パートがお金を借りる方法!低収入&週2勤務でもOKのカードローンとは?

パートがお金を借りる

旦那の収入が少ない、子供に金銭面で遠慮して欲しくない、自分が使うお金は自分で稼ぎたいなど、様々な理由でパートに出ている方がいます。普段の生活を送る上では問題なく生活できる場合でも、急な出費が発生した場合は対応できるでしょうか?

家庭内のパートナーに、お金について相談できれば良いですが、相談できない場合は対応に困ることでしょう。親や知人に頼るができる場合でも、お金の貸し借りは後々トラブルに発展するケースがあります。

金銭関係のトラブルは信頼関係の修復が難しいので、個人同士で行うお金の貸し借りは、避けるべきでしょう。今回の記事ではパートとして働いている方が、お金を借りる方法をご紹介するので、お金を借りる方法を探している方は参考にしてください。

この記事でわかること
  • パートで働いている方がお金を借りる方法
  • パートで働いている方に、おすすめのカードローン
  • パートで働いている方が審査時に注意すべきポイント
目次

パートがお金を借りる最適な方法はカードローン!

雇用形態がパートだと消費者金融や銀行から、お金を借りることができないと考えていませんか?

雇用形態がパートでも安定した収入があれば、融資を受けられる金融機関は存在します。

消費者金融や銀行では、利用用途自由なカードローンの発行ができます。申し込み条件は企業によって異なりますが、安定した収入が条件として求められ、雇用形態についての指定が無い金融機関が多数あります。

ここからは、カードローンの特徴についてご説明します。

職種関係なし!月収1~2万円でもお金を借りられる

カードローンを申し込み時の注意点として、収入に関して条件が記載されている金融機関が多くあります。多くの金融機関では、「安定した収入がある」がカードローン発行時の条件となります。

職種や雇用形態の指定が無いケースが多いですが、金融機関によっては「正社員に限る」と記載されている金融機関もあります。カードローンの申し込みを行う際は、雇用形態の指定が無い確認を忘れずに行ってください。

「安定した収入はあるが、収入が低いのでカードローンの発行ができない」と考えていませんか。融資限度額は収入状況によって決まるので、収入が低い方でも諦めることはありません。

例えば月収が1万円の場合でも審査を通過できます。利用限度額は6万円程度になりますが、カードローンを発行できる見込みがありますので、カードローンの申し込みを迷っている方は、申し込みをしてみてください。

旦那の扶養に入っている場合でも自分名義で契約可能

カードローンの申し込みを行う際、扶養は関係ありません。旦那の扶養に入っているので、自分名義で契約できないなどの制限はありません。カードローンは発行する方があくまでも契約対象です。

カードローンの審査対象は契約者本人となりますので、扶養に関してや家族の信用情報などは一切関係がありません。自分の信用情報に問題が無いのであれば、堂々と審査に臨むようにしましょう。

補足になりますが旦那の扶養に入っている場合でも、旦那名義のカードローンを旦那の許可なく作成することはできません。契約予定者本人からの申し込みしか金融機関は受け付けないので、注意してください。

夫に債務があったとしても借り入れOK

夫が既に多額の借金がある場合や、夫の信用情報がブラックの場合、カードローンの審査に通らないのでしょうか。回答としては「申し込み者本人次第」となります。カードローンの審査対象者は契約者本人となります。

カードローンの契約では、連帯保証人を取らない契約が一般的です。契約は契約者本人と金融機関が対象者となるため、契約上返済義務が無い夫の債務状況や信用情報は、金融機関としては必要無い情報となります。

つまりカードローンの発行審査では、契約者本人の情報が大切な項目となります。契約予定者本人が多額の債務を抱えていたり、信用情報がブラックだったりすると、審査通過は難しくなります。

カードローンの審査に臨む時は、自分の信用情報に問題が無いか確認をしてから、申し込みを行いましょう。過去にクレジットカードの滞納などがあり、自分の信用情報を知りたい方は、問い合わせをすることで信用情報の確認ができます。

信用情報機関は、CIC、JICC、KSCの3社で取り扱われております。審査の時に利用する信用情報機関は各業者のホームページ上に記載があります。審査時に確認される信用情報機関の情報を開示請求するようにしましょう。

パートでもお金を借りられるおすすめカードローン!

