アメックスプラチナは年収いくら必要?審査難易度&審査基準も大公開!

アメックスプラチナは年収いくらで発行できる?年収以外の審査基準も大公開!

アメックスプラチナはアメックスが発行しているクレジットカードの中で最高峰に位置付けられているカードです。

豪華な特典・サービスが受けられる一方で「ステータスカードだからかなり高い年収がないと申し込めないのでは?」と思う方もいると思います。

そこでこの記事では、アメックスプラチナの審査通過に必要な年収や年収以外の審査基準について徹底解説していきます!

目次

アメックスプラチナとは?

アメックスプラチナはアメックスが発行しているプロパーカードで、ステータス性が非常に高いことで知られています。

もともとインビテーション制でしたが、2019年4月からは申し込み条件を満たせば誰でも申し込めるようになりました。

年会費143,000円 (税込)
追加カード
(年会費)
家族カード:無料 (4枚まで)  ※審査不要
ETCカード:無料 (発行手数料935円)
基本還元率0.3~1.0%
国際ブランドAMERICAN EXPRESS
旅行保険・国内旅行傷害保険最高1億円
・海外旅行傷害保険最高1億円
その他保険・補償・スマートフォンプロテクション
・オンラインプロテクション
・リターンプロテクション
・キャンセルプロテクション
・ワランティープラス
・ホームウェアプロテクション
・個人賠償責任保険
・ゴルフ保険
スマホ決済・Apple Pay
・au PAY
・楽天ペイ
タッチ決済コンタクトレス決済

アメックスプラチナはメタル製なので見た目も高級感あふれ、持っているだけでリッチな気分になれるのも魅力の1つです。

アメックスプラチナの審査通過に必要な年収の目安は?

アメックスプラチナはハイステータスカードなので、審査が厳しいイメージを持っている方も多いでしょう。

アメックスプラチナの審査に通る年収の目安は500万円

カード審査において申し込み者の支払い能力を表す重要な指標が年収です。残念ながら、アメックスプラチナは目安となる年収を公表していません。

しかし、アメックスプラチナの申し込み画面の年収項目には例として500万円が記載されているので、年収500万円以上であれば安心して申し込めると言えるでしょう。

職業欄に「主婦・主夫」の項目があるので、世帯全体として500万円程度の収入があれば主婦・主夫の方もアメックスプラチナに申し込むことはできます!

アメックスカードの年収目安を徹底比較!

アメックスカードのプロパーカードには3種類あります。

いずれのカードも審査に通る年収の目安は公表されていませんが、以下のように推測できます。

カードの種類年収の目安
アメックスプラチナ450-550万円以上
アメックスゴールド350-450万円以上
アメックスグリーン300-400万円以上

あくまで目安なので、勤続年数や借入金額によっては審査に落ちてしまう可能性があるので注意してください。

もし自信がない場合は、上記の年収に+50万程度の余裕があればカバーできるでしょう。

アメックスプラチナの利用限度額も年収が影響する?

一般的クレジットカードには利用限度額が設定されています。

ここでは、アメックスプラチナの利用限度額と年収の関係について解説していきます。

利用限度額の決め方

基本的にクレジットカードにはランクがあり、通常カード・ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードとランクアップするたびに利用限度額の上限が引き上げられます。

他社のプラチナカードの利用限度額は300万~500万程度ですが、アメックスプラチナは一律の上限額を設けておらず、会員の利用実績や支払い実績に応じて柔軟に設定しています。

高額な商品をアメックス・プラチナで購入しようとする際には、事前にデポジットを利用することで、利用可能金額を超えて決済するか、カスタマーサポートに事前相談をすることで対応してくれるので安心してください。

利用限度額の計算方法

アメックスプラチナの利用限度額は割賦販売法に基づき、個人の年収や借入金額などから支払い可能見込み額を算出して設定されます。

割賦販売法とは、過剰なクレジットカードの利用による消費者の被害防止の観点から、クレジットカードの審査申込み者の年収・支払い状況に応じた支払い可能見込み額の調査と、ショッピング利用可能枠の設定をクレジットカード会社に義務付けた法律です。

支払可能見込額は次の式で求められます。

支払い可能見込み額=年収ー年間請求予定額ー生活維持費

年収:クレジットカード審査申込みの際に、申告された年収
年間請求予定額:カード利用者が今後1年間に支払い予定のある割賦金額
生活維持費:経済産業省が定める生活維持費表から取得

利用限度額は、支払い可能見込み額の9割以内またはアメックス社の基準によって決められます。

このような理由で初期の利用限度額は年収の影響が大きいですが、発行後に利用実績を積み上げることによって利用限度額を引き上げることも十分可能です。

アメックスプラチナは年収目安が高い分、審査難易度も高め?

