBで申し込みをおこなう場合は、スマートフォンのカメラ機能を利用し、撮影した書類を提出します。

難しい操作がなく、手間も掛からないのでWEBで申し込みをすることを、おすすめします。アイフルの審査について詳しく知りたい時は、電話問い合わせやチャット問い合わせを利用して質問をおこなうと、スムーズに対応されます。

少しでも疑問点や、不安なことがある時は遠慮せずに、アイフルへ質問をおこなうことを心掛けてください。

急ぎの融資にも対応可能

アイフルのおまとめローンは、融資を急いでいる方にも便利なローンとなっています。カードローンでは新たな借り入れが目的となりますが、おまとめローンは新たな借り入れが目的ではありません。

ローンの性質上、急ぎの融資が求められるローンではないので、急ぎの審査を希望する場合は、事前にアイフルへ伝えましょう。提出書類を前もって準備しておくなど、対策を取ると審査時間を短縮できます。

アイフルおまとめローンの審査は厳しい?甘い?

アイフルおまとめローンの審査は、カードローン審査に比べると厳しいといえます。理由は借り入れ金額が大きくなる傾向にあるからです。審査項目はカードローンの審査と大きな違いはありません。

アイフルおまとめローンの審査内容
  • 信用情報の内容を調べる
  • 収入状況や勤務先情報などの個人情報を調べる
  • 借入先の件数を調べる

銀行系カードローンや、クレジットカードのショッピング枠を、おまとめローンに含める際は、アイフルから求められる書類を提出しなければなりません。

アイフルおまとめローンの審査は甘くない

アイフルおまとめローンの審査は、借入金額が高額になる性質上、甘くはありません。軽い気持ちで審査を受けないようにしましょう。審査時は改めて、信用情報などを調べますので注意が必要です。

アイフルを利用中でおまとめMAXの審査に落ちた場合、アイフルのカードローンが利用停止になる可能性があります。おまとめローンの審査を受けるにあたり、提出する書類が多く手間が掛かります。

スピードを重視しているカードローン審査とは異なります。必要に応じて、追加で書類提出を求められるケースもあります。簡単に審査通過できるローンではないことを念頭に置き、申し込みをしましょう。

アイフルおまとめローンの審査時にチェックされる項目

アイフルおまとめローンの審査時は以下の項目がチェックされます。

  • 信用情報
    CICやJICCの信用情報を参照します。
    信用情報に傷がある場合は審査落ちの原因となります。
  • 職場情報
    申込書と保険証を参考に在籍確認をおこないます。
    場合によっては勤務先に在籍確認の連絡をおこないます。
  • 収入状況
    源泉徴収や直近の給与明細などから収入状況を調べます。
    申込時に虚偽記載しないよう、注意しましょう。
  • 身分証明
    運転免許証やパスポートなどで、身分確認をおこないます。
    現住所と提出書類の住所が異なる時は、公共料金の請求書などを追加で提出が必要です。
  • 他社借り入れ件数
    他社借り入れ件数と借り入れ総額を調べます。
    アイフルの社内規定に抵触した場合は審査落ちします。

必要に応じて、アイフルから追加書類の提出や確認の連絡が入ります。連絡を受けた時は、丁寧に対応をおこないましょう。

アイフルのおまとめローンで審査落ちを防ぐ方法

審査が厳しいアイフルのおまとめローンですが、審査落ちを防ぐ方法があります。すぐに実践できる方法と、時間が掛かる方法がありますので、自分ができる審査落ちを防ぐ方法について、把握することが大切です。

ここからは、審査落ちを防ぐ方法について詳しく説明します。アイフルに限らず、他社おまとめローンを検討している方にも、参考になる内容となっております。

申告時に情報を正しく入力する

申込時に情報を正しく入力することで、審査落ちを防げます。申込時に誤情報が入力されていると、整合性が取れず審査落ちするケースがあります。基本的なことではありますが、申込書提出時は見直しをおこない、書類提出をおこないましょう。