雇用形態がパートの方が、実際にカードローンの申し込みを検討する場合、金融機関が多すぎて迷うことでしょう。消費者金融と銀行を合わせると数十社以上になりますので、探すだけでも大変です。

筆者のおすすめは、消費者金融のカードローンが、パートで働いている方にはおすすめです。理由としては、審査基準が銀行に比べると甘い点、融資スピードが早い点、提出書類が少ない点などが、理由として挙げられます。

ここからは、おすすめの消費者金融をご紹介しますので、カードローン発行を検討されている方は参考にしてください。

アコム

キャッチフレーズである「はじめてのアコム」は、誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。キャッチフレーズの通り、初めてカードローンの申し込みを行う方でも、安心して利用できるサイト構成となっています。

アコムは、「はじめての方にオススメ」「即日ほしい人向け」「手続きがわかいやすい」の3部門で1位を獲得しています。疑問点などはホームページ上の「よくあるご質問」で解決できるようになっています。

疑問点が解決できない場合は、電話やチャットで問い合わせを行えば、即座に解決が可能です。特にチャット機能は電話が苦手な方におすすめの問い合わせ方法になりますので、会話が苦手な方はチャットを利用して疑問を解決しましょう。

アコムホームページ上の「申し込みに関するよくあるご質問」のページで、パートでも申し込みできるかの質問があります。回答は安定した収入と返済能力があれば、パートでも申し込みができると、回答されています。

アコムでは「雇用形態がパートでも申し込みできると」公式ページで回答しているので、安心して申し込みを行ってください。

アコムではクレジットカードの発行も行っておりますので、クレジットカードを持っていない方は、合わせて申し込みすることをおすすめします。審査時間はカードローンのみを発行する場合と大差ありません。

アコムでは初回契約者に限り、30日間の無利息キャンペーンを行っております。無利息キャンペーンを上手く活用し、お得にお金を借りるようにしましょう。

業者アコム
融資までの時間30分
金利3%~18%
必要書類身分が証明できるもの(運転免許証など)
無利息期間ご契約日から30日間が無利息期間
収入証明限度額の希望が50万円以下なら原則不要
その他クレジットカードの作成が可能
電話在籍確認あり(事前相談で「なし」も可)
郵送物なし

アイフル

最近テレビコマーシャルをよく見かけるアイフルですが、「愛がいちばんアイフル」のキャッチフレーズが筆者の耳には残っています。アイフルは価格.COMのカードローン人気ランキングで、第1位を獲得している消費者金融となります。

アイフルのカードローン申し込み条件は、満20歳から69歳までの定期的な収入と返済能力がある方が、申し込み対象者となっております。雇用形態に指定がないので、パートやアルバイトの方も対象者となります。

アイフルではWEB完結で申し込みから融資まで可能となっていますので、時間が無い方でもスマートフォンを持っていれば、いつでも申し込みができます。必要書類も写真機能で撮影して添付するだけなので、難しい操作はありません。

パートで働いている場合、職場に在籍確認されると困る方もいることでしょう。アイフルでは原則勤務先への在籍確認なしとなっていますので、職場に知られるリスクがありません。

カードレス希望で申し込みしている場合は、郵送物が自宅に一切届きません。契約書は電子交付となりますので、スマートフォンで確認後、承認ボタンを押すと契約締結となります。

カードも契約書も郵送されないので、家族に知られるリスクがありません。家族に内緒でカードローンの申し込みを行う場合はアイフルのWEB完結システムを利用することをおすすめいたします。