アメックスプラチナを発行できる年収の目安は500万と日本人の平均年収よりも高いので、「審査もかなり厳しいのでは」と不安に感じる方もいるでしょう。

そこでここでは、アメックスプラチナの審査基準について解説していきます。

アメックスプラチナと他社カードの審査難易度比較

アメックスプラチナの審査は多くの他社クレジットカードと違って、過去のクレジットカードヒストリーよりも現在の支払い能力を重視しています。

そのため、アメックスプラチナの審査が特別厳しいとは一概には言えず、他社カードの審査に落ちた方でも審査に通る可能性は十分にあります。

実際にSNSでは「楽天カードの審査に通らなかったけれどアメックスプラチナを発行できた」という口コミもあったので、あまり年収の目安や他社カードの審査結果にこだわりすぎずに申し込みをしてみる価値はあるでしょう。

アメックスプラチナの審査の特徴

アメックスプラチナの審査には以下のような特徴があります。

アメックスプラチナの審査の特徴
  • 派遣社員・契約社員・主婦(主夫)・年金受給者も発行できる
  • 昔に比べると年収の基準が引き下げられている傾向にある
  • 安定した職業だと判断されれば、年収の基準がさらに引き下げられる場合がある
  • 勤続年数の長さはあまり影響を受けない
  • 資産や副業なども加味した、総合的な審査が行われる
  • キャッシング枠が無い分、審査難易度が下がる
  • 日本のカード会社よりクレジットカードヒストリーを重視しない傾向にある

このように他社カードと異なるものが多いので、他社カードの審査に落ちてしまった方でもアメックスプラチナの審査に挑戦してみてはいかがでしょうか?

アメックスプラチナの年収以外の審査基準は?

アメックスプラチナは満20歳以上で正社員もしくは安定した収入がある方であれば誰でも申し込むことは可能です!

審査に通るには、アメックスプラチナが定めている一定の年収を超えているかどうかが最重要視されます。

  1. 雇用形態・勤続年数
  2. クレジットヒストリー

年収の他に上記の2つが審査に多少影響すると考えられるので、それぞれ確認していきましょう!

雇用形態・勤続年数

1つ目は「雇用形態・勤続年数」です。

正社員や同じ会社で長く働いている方は収入が安定している可能性が高く、返済能力があると見なされるので審査に通りやすくなります。

反対に短期間に転職を何度も繰り返している方は収入が安定しているとは言えず、収入が減ってしまうと返済能力にも影響が出てくるので審査難易度は高くなるでしょう。

アメックスプラチナは年会費も比較的高く設定されているので、使い続けるためにも安定して働いていることは大事な要素になります。

クレジットヒストリー

2つ目は「クレジットヒストリー」です。

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローンの利用履歴とそれに基づく信用情報のことです。

クレジットカードの返済滞納や強制解約などの情報は過去5~10年間分全て記録されていて、審査の際に会社側が確認することになるので、これらの信用に欠ける記録がある場合は審査に落ちてしまうかもしれません。

ただし、アメックスゴールドは過去よりも現在の状況を重視して審査を行うため、他社カードよりはクレジットヒストリーに傷がある方でも審査に通りやすい可能性があります。

アメックスプラチナの年収目安に達していなくても審査通過率を上げる方法

「年収目安にあと一歩届かなかったけれど、どうしてもアメックスプラチナを発行したい」という方向けに、少しでも審査通過率を上げる方法を紹介します!

アメックスプラチナの審査に落ちるケース

まずはじめに、アメックスプラチナの審査に落ちるケースにはどのようなものがあるのか確認していきましょう。

  1. クレジットヒストリーに傷がついている
  2. 借入額が大きい
  3. 申し込み情報が誤っている
  4. 多重申し込みをしている

このように、正しく審査が行うための状況が得られない場合や支払い能力が乏しいと判断されうる場合に審査に落ちることがあります。

アメックスプラチナの審査通過率を上げる方法

上記のケースを生かして、少しでも審査通過率を上げる方法を4つ厳選したので是非参考にしてください。

  1. 良好なクレジットヒストリーをつくる
  2. 滞納・遅滞を解消する
  3. 預貯金・有価証券があれば記入する
  4. 正しい情報を入力する

アメックスプラチナは過去より現在の経済状況を重視するので、過去のトラブルをごまかそうとするよりも「今はこんなに経済的に安定しているよ!」とアピールする方が有効です。

審査結果がどうであれ、クレジットカードの支払いの期限を守ったり貯金をしたりするのは間違いなく自分のためになるので無駄にはなりません。

万が一、アメックスプラチナの審査に落ちてしまっても半年間空ければ再び申し込むことはできるので、前回よりも収入を増やしたり借入額を減らしたりして再チャレンジできるようにしましょう!