申込書には年収を申告する欄があります。源泉徴収などの書類をアイフルへ審査時に提出するので、源泉徴収や給料明細を参照して、収入欄は記入してください。正確な情報を記載することが申込時には大切です。

他社借り入れ件数を減らす

他社借り入れ件数が多すぎると審査落ちの原因となるので、他社借り入れ件数を減らすことで、審査落ちを防げます。何件以上の借り入れがあると審査落ちするか、アイフルのホームページでは記載されていません。

5社以上になると、借り入れ件数が多いと判断されるケースがありますので、5社以内に抑えると良いでしょう。借り入れの総額も気にする必要があります。収入を大きく上回る借り入れがあると、借り入れ件数に係わらず、審査落ちする可能性があります。

詳しい基準が発表されていないので、断定した内容をお伝えできませんが、借り入れ件数や、借り入れ総額を減らしておくに越したことはありません。ただし、返済することで生活を著しく圧迫する場合は生活を優先させてください。

安定収入を得る

アイフルのおまとめローンで審査落ちを防ぐためには、安定した収入を得ている必要があります。おまとめローンは借り入れ金額が大きくなる傾向がありますので、返済能力がないと判断されると審査落ちします。

安定した収入があれば雇用形態は問わないので、正社員の必要はありません。日雇いバイトを掛け持ちしている場合は、安定した収入と見なされないケースがありますので、申し込む前にアイフルへ確認を取りましょう。

個人事業主の場合は、収入証明書類が特殊になります。事前にアイフルへ確認をおこない、必要書類を前もって取得しておきましょう。

信用情報を確認する

アイフルのおまとめローンの審査では、信用情報を調べられます。信用情報に問題がある場合は、審査落ちの原因となることがあります。アイフルではCICとJICCの情報を参照しますので、心配な方は事前に確認しておきましょう。

CICの情報開示
  • スマホからの資料請求 → 費用1,000円、情報はスマホ画面上で即日観覧可
  • 郵送で資料請求 → 費用1,000円、書類は郵送で届く
  • 窓口で資料請求 → 費用500円、その場で開示
JICCの情報開示
  • スマホからの資料請求 → 費用1,000円、情報はスマホ画面上で即日観覧可
  • 郵送で資料請求 → 費用1,000円、書類は郵送で届く
  • 窓口で資料請求 → 費用500円、その場で開示

信用情報は過去の積み重ねなので、簡単に訂正できません。信用情報に傷が付かないように、日々の生活を送るようにしましょう。信用情報に傷がある方でも、アイフルおまとめローンの審査を受けられます。

信用情報が理由で審査落ちの可能性はありますが、挑戦することはできます。申し込みをしないと審査結果は分からないので、まずは挑戦してみましょう。

短期間で一気に申し込みをしない

短期間で複数社に申し込みをおこなうと、申し込みブラックとなり、審査落ちの原因となります。申し込みブラックになると、信用情報や収入状況に問題がなくても審査落ちするケースがあります。

短期間で複数社に申し込みをおこなわないよう、注意しましょう。短期間で申し込みできる目安は2社となります。3社以上に申し込みをおこなうと、申し込みブラックと見なされるケースがあります。

6ヶ月の期間が空くと、申し込み情報が信用情報機関から削除されます。申し込みブラックにならないための目安としてください。

アイフルのおまとめローンで審査落ちしてしまった場合は?

