おまとめローンで600万の成功が叶うおすすめカードローン3選!100%絶対通るおまとめローンとは?審査に通過するポイントも解説

おまとめローン600万成功

おまとめローンとは、複数の借り入れを1つにまとめるローンのことで、500万円や600万円など高額な借り入れも可能です。消費者金融や銀行などのカードローンは、その気軽さと便利さからついついお金を使い過ぎてしまい、気付かないうちに毎月の収入だけでは返済が難しい状況に陥ってしまうケースはよくあります。

例えば600万円の借り入れともなると、毎月金利だけでもかなりの返済額となり、最悪は債務整理という選択肢も考えなければいけなくなります。しかしもし、600万円のおまとめローンに成功してしまえば、毎月の返済額が軽減され、異なる返済日も毎月1日のみとなり、お金の管理がしやすくなります。

そこでこの記事では、おまとめローン600万円成功が叶うおすすめのカードローンや審査通過のポイント、また審査落ちしてしまう原因などについて詳しくまとめてみました。

目次

絶対通るおまとめローンはある?審査に通過するポイントを解説

まず最初にお伝えしておきますが、100%確実に通るおまとめローンはなく、必ず審査基準を満たしていなければいけません。おまとめローンの審査で重要視されるのが安定収入と返済能力、勤続年数です。これらで審査基準を満たしていれば、おまとめローンで多額のお金を借りることができます。

ただし申し込み内容の申告は間違えのないように正しく行い、短期間で複数のおまとめローンへの申し込みはNGです。せっかく審査基準を満たしているのに、場合によっては審査で落とされてしまう恐れがあります。

ここではおまとめローンの審査に通過するポイントをまとめてみましたので、申し込みする前に是非とも目を通しておきましょう。

安定収入&返済能力がある

おまとめローンは必然的に長期間支払い続けることとなりますので、安定収入や返済能力は必要不可欠です。正社員や公務員、大手企業勤務、国家資格が必要な仕事などでしたら審査通過しやすいですが、アルバイトやパートですと難しいかもしれません。

また自営業で同年代の正社員以上の収入があったとしても、安定収入という観点から正社員の方が審査通過の可能性が高いのは確かです。

とにかくおまとめローンの事業者が最も重要視しているのが返済能力であり、そのために安定収入が約束された職業、雇用形態が審査に有利となります。

勤続年数が長い

勤続年数もおまとめローンの審査では非常に重要で、長ければ長いほど審査通過の可能性が高くなり、入社して間もない場合には不利になります。

例えば正社員として入社して1ヶ月の人よりも、アルバイトやパートで10年同じ職場で働いている人の方が審査通過の可能性が高くなります。

もし2つの異なる職場で働いている場合には、勤続年数が長い方で申し込みしましょう。備考欄がある時には、そこにもう1つの会社情報も入れておくと良いかもしれません。

申し込み内容を正確に申告する

おまとめローンの審査は申し込み内容に書かれている情報を基に行われるため、必ず正確な情報を申告してください。もし間違いが見つかると、その時点で「信用できない人」というレッテルが貼られ、他の基準を満たしていても審査落ちする可能性があります。

よくあるのが借り入れ件数や借り入れ合計額の偽装です。審査に有利になるだろうと少なく申告したくなるものですが、これは簡単に嘘が発覚します。

信用情報センターのデータベースには、申し込み者の借り入れ状況が全て正確に記録されています。つまり嘘の情報を申告しても100%確実にバレてしまい、ほぼ確実に審査落ちとなります。

おまとめローンの申し込みは1社ずつ行う

おまとめローンへの申し込みは、短期間で連続して行わず、必ず1社づつ日数を空けてください。よく審査落ちした瞬間に別のおまとめローンへ申し込みする方がいますが、それでは逆効果です。

どんなローンにしろ、金融商品に申し込みした事実は個人信用情報機関に記録されます。もし短期間で複数社へ申し込みをすると、「この人は相当お金に困っている」と思われ、条件を満たしていても審査通過が難しくなります。

とにかく借りないとヤバい!っという一心から焦って連続申し込みしたくなる気持ちはよくわかりますが、それが逆に借りられなくなる原因だと認識しましょう。

収入証明書の提出&在籍確認に迅速に対応する

おまとめローンの申し込み時、収入証明書の提出を求められる場合がありますし、在籍確認は必須です。これらに敏速に対応しなければ審査落ちする可能性があります。

収入証明書を求められたら即座に提出してください。早ければ早いほど「用意周到で信頼できる人」と認識され、高い評価を得られます。逆に遅いと真剣さが伝わらず、審査落ちという結果を招いてしまうかもしれません。