アメックスプラチナは年収目安が高い分、付帯サービス・保険が豪華?

ここでは、アメックスプラチナ会員が利用できる付帯サービス・保険について紹介します。

付帯サービス

  1. 空港ラウンジ
  2. プラチナ・コンシェルジュ・デスク
  3. ホテル優待

それぞれ確認していきましょう。

①空港ラウンジ

アメックスプラチナ会員は、以下の空港ラウンジを無料で利用することができます。

アメックスプラチナの空港ラウンジサービス
  • プライオリティパス:世界1,300ヶ所以上
  • センチュリオンラウンジ:世界9ヶ所
  • インターナショナル・アメックス・ラウンジ:世界1,200ヶ所
  • デルタ・スカイクラブ:世界16ヶ所
  • エスケープ・ラウンジUS:世界8ヶ所
  • エアスペース:世界2ヶ所
  • プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ:世界101ヶ所
  • 国内ラウンジ:28ヶ所

さらに、アメックスの空港ラウンジサービスは同伴者1名まで無料になるので、待ち時間をゆったり過ごすことができますよ!

②プラチナ・コンシェルジュ・デスク

プラチナ・コンシェルジュ・デスクとは、カードやサービスの問い合わせ、旅行やレントランの予約など要望に24時間365日いつでも応えてくるサービスです。

コンシェルジュは秘書のようなものなので、利用すればするほど時間を効率的に使うことができるようになります。

さらに、アメックスプラチナのコンシェルジュサービスは質が高いことで評判を呼んでいるので、リッチな気分を味わうことができるでしょう。

③ホテル優待

アメックスプラチナ会員は世界のホテルから厳選された1,000ヶ所以上のラグジュアリーホテルやリゾート施設で優待特典を受けられます。

ホテル優待特典内容の例
  • 12:00からチェックイン可能
  • お部屋をアップグレード
  • 2名まで朝食サービス
  • 客室内のWi-Fi無料
  • チェックアウト時間を16時まで延長
  • その他、ホテルごとの特典あり

さらに、以下のようなメンバーシップに無料で登録できます。

ホテル・メンバーシップの例
  • 「ヒルトン・オナーズ」ゴールド会員
  • 「Radisson Rewards™」Goldエリートステータス
  • 「シャングリ・ラ ゴールデンサークル」ジェイド会員
  • 「Marriott Bonvoy™(マリオット ボンヴォイ)」ゴールドエリート会員

いつもより豪華な旅行を楽しむことができるので、頻繁に旅行する方にとっては嬉しいサービスです!

その他の特典

上記の特典の他にも、たくさんの特典が受けられるので紹介します。

その他のアメックスプラチナの特典一覧
  • フリーステイギフト:年に1度、国内の対象ホテルで一泊無料ペア宿泊券をプレゼント
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインクーポン:入会初年度、「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」で使える3万円分のクーポンをプレゼント
  • 2 for 1ダイニング by 招待日和:国内約200の人気レストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料理代が無料
  • 手荷物無料宅配サービス:海外旅行の出発・帰国の際に、自宅と空港間をカード会員1名につき2個無料で配送
  • ホームウェア・プロテクション:現在持っている電化製品やパソコン、カメラなどが破損した場合、購入金額の50~100%を補償
  • レンタカーサービス:ハーツレンタカーを優待価格で利用可能
  • スポーツクラブ・アクセス:会員制スポーツクラブが入会金・年会費無料、都度利用料金で利用可能

是非自分にピッタリな特典を活用してみてくださいね!