アイフルおまとめローンで審査落ちしてしまった時、すぐに再申し込みをしないでください。審査落ちした理由を考察し、改善する必要があります。アイフル以外のおまとめローンを申し込みすることも控えましょう。

アイフルのおまとめローンに審査落ちした場合、他の金融機関のおまとめローンも審査落ちする可能性が高くなります。ここからは、審査落ちした時に必要な考え方や、行動をお伝えします。

審査落ちしてしまった原因を考えて解消する

審査落ちした場合は、審査落ちした理由を考えましょう。自分が思い当たる原因を考えることで、今後の対策を立てられます。アイフルのおまとめローンで審査落ちする主な原因は、以下の通りとなります。

審査落ちする主な原因
  • 信用情報に問題がある
  • 借り入れ件数が多い
  • 過去にアイフルと問題を起こしている
  • 申込書に虚偽記載がある
  • 申込ブラックになっている

審査落ちする際の原因は、個人ごとに異なります。審査落ちした理由を考察することで、次につなげられます。

他社借り入れ件数や借り入れ金額をなるべく減らして再申し込み

他社借り入れ件数が多いため、審査落ちするケースがあります。他社借り入れ件数が理由となる審査基準は公開されていませんが、5社以上の借り入れがあると、借り入れ件数が多いといえます。

借り入れ件数以外にも、借り入れ総額に注意してください。アイフルのおまとめローンは総量規制の対象外ですが、審査項目で返済能力に関しての記述があります。総量規制の対象外だからと油断していると、返済能力に問題があると判断され審査に落ちます。

申込時は借り入れ金額を減らしておくことで、審査落ちを防ぐ対策となります。借り入れ件数を減らせるのならば、尚のこと良いでしょう。自分の生活に必要な金額を考慮した上で、対策をおこなうようにしましょう。

審査に落ちた後すぐに別のローンに申し込まない

アイフルのおまとめローンで審査落ちした後は、すぐに別のローンに申し込まないでください。審査落ちした理由を考察しないで別のカードローンに申し込みをしても、アイフルのおまとめローンで審査落ちした理由と同じ理由で、審査落ちする可能性があります。

再審査や別のローンに申し込みをおこなう際は、審査落ちした理由を考察し対策をおこなってから、再審査や別のローンに申し込みをおこないましょう。再審査や別のローンに申し込みをおこなう時に、注意が必要なことがあります。

短期間で複数社に申し込みをおこなうと、申込ブラックとして扱われ、審査落ちの原因となります。申し込みの履歴は信用情報機関に保存されています。6ヶ月以内に3社以上の業者に申し込みをすることは控えましょう。

アイフルおまとめローンのメリット

おまとめローンを扱っている業者は多数ありますが、アイフルのおまとめローンは、「早い、手間が掛からない、返済方法が豊富」の3点がメリットとして挙げられます。ここからは、アイフルのおまとめローンのメリットについて、詳しくお伝えします。

最短即日でおまとめ可能

アイフルのおまとめローンは、最短即日でおまとめが可能です。おまとめローンの性質上、急ぎの融資を希望している方は少ないと思いますが、他の金融機関に比べると審査結果の通知が早いので、審査待ちのストレスに悩まされることもありません。

おまとめローンを早く利用したい、審査結果を待つ時間を短縮したい方は、アイフルのおまとめローンを利用しましょう。即日おまとめを希望する場合は、事前準備しておく必要があります。

提出が必要な書類は、事前に準備しておきましょう。書類提出が遅れると、審査結果の通知も遅くなります。即日融資が可能なので、必ず審査通過すると思われている方は注意してください。

返済能力がないと判断された時、信用情報に問題がある時などは、審査落ちするケースがあります。

来店不要のオンライン完結契約もできる

アイフルのおまとめローンは来店不要で、オンライン上で契約完結ができます。時間がない方に便利です。アイフルのおまとめローンの利用を、周りの方に知られたくない方にも便利なシステムです。

オンラインで契約完結させたら、契約書が自宅に郵送されません。家族に内緒で申し込みをした方にオンライン契約は、おすすめできる方法といえます。アイフルではカードレスでおまとめローンの利用ができます。

カードレスを希望して契約をした時は、カードが自宅に届きません。完全に郵送物なしで契約を締結できます。家族に知られるリスクを抑えたい方は、オンライン契約と併せてカードレスを選択しましょう。