在籍確認も同様で、審査の段階で必ず行われるのですから、事前に誰か電話対応できる人が会社にいるか確認しておきましょう。

おまとめローンで600万以上成功するための方法

お金

おまとめローンで600万円以上成功するためには、最大800万円や1,000万円などの高額融資にも対応可能なローン会社へ申し込みしましょう。

最大600万円のおまとめローンでは逆に審査通過が難しくなるため、最大額に余裕のあるおまとめローンがおすすめです。

もちろん申し込み先だけが重要ではなく、現在の年収や信頼性、その他様々なステータスの高さが要求されます。もし600万円以上成功させるためには、年間返済額が最低でも年収の30%以内になるようシミュレーションしましょう。

おまとめローンで600万成功が叶うおすすめカードローンランキング

おまとめローンは消費者金融や銀行など多くの金融機関で取り扱っているため、どこへ申し込みしたら600万円成功が叶うか迷ってしまうかもしれません。中小の消費者金融は信頼性に欠けますし、成功したとしても金利面で優遇を受けられない可能性もあります。

そこでここでは、おまとめローン600万円成功が叶うおすすめのカードローンランキングをご紹介していきますので、この機会に申し込みしてみてはいかがでしょうか?

アイフル

アイフル

アイフルでは「おまとめMAX」というおまとめローンを取り扱っており、最大800万円を最長10年間に渡って借りることができます。

満20歳以上で安定収入のある方でしたら申し込み可能で、おまとめするのはどんな金融商品でも問題ありません。他社の消費者金融や銀行カードローン、フリーローンなど、様々な金融商品に対しておまとめが可能です。

アイフルは独立系の消費者金融ですので、他社と比べて比較的審査に通過しやすい傾向にあります。600万円成功を叶えるために、まずはインターネットから申し込みをしてみてください。

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンは最大800万円までの借り換えに対応しており、複数の借り入れをまとめての借り換えも可能です。もしauのIDをお持ちでしたら、最低0.98%の金利で借り換えでき、毎月の返済金額も申し込み者自身である程度自由に決められます。

銀行系のカードローンですので、消費者金融と比べて審査基準は高くなりますが、安定収入があり、信用情報に傷がついていなければ、借り換えできる可能性は十分にあります。

東京スター銀行おまとめローン

東京スター銀行は、銀行系で最も早くからおまとめローンを取り扱っており、おまとめローンと言えば東京スター銀行!とも言われるほど有名です。

最大1,000万円までのおまとめが可能で、金利は最低9.8%、最高でも14.6%ですので、消費者金融の借り入れをまとめることで、金利負担が大きく軽減され、毎月の返済にも余裕ができます。

600万円のおまとめでしたら、10年間の返済でも毎月80,000~90,000円程度ですので、収入が安定していれば十分に返済し続けることが可能です。

おまとめローンに通らない!審査落ちしてしまう原因とは?

色んなおまとめローンに申し込みをしても審査に通らない!そんな悩みを抱えている方も多いかと思いますが、審査落ちには必ず原因があります。

他社の借り入れで延滞や滞納をしていませんか?短期間で複数社の審査で落ちていませんか?違法の闇金からお金を借りていませんか?もし1つでも該当するものがあれば、おまとめローンの審査通過は難しくなります。

それではもう少し詳しく、おまとめローンで審査落ちしてしまう原因について詳しく見ていきましょう。

他社で延滞・滞納している

もし他社で延滞や滞納している状況ですと、いくら救済目的のおまとめローンであっても、信頼性不十分で審査落ちしてしまいます。

おまとめローンというのは、これまで毎月延滞や滞納をせず、コツコツとしっかりと返済してきている人に対しての金融商品です。金融事故を起こしている人に対しては審査が非常に厳しくなります。

過去の金融事故は仕方ありませんので、最低でもおまとめローン申し込み時に延滞や滞納のない状態にしておきましょう。それだけでも信頼を勝ち取れる可能性はあります。

2ヶ月以内に複数社の審査に落ちている

おまとめローンの審査で最もマイナス材料となるステータスの1つが、他社への申し込み状況です。審査落ちが続き、短期間で何度もおまとめローンへ申し込みしているような状況が続いていると、審査は非常に不利となります。

目安として2ヶ月以内に複数社の審査に落ちている人は、新たに別のおまとめローンへ申し込みをしても、審査落ちする可能性が高くなります。

切羽詰まって複数社へ申し込みしたくなる気持ちはよくわかりますが、それが審査落ちする原因だと肝に銘じましょう。

闇金でお金を借りている

おまとめローンを取り扱う金融機関が最も嫌うのは闇金からお金を借りている申し込み者です。違法の貸金業者から借りているお金を1つにまとめるのですから、金融機関も認めるわけにはいきません。