付帯保険

アメックスプラチナは特に旅行保険の内容が充実しているので、紹介していきます。

  1. 海外旅行傷害保険
  2. 国内旅行傷害保険
  3. 個人賠償責任保険

それぞれ確認していきましょう。

①海外旅行傷害保険

アメックスプラチナ会員は海外旅行を目的に自宅を出発したときから再び自宅に戻るまで、最長90日間・傷害死亡・後遺障害保険金額最高5,000万円までが補償されます。

さらに、航空券やパッケージツアー料金などをアメックスプラチナで支払っていた場合には、最高1億円までの傷害死亡・後遺障害保険金が適用となります。

ただし、保険を適用するには旅行代金をアメックスプラチナで支払う必要があるので覚えておきましょう。

②国内旅行傷害保険

多くのクレジットカードに海外旅行傷害保険は付帯されていますが、国内旅行傷害保険は付帯していないものも多くあります。

アメックスプラチナであれば、アメックスプラチナでチケットを購入した乗り物やツアー中に起こった事故によって障害を受けた場合、最高1億円までの補償を受けることができます。

旅行の際にトラブルがあっても安心なので、是非活用しましょう。ホテルやツアーの予約をコンシェルジュに頼むのもおすすめです。

③個人賠償責任保険

個人賠償責任保険とは、他人のモノを壊したり、他人にケガをさせてしまったときなどにおいて、法律上の損害賠償責任を負担する場合に保険金が支払われるものです。

カード会員およびその家族が偶然の事故によって他人を傷つけたり他人の所有物を破損したりした場合に、1事故につき1億円まで補償してもらえます。

カード本会員だけではなく家族まで補償されるので、たまたま自転車で他人にぶつかってしまったなどの万が一に備えることができます。

アメックスプラチナよりも年収の条件が低い/高いカードは?

「アメックスプラチナの審査には通らなそうだから、もっと年収条件が緩いカードを知りたい」「アメックスプラチナよりハイランクのカードの年収条件を知りたい」という方向けにおすすめのアメックスカードを紹介します。

  1. アメックスゴールド
  2. Marriott Bonvoy アメックスカード
  3. アメックス・センチュリオン ※完全招待制

それぞれ確認していきましょう!

アメックスプラチナよりも年収の条件が低いカード|①アメックスゴールド

1つ目は「アメックスゴールド」です。

アメックスゴールドはグリーンカードの上級カードとして位置づけられており、より豪華な特典を受けることができます。

審査に通る目安の年収 (推定)350~450万円以上
年会費初年度:31,900円 (税込)
2年目以降:31,900円 (税込)
ポイント還元率0.3~1.0%
発行スピード2週間程度
限度額300万円を限度に個別に設定
ETC年会費無料
追加カードETCカード・家族カード
マイレージ還元率 (最大)0.90%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名メンバーシップリワード
アメックスゴールドの魅力
  • 新規入会者は最大30,000ポイントの獲得が可能
  • ゴールドカードならではの安心・充実サービス
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • 空港VIPラウンジ年会費も無料
  • 家族カードの年会費も1枚無料

アメックスプラチナよりも年収の条件が低いカード|②Marriott Bonvoy アメックスカード

2つ目は「Marriott Bonvoy アメックスカード」です。

Marriott Bonvoy(マリオットグループの会員優待)のエリート会員であるシルバーエリート会員が自動でついてきます。

審査に通る目安の年収 (推定)300万円以上
年会費初年度:23,100円 (税込)
2年目以降:23,100円 (税込)
ポイント還元率2.0%~4.0%
発行スピード2週間程度
限度額300万円を限度に個別に設定
ETC年会費無料
追加カードETCカード・家族カード
マイレージ還元率 (最大)0.6%~1.3%
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名Marriott Bonvoyポイント
Marriott Bonvoy アメックスカードの魅力
  • 条件達成で無料宿泊特典プレゼント
  • Marriott Bonvoy「シルバーエリート」会員資格が付与される
  • 家族カードの年会費が1枚無料
  • 毎年継続のたびに5泊の宿泊実績プレゼント
  • ポイントを使って宿泊券やマイルに交換可能

アメックスプラチナよりも年収の条件が高いカード|③アメックス・センチュリオン ※完全招待制

3つ目は「アメックス・センチュリオン」です。

アメックスブランドの最上位カードで、完全招待制であることから幻のブラックカードと呼ばれています。

審査に通る目安の年収 (推定)約1億9800万円 ※所持者の平均年収
年会費入会金:550,000円(税込)
年会費:385,000円(税込)
ポイント還元率非公開
発行スピード非公開
限度額非公開 (2,500万円以上)
ETC年会費無料
追加カードETCカード・家族カード(アメックスゴールドまたはアメックスプラチナ)
マイレージ還元率 (最大)非公開
旅行保険国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名メンバーシップリワード
インビテーションの基準
  • 年間の利用額が2500万以上
  • 通算利用額1億円以上
  • 5年以上保有している

アメックス・センチュリオンを所持したいのであれば、アメックスプラチナで利用実績を多く積むようにしましょう。

アメックスプラチナの年収に関するよくある質問

アメックスプラチナはタッチ決済に対応していますか?