ATMからの返済も可能

アイフルのおまとめローンは、ATMからの返済もできます。コンビニのATMで返済ができるので、24時間返済することが可能です。カードレスで契約した方はスマートフォンがあれば、カードなしで返済できます。

口座振替にも対応していますので、自分に合った返済方法で返済をおこないましょう。返済日に返済ができない場合は、早い段階でアコムへ規定日に返済ができない旨を、伝えるようにしましょう。

アイフルおまとめローンのデメリット

審査スピードが早く即日融資が可能で、おまとめできる範囲も広いアイフルのおまとめローンですが、デメリットもあります。アイフルのおまとめローンのデメリットは、支払い総額が増える可能性がある点です。

ここからは、アイフルのおまとめローンのデメリットである、支払い総額が増える可能性がある点について、詳しく説明します。

利息・支払い総額が増える可能性もある

アイフルのおまとめローンの利用をおこなう際は、利息や支払い総額が増える可能性がある点に注意してください。アイフルでは最長10年返済でローンを組めますが、返済期間が長くなると支払う利息が増えてしまいます。

アイフル公式ホームページに返済シミュレーション機能がありますので、支払い総額の目安を算出できます。気になる方は申し込み前に返済シミュレーション機能を利用して、目安の返済総額を算出しておきましょう。

返済総額に目安として、下記も参考にしてください。

200万円を年利12%で借り入れした場合

スクロールできます
返済年数毎月の返済総支払額
3年67,000円2,380,684円
5年45,000円2,645,006円
7年36,000円2,912,146円
10年29,000円3,368,566円

※アイフル公式ホームページ参照

200万円を年利15%で借り入れした場合

返済年数毎月の返済総支払額
3年70,000円2,480,832円
5年48,000円2,824,071円
7年39,000円3,183,852円
10年33,000円3,703,379円

※アイフル公式ホームページ参照

返済年数によって、返済総額は大きく左右されます。自分の収入に見合った返済年数を設定するようにしましょう。利息については、借り入れ金額が高額になると低くなる傾向があります。

適用される利率については、アコムに直接確認することをおすすめします。

アイフルおまとめローンの利用が向いている人

審査スピードが早く便利なアイフルのおまとめローンですが、アイフルおまとめローンの利用が向いている人は、どのような人なのでしょうか。また、アイフルのおまとめローンの利用を控えた方がよい人は、どのような人なのでしょうか。

ここからは、アイフルおまとめローンの利用が向いている人、アイフルおまとめローンの利用が向いていない人についてお伝えします。

アイフルおまとめローンの利用が向いている人

便利なアイフルのおまとめローンですが、利用が向いている方は下記項目に当てはまる方になります。

  • 借り入れ業者が複数あり、各業者個別に返済するのが手間だと考えている
  • 借り入れ総額を正確に把握したいと考えている
  • 月々の返済金額を抑えたいと考えている
  • 利息を抑えたいと考えている
  • 完済したいと考えている

以上の項目に当てはまる方が、アイフルおまとめローンの利用が向いている人となります。自分の債務に向かい合う気持ちが大切になりますので、生活を安定させたいと考えている方は、アコムのおまとめローンを検討してみましょう。

アイフルおまとめローンの利用が向いていない人

便利なアイフルのおまとめローンですが、アイフルおまとめローンの利用が向いていない人は下記項目に当てはまる方になります。

  • おまとめローンを利用後、新たな借り入れを考えている
  • 過払い金請求を考えている
  • 長期での返済を考えている

以上の項目に当てはまる方は、アイフルおまとめローンの利用が向いていない人となります。過払い金請求については、おまとめローンを利用してしまうと、過払い金請求の機会を逃してしまいます。

過払い金請求を検討している方は過払い金請求をおこなった後に、アイフルのおまとめローンを利用しましょう。

アイフルのおまとめローンを大手消費者金融プロミス・アコムと徹底比較

アイフル以外の大手消費者金融でも、おまとめローンの取り扱いがあります。アイフルのおまとめローンの利用を検討する上で、他の消費者金融のおまとめローン情報を知ることは大切です。