アイフルでは初回契約者に限り、30日間に無利息キャンペーンを行っております。無利息キャンペーンを活用し、無理のない借り入れを心掛けましょう。

アイフル基本情報

業者アイフル
融資までの時間25分
金利3%~18%
必要書類身分が証明できるもの(運転免許証など)
無利息期間ご契約日から30日間が無利息期間
収入証明限度額の希望が50万円以下なら原則不要
電話在籍確認なし
郵送物なし

プロミス

プロミスはオリコン顧客満足度調査で、「はじめて利用者の満足度」の項目で4年連続代第1位を獲得している消費者金融となります。プロミスでは様々なニーズに合わせたサービスを行っております。

初めてカードローンを利用する方には、月々の返済金額の予想が立てられず、借り入れを躊躇する方がいることでしょう。プロミスではホームページ上に、返済シミュレーションを行う機能があります。

無理のない返済計画を立てるためには、返済シミュレーションを利用することが大切です。返済シミュレーションでは、借り入れ希望額、返済期間、金利を入力することで月々の返済金額を知ることができます。

試しに、借り入れ希望額10万円、返済期間12ヶ月、金利17.8%で計算してみました。結果月々の返済金額は、9,158円と表示されました。3項目を打込むだけですぐにシミュレーションできますので、利用してみてください。

プロミスの申し込み対象者は、パートやアルバイトを含む現在仕事をしている方が申し込み対象となります。パートだから申し込みできないなどの規定は無いので、安心して申し込みをしてください。

旦那に内緒でカードローンの発行がしたいと考えている方にとって、郵送物が届くことはリスクだと思います。プロミスは家族に内緒で申し込みした方への配慮として、WEB完結のサービスを提供しています。

申し込み、審査、契約締結までをWEB上で行うので、書類が郵送される心配がありません。カードレスを希望した場合は、スマートフォンがカードの代わりとなりますので、カードが自宅に郵送されることもありません。

完全に郵送物なしでカードローン契約がプロミスではできますので、家族に内緒にしたいと考えている方はプロミスを利用してみてください。プロミスでは初回契約者に限り、30日間の無利息キャンペーンを行っております。

お得に借り入れできるキャンペーンとなりますので、上手くキャンペーンを活用してください。

業者プロミス
融資までの時間30分
金利4.5%~17.8%
必要書類身分が証明できるもの(運転免許証など)
無利息期間初回ご利用から30日間が無利息期間
収入証明限度額の希望が50万円以下なら原則不要
電話在籍確認あり(事前相談で「なし」も可)
郵送物なし

パートがお金を借りる際に知っておくべきポイント

雇用形態がパートの方は、審査を受ける上で正社員の方達よりも条件が不利であることを、知っておく必要があります。特に銀行カードローンは条件が厳しいので雇用形態がパートの場合、審査に落ちてしまう場合があります。

ここからは、パートの方がカードローン審査を受ける際に、気を付けるべきことをお伝えします。お金を借りるためにカードローン発行を検討している方は、参考にしてください。

収入の少ないパートでも即日で借り入れできるのは消費者金融

パートで働いている方でも、収入は人によって異なります。収入が少ない方は銀行カードローンの審査を通過できない傾向にありますので、消費者金融のカードローンを検討することをおすすめします。

消費者金融は法人ではなく個人を相手に融資をすることが多いので、収入が少ない方でも審査通過できる点がメリットです。貸金業法で総量規制が定められていますので、年収の3分の1までであれば、消費者金融は融資をすることができます。

収入によって借り入れできる限度額は異なりますが、雇用形態がパートの方は消費者金融に中からカードローンを選ぶようにしましょう。消費者金融は申し込んだその日に審査通過をしたら借り入れができます。

銀行カードローンでは、即日融資ができるカードローンがありません。最短でも翌日融資が最短となります。今日中にお金を借りる方法を探している方は、消費者金融の中から、申し込みを行うカードローンを決めるようにしましょう。