闇金での取引実績は個人信用情報機関には記録されませんが、他社の借り入れ状況と返済実績だけで、ある程度判断がつきます。

もし闇金の返済でお困りでしたら、おまとめローンに頼るのではなく弁護士や司法書士に相談してください。上手く交渉が成立することで闇金からの取り立てがピタッと止まり、安心安全な日々が戻ってきます。

おまとめローンの審査に通らない時の対処法

どうしてもおまとめローンの審査に通らない時の対処法として、借り入れ件数を減らしたり、状況の改善などを検討してみてください。

おまとめローンは元々複数社からお金を借りている人を対象としたローンですので、これらの対処法を行うことで、次の申し込みで審査通過の可能性は十分にあります。

それでも通らない場合には、おまとめローンではなく不動産担保ローンなどで多額のお金を借りることも検討しましょう。

ここではおまとめローンの審査に通らない時の対処法について解説していきますので、審査が通らなくて困っている方は是非参考にしてみてください。

現在の借入件数と金額を減らす

難しいかもしれませんが、おまとめローンの審査に通るためには、少しでも借り入れ件数と金額を減らす必要があります。

おまとめローンの目的は、そんな複数社の借り入れを1つにまとめることですが、あまりにも件数や金額が多すぎると審査通過は難しくなります。

まずはコツコツと時間をかけてまとめる金額を減らしましょう。審査落ちした最初の申し込み時よりも目に見えて減額している場合には、審査担当に本気度が伝わり、2回目の審査でパスする可能性は十分にあります。

状況を把握・改善して再度申し込みをする

どうしておまとめローンの審査に落ちてしまったのか、その原因を探って状況を把握し、改善できるところは改善して再度申し込みをしてみてください。

信用情報に傷がついている、借り入れ件数は多すぎる、年収額が少なすぎる、勤続年数が短すぎるなど、審査落ちする原因は人ぞれぞれです。

残念ながらどうして審査落ちしたのかその理由を知ることはできませんが、自分の状況を把握することで、きっと原因が見えてくるはずです。

不動産担保ローンなども検討する

おまとめローンへ申し込みしてもことごとく審査落ちしてしまう場合には、一旦申し込みを諦め、別のローン商品でまとめるのも1つの方法です。

例えば不動産をお持ちであれば不動産担保ローンを利用できますし、生命保険に加入しているのであれば契約者貸付でお金を借りることができます。

不動産担保ローンは不動産、契約者貸付は解約払戻金が担保となるため、審査なしで多額のお金を借りられます。

もちろん不動産担保ローンも契約者貸付も使用用途自由のお金を借りられますので、借金をまとめる資金として利用することも可能です。

おまとめローンの独自審査を行うおすすめ中小消費者金融

大手消費者金融や銀行だけではなく、おまとめローンは一部の中小消費者金融でも取り扱っており、他の金融機関とは異なる独自審査でお金を借りられます。

中小消費者金融でしたら多少審査基準が低く、他の金融機関のおまとめローンで断られてしまった場合でも、審査通過の可能性は十分にあります。

ただし中小消費者金融は知名度が低いため、間違って闇金へ申し込んでしまったら大変です。だからこそ信頼と実績のある中小消費者金融を選ばなければいけません。

ここではおまとめローンの独自審査を行うおすすめ中小消費者金融として「中央リテール」「フクホー」「セントラル」の3つをご紹介します。

中央リテール

中央リテールは、東京都渋谷区に事務所を構えるおまとめローン専門の中小消費者金融です。最大500万円を最低金利10.95%で借りられ、返済期間も10年と余裕を持った返済を可能にしています。

不動産をお持ちであれば担保にすることで最大3,000万円まで借りられますので、他社借り入れ件数や金額が多い場合には救世主となってくれるかもしれません。

また独自の審査基準を採用しているため、銀行や大手消費者金融のおまとめローンで断られてしまった方でも、中央リテールなら審査通過できる可能性は十分にあります。

フクホー

フクホーは、大阪に拠点を置く中小消費者金融で、おまとめローンはありませんが借り換えローンという商品を取り扱っています。

借り換えローンでしたら最大200万円までを金利7.30~15.0%で借りられますので、大手消費者金融の借り入れを借り換えることで、金利のよる負担が軽減されます。

またフクホーは、創業50年以上の信頼と実績を持つ中小消費者金融ですので、安心安全にお金を借りることができます。来店不要で全国から申し込み可能です。

セントラル

セントラルは、2022年で創業50周年を迎えた中小消費者金融で、大手並のサービスと利用のしやすさに定評があります。

日本全国のセブンイレブンで借り入れや返済が可能で、無利息期間もあり、インターネットだけで全ての申し込みができます。さらに最短即日融資にも対応しているという、大手消費者金融と変わらないサービスを提供しています。