はい。国内であればセブンイレブンやローソン、モスバーガー、スターバックスなどで利用することができます。海外でも利用でき、ニューヨークの地下鉄の改札にかざせば切符を購入する手間がかかりません。スピーディーかつ衛生的に支払うことができるのでおすすめです。

アメックスプラチナはApple Payに対応していますか?

はい。携帯電話にクレジットカードの情報を登録すれば、カードレスで支払いを済ませることができます。さらに、アメックスプラチナはApple Pay経由の支払いでもポイントが貯まります。是非QUICPayマークのあるお店で試してみてください。

アメックスプラチナはリボ払いできますか?

はい。ステータスカードの中にはリボ払いに対応していないカードもありますが、アメックスプラチナは「あとリボ」「自動リボ」の2種類から選ぶことができます。

リボ払いの種類
  • あとリボ:一括払いで利用したカードの利用代金をあとからリボ払いに変更できるサービス
  • 自動リボ:事前に設定した金額以上の利用分を自動的にリボ払いになるサービス

設定金額はいつでもWebから変更可能なので、毎月の買い物予定に合わせて変えてみてください。

アメックスプラチナの締め日と支払日を教えてください。

基本的に19日前後締めで翌日10日払いになります。

締め日や支払日を確認したい場合は、ウェブサイトやアプリで確認することもできますし、メンバーシップ・サービス・センターに電話しても教えてもらえます。

アメックスプラチナはJCB加盟店で使うことができますか?

はい。アメックスはJCBと提携を結んでいるので、日本国内では一部を除いたJCB加盟店で利用可能です。

JCBは日本唯一の国際ブランドなので、国内では利用できるお店も多く、日本で利用する上で困ることはほとんどないでしょう。

アメックスプラチナの保有率を教えてください。

一般的にプラチナランク以上のカードを持っている人の割合は0.40%と言われており、アメックスプラチナに限定すると約0.091%になります。

アメックスプラチナのメリットを教えてください。
  • 充実した保険を受けられる(個人賠償責任保険も付帯)
  • ホテル系の優待特典が充実しており、無条件で上級会員資格も取得可能
  • 年に一度、ホテル宿泊券が届く
  • 100円=1ポイント=1マイル(ANA)相当に交換可能
  • Yahoo!ショッピングやAmazon等でポイント3倍
  • 空港ラウンジの充実度はNo.1!世界1300ヵ所以上 などが挙げられます。
アメックスプラチナの審査期間を教えてください。

アメックスプラチナの審査期間は最短60秒ですが、申し込み者や申し込み方法によっては1〜2週間ほどかかる場合もあります。 

「アメックスプラチナの乱発」とはどういう意味ですか?

インビテーションが不要になり、アメックスプラチナは20歳以上であれば申込可能になったことからアメックスプラチナ乱発という情報が流れているようです。

しかし、審査に通過できる信用状況であることや、10万円を超える年会費を問題なく負担できることが必要なので依然として誰でも持てるわけではありません。

アメックスプラチナはどのような人におすすめですか?

旅行好きの方は多くの恩恵を受けられるカードです。

国内・海外旅行でのレストランやアクティビティの予約を24時間365日対応のコンシェルジュデスクに依頼出来たり、プライオリティパスやホテル優待などを利用できたりします。

アメックスプラチナの利用明細はオンラインで確認できますか?

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードをお持ちの方は、オンライン・サービスにご登録いただくと、カードご利用代金明細をいつでもオンラインで確認できます。

アメックスプラチナの年収まとめ

アメックスプラチナの年収についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

アメックスプラチナの年収条件は高い分、より充実したサービスや特典を利用することができます。

魅力に感じた方はこの記事で紹介したポイントをもとに申し込みをして、リッチなカードを手に入れてください!

この金融記事を書いた人

日本ファイナンス協会は、公益社団法人日本パラーツ協会の下部組織です。日本ファイナンス協会 編集部は、ファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有している専門的金融知識をもつ編集者で構成されています。記事の中では、カードローンやキャッシング・クレジットカードの金融情報を扱っています。

目次