銀行カードローンは年収120万円以上ある方向け

銀行カードローンは消費者金融に比べて、金利が低い傾向があります。しかし、審査が消費者金融よりも厳しく雇用形態がパートの場合は審査通過が難しいです。年収目安は120万円以上が銀行カードローンの審査時の目安となります。

消費者金融と比べると審査結果が出るまでの時間が長く、提出書類が多くなる傾向があります。時間が掛かっても審査を通過できたら良いですが、パートの場合は審査通過率が悪いので銀行カードローンはおすすめできません。

しかし、銀行カードローンを諦めることができない方もいることでしょう。アドバイスになりますが、銀行によっては消費者金融と変わらない金利を取る銀行があります。銀行カードローンを検討する場合は、金利の確認を怠らないようにしてください。

信販系カードローンはパートが申し込みできないところが多い

信販系カードローンは申し込み条件が厳しく、雇用形態がパートの方は申し込みできないケースがあります。雇用形態が正社員限定の信販系カードローンもありますので、申し込み条件を確認してから申し込みを行いましょう。

信販系カードローンの特徴は、消費者金融のカードローンと銀行系カードローンの中間のような商品しなります。金利は消費者金融と比較すると低いですが、銀行に比べると金利が高い傾向があります。

雇用形態がパートの方が申し込みできる信販系カードローンは少ないですが、信販系カードローンが気になる方は、申し込みできる業者を探してみてください。

週2勤務のパートが審査に通過する方法3選

家計を支えるため、自分が自由に使えるお金を確保するためなど、様々な理由でパートとして働いていると思います。勤務日数や勤務時間は人によって変わりますので、毎月の収入も人によって異なってきます。

パートで働いている多くの方が、最低週2回以上勤務しているケースが多いので、ここからは週2回以上勤務しているパートの方が、審査に通過する方法をお伝えします。

借入希望額を5万円未満にする

カードローンの申し込みを行う際、借入希望額を記載する欄があります。借入希望額は審査追加時に発行されるカードローンの借入限度額に該当します。申し込み時に記載した借入希望額までしか借り入れはできないので、申し込み時は気を付けましょう。

初めてカードローンの申し込みを行う方は、借入希望額を何円に設定したら良いか、分からないと思います。借入希望額の目安は、総量規制である年収の3分の1を基準に考えると借入希望額の設定で迷いません。

消費者金融では年収の3分の1を超えた貸付はできないので、設定できる借入希望額の上限は年収の3分の1までの金額で設定をしましょう。総量規制ギリギリの金額では審査に落ちる可能性がありますので、年収の4.分の1などで設定すると尚良いです。

雇用形態がパートの場合は、5万円未満で借入希望額の設定を行うと、審査通過率が高くなります。パートの方は5万円未満の借入希望額で、まずは申し込みをしてみましょう。

他社借り入れがある場合は支払いを進めておく

他社借り入れがある場合は支払いを進めておくことも大切です。カードローンの審査時に他社借り入れの確認がありますので、他社借り入れ金額が高額だと、返済能力の項目で審査落ちをする可能性があります。

他社借り入れがある場合でも少額の借り入れや、返済が進んでいる場合は、返済能力の項目を審査通過できる可能性があります。他社借り入れは無しの方が良いですが、全額返済が難しい場合は少しでも支払いを進めておくようにしましょう。

審査落ちした場合は1ヶ月以上空ける

カードローンの審査は必ず通過できる訳ではありません。審査落ちする要素が見つからなくても、審査落ちする場合もあります。審査落ちして再申し込みを行う場合は、1ヶ月以上時間を空けるようにしましょう。

申し込み情報は信用情報機関にも数ケ月ですが保存されます。短期間で複数社に申し込みを行うと申し込みブラックとなり、審査時不利になってしまいます。審査落ちした場合は期間を空けて、再度申し込みを行うようにしましょう。