大手消費者金融である「プロミス」「アコム」と「アイフル」のおまとめローンを比較した表が、下記の通りとなります。

スクロールできます
業者アイフルアコムプロミス
限度額800万円300万円300万円
利率3.0%~17.5%7.7%~18%6.3%~17.8%
遅延損害金20%20%20%
返済期限最長10年最長12年3ヶ月最長10年
返済回数最長120回最長146回最長120回
銀行からの借り入れおまとめ可おまとめ不可おまとめ不可
WEB完結不可不可
連帯保証人不要不要不要

アイフルおまとめローンの特徴は、WEB完結ができる点になります。カードローンであれば、アコム、プロミスでもWEB完結ができますが、おまとめローンの場合はアコムのみがWEB完結できる業者となります。

アイフルおまとめローンは銀行からの借り入れも対象となりますが、プロミス、アコムでは銀行からの借り入れは対象外となります。おまとめできる範囲が広い点もアイフルおまとめローンの特徴といえます。

アイフルおまとめローンは極度額が800万円となり、高額な金額でも対応ができます。アコムやプロミスでは極度額が300万円までとなりますので、300万円を超えるおまとめを考えている方はアイフルの利用を検討しましょう。

アイフルおまとめローンを利用する際の流れ

利用する際の流れ

アイフルおまとめローンの利用方法は「おまとめMAX」「かりかえMAX」どちらを利用する場合でも、大きな違いはありません。アイフルおまとめローンを利用する場合は、下記の流れとなります。

  1. 申し込みをする
  2. 審査を受ける
  3. 契約&融資の手続き
  4. 他社借り入れの返済
  5. アイフルへの返済

上記5つの工程を、アイフルおまとめローンでは踏むようになります。ここからは、5つの工程について詳しく説明します。

申し込みをする

申し込みでは、個人情報を入力します。収入などの情報も記入しますので、手元に収入状況が分かる書類を用意しておきましょう。申し込みでは下記内容に注意しながら、記入を進めてください。

  • 収入内容を正確に記載する
  • 借り入れ件数を正確に記載する
  • 借り入れ総額を正確に記載する
  • 虚偽内容を記載しない

申し込みを完了する際は、記入ミスがないか再度確認をおこない、申し込みを完了させるようにしましょう。記入ミスがあると正確な審査ができず、審査落ちする原因となりますので注意しましょう。

審査

審査では本人確認書類や収入証明書類の提出があります。書類として有効な物は下記の通りとなります。

本人確認書類(いすれか1つ)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード
  • 公的証明書類(氏名、住所、生年月日の記載あり)
収入証明書類(いずれか1つ)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給料明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
その他書類
  • 他社借り入れ条件が確認できる書類
  • アイフルから求められた書類

審査は提出された書類と信用情報を参照しながら、審査がおこなわれます。必要書類の提出が遅くなると、審査結果の通知も遅くなるので注意してください。収入証明などは、源泉徴収票と給料明細の2点の提出が求められるケースがあります。

アイフルから書類の提出要請があった時は、指示に従いましょう。

契約&融資手続き

審査が完了したら審査結果の通知がおこなわれ、通知方法はメールか電話となります。審査通過した後は、契約手続きをおこないます。契約手続き方法は、電子書面と用紙書面での契約2つから選べます。

おすすめは書類郵送がない、WEB上で完結できる電子書面での契約となります。契約書に記名、押印をしたら契約締結となり融資が開始されます。

他社借り入れの返済

融資ができる状態になったら、他社からの借り入れを一括返済しましょう。他社からの借り入れを返済することで、ローンが一本化でき返済管理などが楽になります。融資をうけた段階から利息は発生します。