最大300万円までの借り入れが可能ですので、他社借り入れが300万円以内でしたら、セントラルのカードローンでまとめることができます。

おまとめローンに関するQ&A

Q&A

最後におまとめローンに関するよくある質問と回答をまとめてみました。複数社の借り入れを1本にするため、おまとめローンへの申し込みを検討している方の参考になれば幸いです。

おまとめローン300万成功となるおすすめカードローンを教えてください。

おまとめローンで300万円成功におすすめのカードローンは「プロミス」です。プロミスは消費者金融ですが、おまとめローンに関しては総量規制対象外となるため、年収額以上の借り入れも可能です。

おまとめローンでお金を借りた場合、ほとんどの消費者金融や銀行では、他社カードローンの解約を求められ、おまとめローン返済中に新たな借り入れはできません。

しかしプロミスのおまとめローンは、他社の解約は必要とせず、そのまま使い続けられるというメリットがあります。せっかくまとめたので使いすぎはよくありませんが、急な出費でお金が必要な時には大変助かります。

おまとめローン400万成功させるためにはどうしたらいいですか?

おまとめローンで400万円成功させるためには比較的審査に通りやすい消費者金融がおすすめします。中でもアイフルは独自審査基準を採用しているため、400万円のおまとめローンでしたら、審査通過は十分に可能です。

アイフルの「おまとめMAX」は最大800万円までと高額融資が可能で、金利も最低3.0%、返済期間は最長10年と無理なく返済できます。

金融事故を起こしていると審査通過は厳しいですが、コツコツと期日を守って返済し続けている場合には、きっとアイフルも力になってくれるはずです。

おまとめローンで審査に通りやすい銀行はどこですか?

たとえおまとめローンであっても、どこの銀行も厳しい審査を行っており、特別に通りやすい銀行はありません。

しかしおまとめローンの先駆け的存在である東京スター銀行でしたら、積極的に貸し付けを行っているため、審査に通りやすい傾向にあります。

実際に勤続年数1年未満であっても審査通過は可能で、最大1,000万円までを最長10年間借りることができます。

おまとめローン2回目でも審査に通過できますか?

おまとめローン2回目でも審査通過できる可能性は十分にあります。もちろん1回目で成功していても、2回目も必ず借りられるわけではありません。

2回目の審査で重要なのがステータスの向上です。年収や勤続年数、返済実績など、あらゆるステータスが向上していなければ、2回目の審査通過は厳しくなります。

審査担当の気持ちになってみるとよくわかりますが、1回目の時と全く変わらないステータスでは、借り入れに頼らないという向上心が伝わりません。最低限年収額だけでも増やしてから2回目の申し込みをしましょう。

おまとめローンを専用で取り扱っているどことはありますか?

おまとめローン専門でしたら、中小の消費者金融「中央リテール」がおすすめです。東京都に拠点を置き、日本全国の申し込み者を対象におまとめローンを取り扱っている消費者金融です。

審査基準は大手消費者金融や銀行よりも低く、他社で審査落ちしても中央リテールならまとめられる可能性があります。

知名度こそ低いですが、これまでに多数の貸し付け実績を持ち、審査までは最短2時間、融資実行は最短翌日と、スピーディーに対応してくれるのも中央リテールをおすすめする理由です。

おまとめローンで600万の成功が叶うおすすめカードローン!まとめ

ここまでで、おまとめローンで600万円成功が叶うおすすめカードローンや注意点などをご紹介させていただきました。もし複数社から借り入れをしていて返済を1本化したい場合には、消費者金融や銀行のおまとめローンがおすすめです。

おまとめローンでしたら600万円の1本化も十分に成功し、毎月複数回ある返済日が1日だけになることで返済忘れを防ぎ、資金管理も容易になります。まずはこのページでご紹介させていただいたおまとめローンへ申し込みをしてみてください。

この金融記事を書いた人

日本ファイナンス協会は、公益社団法人日本パラーツ協会の下部組織です。日本ファイナンス協会 編集部は、ファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有している専門的金融知識をもつ編集者で構成されています。記事の中では、カードローンやキャッシング・クレジットカードの金融情報を扱っています。

目次