パートがお金を借りる際の注意点5選

パートがカードローンを利用してお金を借りる場合、注意すべき項目が数点あります。パートは正社員と違い、勤務日数や勤務時間がバラバラで、収入が安定していないとみなされるケースがあるからです。

しかし、パート勤務でも勤務年数が長い、フルタイムで働いているなどのプラス要素があれば、審査時に考慮されることがあります。ここからは、パート勤務の方がお金を借りる際の注意点をお伝えします。

勤続年数が長ければ長いほど返済能力は高いとみなされる

カードローンの審査を受ける上では不利なパートですが、勤続年数が長い時は返済能力が高いとみなされる場合があります。勤続年数は審査する機関からすると信用の部分に該当します。

勤続年数が長いということは、継続して働き続ける可能性が高く、収入面が安定すると考えます。雇用形態が正社員の方で勤続年数が1年未満だと、勤務先を辞める可能性があり、収入が安定しないと判断される場合があります。

雇用形態がパートの方は勤続年数が長ければ長いほど、審査で有利となりますので自信を持ちましょう。勤続年数が短い場合でも必ず審査に落ちるとは限らないので、勤続年数が短いパートの方も、借り入れが必要であればカードローンを検討しましょう。

フルタイムで働いていればプラス評価になる

パートの方達の勤務時間は人によって違いますが、フルタイムで勤務している方はカードローン審査でプラス評価になります。フルタイムで勤務している場合の収入は、一般的なパートの方達よりも収入が高額になる傾向があります。

収入は返済能力の目安となりますので、フルタイムで働くパートの方達はカードローンの審査で優遇されるのです。しかし、フルタイムで働くパートの方でも審査落ちする場合はありますので、必ず審査を通過すると勘違いをしないでください。

高齢者のパートがお金を借りる際は年齢制限に注意しよう

カードローンの申し込みでは雇用形態以外に、年齢に関して条件が設定されています。成人していたら誰でも申し込みができると勘違いをしている方がいますが、申し込み条件では年齢の上限が定められています。

年齢上限に関しては各業者で異なりますので、申し込み時に年齢上限の確認を行う必要があります。65歳から70歳を上限としている業者が多いので、該当する年齢の方は申し込み時に年齢上限の確認を行うようにしましょう。

2022年4月から成人年齢が20歳から18歳へ引き下げが行われました。成人年齢の引き下げの兼合いで18歳から親権者の同意なしで、契約締結を法律上行えるようになりました。

申し込み条件の下限年齢も業者によって異なり、18歳から申し込める業者もあれば、20歳からしか申し込みできない業者もあります。20歳未満の方でカードローンの利用を検討している場合は、申し込み条件の確認を行うようにしましょう。

業者アコムアイフルプロミス
申込年齢の条件18歳以上20歳~69歳18歳~69歳

パートでお金を借りる際は在籍確認がある

在籍確認の有無に関しては、雇用形態ではなく各業者の方針で異なります。勤務先への在籍確認なしの業者であれば、勤務先への在籍確認はありません。在籍確認ありの業者でも電話在籍確認ができない理由を伝えたら、電話在籍確認が免除される場合があります。

カードローンの審査では、職場への電話在籍確認を行う業者が多いので、電話在籍確認はあると考えた方が良いです。消費者金融であれば在籍確認時に、別の会社名を名乗りますので職場に知られるリスクを抑えることができます。

前もって職場の方達に在籍確認の連絡が入る旨を伝えておくと、職場の方達に不信感を抱かれることもありません。職場の方達には「カードを作る過程で在籍確認があるので、電話があったら対応をお願いします」と伝えましょう。

カードを作ると聞くと、クレジットカードを作ると思う方が多いです。クレジットカードの作成でも在籍確認を行う業者がありますので、職場へ伝える際は堂々と伝えるようにしましょう。