おまとめローンは返済専用になるため、新たな借り入れができません。新たな借り入れを希望する場合は、アイフルに相談しましょう。

アイフルへの返済スタート

他社の借り入れを一括返済したら、アイフルのみが借り入れ先として残ります。返済もアイフルのみになりますので、返済の手間が省け時間の余裕ができます。返済方法はATMからの返済、口座振替、銀行振込など様々な方法があります。

自分の生活サイクルに合った返済方法を選択しましょう。

アイフルおまとめローンの必要書類

アイフルのおまとめローンの審査では、提出が必要な書類が複数あります。アイフルのおまとめローンを検討されている方に向けて、必要書類について詳しく説明しますので、書類準備の際にお役立てください。

本人確認書類

有効な本人確認書類は以下の通りとなります。

顔写真付き本人確認書類の場合は下記から1点提出
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード
  • 公的証明書類(氏名、住所、生年月日の記載あり)
顔写真付き本人確認書類を持っていない場合は下記から2点提出
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 母子健康手帳

※1点しか提出できない場合は、「戸籍謄本」「住民票」「住民票記載事項証明書」などの提出が追加で必要です。

提出書類と現在の住所が異なる時は、公共料金領収書や住民票など、現住所が記載されている書類の提出が必要となります。準備に手間が掛かる書類になりますので、申し込み前に準備しておきましょう。

収入証明書

アイフルおまとめローンで有効な収入証明書類は、以下の通りとなります。

有効な収入証明書(1点提出)
  • 源泉徴収票
  • 給料明細書
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

※給料明細書は直近2ヶ月分の明細が必要で、賞与支給がある場合は直近1年分の賞与明細の提出も必要です。

アイフルでは源泉徴収票の提出をおすすめしています。源泉徴収票が手元にある方は、スムーズに審査を進められます。給与明細は提出する書類が増えますので、源泉徴収票の提出が難しい場合に利用しましょう。

他社借り入れ件数・条件を確認できる書類

おまとめローン審査では、他社借り入れ件数や、借り入れ条件を確認できる書類の提出が必要となります。書類の準備に時間が掛かる可能性がありますので、前もって用意しておきましょう。

用意している書類が有効か判断できない時は、アイフルへ質問することで、問題を解決できます。電話問い合わせやチャット問い合わせを利用すると、短時間で回答が得られますので、困った時は電話問い合わせやチャット問い合わせを利用しましょう。

アイフルのおまとめローンにおける注意点

注意点

月々の返済先を1社にまとめられ、便利なアイフルのおまとめローンですが、注意が必要な点があります。普通に利用していれば問題ありませんが、返済遅れが発生するとペナルティがある点です。

他社では、おまとめローンを利用した場合、新たな借り入れができない規約が組み込まれているケースもあります。アイフルのおまとめローンも同じだと考えている方がいますが、他社と違い新たな借り入れができます。

ここからは、アイフルおまとめローン利用中で新たな借り入れをする場合と、ペナルティが発生するケースについてお伝えします。

アイフルおまとめローン利用中に他社借り入れを行っても契約違反にはならない

アイフルのおまとめローンを利用中でも、他社から借り入れをおこなえます。しかし、毎月の返済金額が高額になったことが原因で、アイフルのおまとめローンを利用するケースが多いので、新たな借り入れはおすすめできません。

新たな借り入れをおこなう際は、計画的に借り入れをおこなうことを心掛けましょう。アイフルの公式ホームページ上では、新たな借り入れを検討している場合は、アイフルに相談してくださいと記載されています。

新たな借り入れが必要な場合は、アイフルに相談してみましょう。

ペナルティが発生する時は返済が遅延した場合のみ

アイフルでは返済が遅延した場合、遅延損害金が発生します。単純な支払い忘れなどの場合は、極端なペナルティは発生しません。人間なので支払い日を意図せず忘れてしまう場合もあります。

支払いを忘れていた時は、気づいた段階で素早く対応することを心掛けてください。アイフルから支払い督促があった場合でも、素早く対応をおこなえば問題ありません。長期的に支払いが遅れている場合や、何度も支払いが遅れている場合は問題です。

アイフルのおまとめローン契約規約では、約定支払日に借入要項記載の各回支払金額(全部または一部)の支払を怠るなど、本契約に基づく債務を期限までに支払わなかったときに債務の全額を支払う内容が記載しております。

支払い遅れが発生した場合は、おまとめローンの借り入れを一括請求される可能性があります。支払い遅れや滞納には注意してください。

そもそもおまとめローンとは?

アイフルのおまとめローンについて説明してきましたが、そもそもおまとめローンとは何か、疑問に思っていませんか。アイフルに限らずおまとめローンのメリット、デメリットについてご説明します。

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットは主に以下の内容となります。

メリット
  • 返済先が一本化され、振込などの手間が掛からない
  • 債務額の把握をおこないやすい
  • 月々の返済金額を抑えられる
  • 総量規制の対象外である
  • 計画的に返済ができる

おまとめローンを利用することで、月々の返済金額を抑えられますので、無理なく返済を進められます。借り入れ先が複数社あり、月々の返済に困っている方はおまとめローンを利用するべきです。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンのデメリットは下記の通りとなります。

デメリット
  • 新たな借り入れが難しい
  • 最終的な支払い金額が高くなるケースがある

おまとめローンのデメリットは、新たな借り入れが難しい点になります。おまとめローンの利用規約で、新たな借り入れを禁止している業者もあります。おまとめローンを利用する際は利用規約も確かめましょう。

新たな借り入れが難しいことは、メリットとして捉えることもできます。新たな借り入れによる債務が増えないので、確実に債務を減らせます。おまとめローンは債務を確実に減らしたい方に、最適な方法といえます。

アイフルおまとめローンに関するQ&A

Q&A

ここまではアイフルおまとめローンについて説明してきましたが、アイフルおまとめローンについて疑問に思ったことはありませんか。ここからは、アイフルおまとめローンについて質問が多い内容に関して回答します。

アイフルおまとめローンを検討されている方は参考にしてください。

アイフルのおまとめローンとカードローンの違いは何ですか?

おまとめローンとカードローンとでは、借り入れ目的が異なります。おまとめローンの借り入れ目的は、複数社から借り入れしている債務を、1社にまとめることを目的としています。

借り入れ目的が債務をまとめることになりますので、その他の目的で借り入れできません。カードローンは借り入れ目的が自由となります。娯楽のために借り入れしても問題ありません。

おまとめローンとカードローンの違いは、借り入れ目的となりますので、疑問に思われていた方は参考にしてください。

アイフルのおまとめローンと通常のアイフルカードローンはどちらを選ぶべきですか?

アイフルのおまとめローンと、通常のアイフルカードローンどちらを選べば良いか迷っている時は、借り入れ目的を考えましょう。借り入れ目的が、他社の借り入れを返済するために使うのであれば、おまとめローンの選択がおすすめです。

生活費や娯楽などに利用したいと考えているのであれば、カードローンを選択しましょう。審査についてはカードローンの方が、提出書類が少ないので手間が掛かりません。借り入れ目的を考えた上で、ローンを選ぶと良いでしょう。

複数借り入れから一本化は絶対にしなければいけませんか?

複数借り入れから一本化は、希望したら一本化できます。一本化をしたくないのに、無理やり一本化する必要はありません。おまとめローンについても、全ての借り入れをまとめる必要はありません。

利率が極端に低い業者から借り入れをしている場合、ローンをまとめることで利率が高くなり損をする可能性があります。借り入れ先の内容や完済予定年数によって、一本化した方が良いか変わります。

一本化するかは自分で決められますので、納得できない場合は一本化を見送りましょう。

アイフルおまとめローンの審査難易度を教えてください。

審査難易度のお伝えは、個人で感じ方が違うので、一概に優しいとは言えません。しかし、おまとめローンはカードローンと比べると、借り入れ金額が高額になるケースが多いので、カードローンより審査は厳しいといえます。