どうしても電話在籍確認を回避したい方は、申し込み時に金融機関に相談するようにしましょう。電話在籍確認以外の方法を提案される場合があります。

家族に内緒で借りたい方は郵送物が届かないカードローンを利用しよう

カードローンの申し込みをする方で、家族に内緒でカードローンの契約をしたいと考えている方は数多くいます。家族に内緒でカードローンの契約をする場合、最大の難関は郵送物となります。

家族がいる時に郵送物が届いてしまうと、家族にカードローンの申し込みをしたことが、知られてしまう可能性があります。郵送物が無ければ、家族にカードローンの申し込みをしたことが知られるリスクを抑えることが可能です。

郵送物が届かないカードローンを選ぶ際のポイントは、WEB完結できる業者かどうかが重要となります。WEB完結ができると、契約書も電子交付となりWEB上で契約締結と契約書の保管が可能となります。

WEB完結の確認ができたら、カードレスで契約が可能かの確認が必要になります。カードレスで契約ができる場合は、カードが自宅に郵送されません。完全無配送でカードローンの契約ができます。

家族に内緒でカードローンの契約を行う場合は、「WEB完結できる」「カードレスで契約できる」、2つの条件を満たしている業者での、申し込み検討をおすすめします。

業者アコムアイフルプロミス
郵送物なし
電話在籍確認なし
カードレス

※△は事前交渉を行うことで〇に変更可

パートローンはいくらまで?

お金を借りたいと考えた時、借り入れできる金額が気になると思います。自分が借りたいと思っている金額以下で限度額を設定されても、借り入れ動機を達成することができず、お金を借りる意味がありません。

ここからは雇用形態がパートの方が、カードローンを申し込みした場合の限度額などについて、ご説明します。

借入限度額は基本的に10万円

借入限度額は基本的に、10万円までとなります。消費者金融では初回申し込み時の限度額設定で、正社員は50万円まで、学生やアルバイトは10万円までで限度額を設定されることが多いです。

利用を続けていれば、限度額増枠の案内などがメールで届くので、必要に応じて限度額を増枠していくイメージになります。貸金業法の総量規制では年収の3分の1までが融資上限となりますので、最終的には10万円を超えた限度額設定も可能となります。

10万円は初回申し込み時の目安になりますので、10万円を超えた融資を希望する場合は申し込み時に、融資して欲しい金額を記入するようにしましょう。

少額のお金を借りる場合は金利15.0〜18.0%と高めに設定される

限度額を低く設定すると、金利が高くなり傾向があります。高額融資の場合は金利を低く設定しても、まとまった金額が金融機関に入りますが、低額の融資だとまとまった金額を金融機関は得ることができません。

金融機関のメイン収益は金利部分になりますので、少額のお金を借りる場合、金利が高くなることは仕方がないことだと思います。金利は各業者で異なりますので、気になる方は上限金利が低い業者で申し込みましょう。

無利息期間サービスのあるカードローンで利息0円にする方法が1番おすすめ

金利を抑える裏技として、無利息期間サービスのあるカードローンを契約する方法があります。無利息期間を上手く活用できたら、どんなに金利が低い業者よりも安くお金を借りることができます。

無利息期間を考慮してお金を借りる計画を立てたら、お得にお金を借りることができます。借り入れを行う際は、計画的な借り入れを検討し、借り入れ先を選ぶようにしましょう。

まとめ

雇用形態がパートの方に向けた本記事は、いかがだったでしょうか?

安定した収入が確保できたら、パートの方でもお金を借りることはできます。急な出費は思わぬタイミングで発生します。

金銭面で困った時は、無理せずカードローンを検討するようにしましょう。お金を借りた後は返済があります。お金を借りる際は返済計画を立て、無理のない借り入れを行うことを心掛けるようにしましょう。

この金融記事を書いた人

日本ファイナンス協会は、公益社団法人日本パラーツ協会の下部組織です。日本ファイナンス協会 編集部は、ファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有している専門的金融知識をもつ編集者で構成されています。記事の中では、カードローンやキャッシング・クレジットカードの金融情報を扱っています。

目次