特にカードローンよりも提出書類が多く手間が掛かるので、生半可な気持ちで審査を受けると提出書類の準備ができず、審査を辞退する可能性があります。また、カードローンと同じく信用情報を審査時に参照します。

信用情報に問題があると、審査落ちする可能性が高くなるので注意してください。おまとめローンはカードローンと違い、総量規制の対象外となります。総量規制を気にしなくて良い点は、カードローンとの大きな違いとなります。

アイフルおまとめローンの審査時間を教えてください。

アイフルおまとめローンは、最短即日で審査が完了します。アイフルおまとめローンは他業者のおまとめローンと比べ、審査スピードが早い点が特徴です。審査スピードは必要書類の提出スピードも関係してきます。

アイフルおまとめローンでは、現在の借り入れ状況が分かる書類等の提出も必要となります。書類の準備ができていれば、滞りなく審査は進みますが、書類の提出が遅くなると審査が中断されます。

審査時間を短縮したいと考えている場合は、前もって必要書類の準備を怠らないようにしましょう。

アイフルおまとめローンの返済方法を教えてください。

アイフルおまとめローンの返済方法は下記の通りとなります。

  • ATMからの返済
  • 銀行振込での返済
  • 口座振替を利用した返済

個人ごとに便利な返済方法は異なりますので、自分に合う返済方法で返済をおこなうようにしましょう。アイフルのおまとめローンでは、返済遅れが頻発すると、一括返済を求められるケースがあります。

おまとめローンを利用している方で、一括返済に対応できる方はいないでしょう。アイフルから一括返済を求められるケースを防ぐためにも、返済忘れが起こりにくい返済方法を、選択するようにしましょう。

アイフルおまとめローンの金利は高いですか?

アイフルのおまとめローンの金利は、3.0%から17.5%となっております。金利は借り入れ金額が高額になるほど、低い金利が適用される傾向があります。他社では7.7%から18%の金利が発生するおまとめローンがあるので、比べると金利は低いといえるでしょう。

適用される金利の幅が広いため金利が気になる方は、アイフルへ問い合せをしてみてください。電話問い合わせやチャット問い合わせであれば、リアルタイムで情報を得られるので便利です。

アイフルおまとめローンで審査に落ちた場合の原因を教えてください。

アイフルおまとめローンで審査に落ちた場合、原因が気になることでしょう。しかし、アイフルに審査落ちした原因を聞いても教えてくれません。審査落ちした原因は自分で考察するしかありません。

アイフルのおまとめローンで審査落ちした場合、以下の原因が考えられます。

  • 信用情報に問題がある
  • 借り入れ件数が多い
  • 過去にアイフルと問題を起こしている
  • 申込書に虚偽記載がある
  • 申込ブラックになっている

アイフルのおまとめローンは総量規制の対象外なので、誰でも審査に通ると思われがちですが、誰でも審査通過できるわけではありません。アイフルは返済見込みがある方を対象に融資をおこないます。

審査落ちの原因に当てはまる項目がある方は、原因を解消した上で、再度審査に臨むようにしましょう。

まとめ

アイフルおまとめローンについて説明した本記事は、いかがだったでしょうか。アイフルおまとめローンのメリットやデメリットを記載しましたので、おまとめローンを検討している方の参考になったのではないでしょうか。

おまとめローンの検討されている方は、借り入れに対して正面から向き合っている人でしょう。借り入れが高額になると、借り入れ総額から目をそらしがちですが、本記事を読まれている方は、全額返済を真剣に考えている方だと思います。

本記事が、返済を真剣に取り組んでいる方の一助になれたら幸いです。

この金融記事を書いた人

日本ファイナンス協会は、公益社団法人日本パラーツ協会の下部組織です。日本ファイナンス協会 編集部は、ファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有している専門的金融知識をもつ編集者で構成されています。記事の中では、カードローンやキャッシング・クレジットカードの金融情報を扱っています。

目次