生活サポート基金は即日融資可能?審査基準&評判口コミを徹底解説

生活サポート基金

借金や多重債務、お金を借りることのできない悩みなど、様々なお金の問題を抱える人をサポートしてくれるのが生活サポート基金です。

相談やサポートだけでなく、本当にお金に困っている人に対しての融資も行う一般社団法人で、実際にお金を借りることができた人からの良い口コミ評判も多く見受けられます。

そこでこの記事では、「借金返済で首が回らない」「多重債務から抜け出したい」「どこからも融資を受けられない」といったお金の悩みを抱えている方に向け、生活サポート基金の概要やお金を借りる方法などを詳しく解説していきます。

生活サポート基金でしたら、弁護士や司法書士、行政書士、金融機関などよりも親身になってお金の悩みに関する相談に乗ってもらえます。

目次

生活サポート基金とは生活相談&融資を無料で行っている一般社団法人!

生活サポート基金はお金の悩みを抱える人たちを対象として、無料の生活相談や融資を行っている一般社団法人であり、営利目的のビジネス事業とは大きく異なります。世の中全てはお金ではありませんが、お金がなければ生活はできませんし、困窮した状態を自力で立て直すのは正直なところ、非常に困難です。

多重債務や債務整理などでどこからもお金を借りることができず、どれだけ仕事をしても全て借金返済で消えてしまうような状況では、生活再生したくてもできないですよね。

そこで、貸金業法に則って非営利で生活再生のサポートをしてくれるのが生活サポート基金です。お金の悩みを抱える全ての人たちに対し、親身になって相談に乗ってくれます。

生活サポート基金の活動

生活サポート基金の活動は多岐に渡り、お金に困っている人や借金の悩みを抱えている人に向けて、様々な活動を無料で行っています。

生活再生のための無料相談はもちろんのこと、生活再生ローンの提案、市民向け家計セミナー事業の展開、融資を行うための原資確保など、お金に困っている人たちの生活立て直しを非営利でサポートしてくれます。

それでは、生活サポート基金の活動についてさらに詳しく解説していきますので、相談する前の参考してください。

生活再生のための無料相談

お金がない悩み、借金の悩み、子供の学費が払えない悩みなど、様々な生活とお金に関する悩みに対して無料で相談が可能です。

相談者に親身になって今度どうしたら良いのかをアドバイスしてくれ、場合によっては次項で解説する生活再生ローンの提案もしてくれます。

また、お金の悩みだけでなく、家庭内暴力や各種依存症の解決や家計のやりくりなどなどのあらゆる相談ができます。

いきなりお金を借りる相談をするのではなく、まずは無料相談で生活再生のアドバイスをもらい、どうしたら今の状況を改善できるのかを考えましょう。

生活再生ローンの提案

生活再生ローンとは、生活サポート基金が取り扱う融資のことで、生活を立て直すためのお金を低金利で借りることができます。

営利目的のローンではありませんので、消費者金融や銀行などと比べて遥かに金利が低く、また毎月の返済額もある程度まで相談に乗ってくれます。

ただし使用目的はあくまでも「生活立て直し」のため、事業資金として使うことはできません。また無用なレジャーや交遊費としても認められていませんのでご注意ください。

市民向け家計セミナー事業を展開

どうしたらお金に困らない家計管理ができるのか、多重債務から抜け出すためにはどうしたら良いのかなど、市民向けの家計セミナー事業も展開しています。

これまで10年以上のお金の悩みに対して相談に乗ってきた講師を派遣し、自治体職員・相談員向け研修や市民へ直接研修してくれます。

ただしこちらは無料ではなく、講師料と交通費が必要ですので、まずは問い合わせをしてみてください。

融資を行うための原資確保

原資は全て生活サポート基金の活動に賛同する会員の年会費が使われています。中には年会費のほかに出資をしてくれる会員もいます。

つまり生活サポート基金を支えているのは全て第三者であり、賛同する人たちがいなければこの活動を続けていくことができなくなります。

賛同する人たちが多数いるからこそお金に困っている人たちへの融資が可能で、もちろん原資に対してリターンは求めていません。

このような活動や仕組みが確立しているからこそ生活再生ローンを受けられるという事実を頭に入れておきましょう。

生活サポート基金の評判・口コミ

評判・口コミ

生活サポート基金の評判・口コミをTwitterよりいくつかピックアップしましたので、是非参考にしてみてください。

生活再生ローンでお金を借りる方法を解説

お金を借りる方法

生活サポート基金でお金を借りる場合、生活再生ローンと呼ばれる貸付けを利用し、様々な用途・目的に使用できます。

しかしお金を借りるためには審査基準と条件を満たしていなければいけなく、場合によっては借り入れできないケースもありますのでご注意ください。

ここでは生活再生ローンとは何なのか?生活再生ローンを利用する際の申込み方法について詳しく解説していきます。消費者金融や銀行から借り入れができない場合には、是非相談してみてください。

生活サポート基金の生活再生ローンとは?

生活再生ローンとは、日常生活において本当にお金に困っている人に向けた融資のことで、消費者金融や銀行のカードローンとは目的が全く異なります。

原資は会員から集められ、それを低金利で生活困窮者に貸付するのが生活再生ローンです。「消費者金融の借り入れの債務整理費用」「家賃や公共料金の滞納」「自己破産で借り入れできない人への貸付け」「収入が少ない人への生活費」などを目的としています。

ただし貸付け後の生活再生が必須条件です。融資を受けた後に自立した生活をする、毎月決められた日までに返済をする、原資を出資してくれる会員への感謝など、これらを約束できる人に対してのみ貸付けを行っています。

書類上だけでなく相談者に対し、きちんと現状を説明し、必ず生活を立て直すという意思表示を見せましょう。

生活再生ローンを利用する際の流れ

生活再生ローンの利用は、消費者金融や銀行とは異なりインターネットでの申し込みはできず、必ず相談員との面談が必須です。

ローンの目的が生活の立て直しである以上、その意思を確認するために必ず相談員と面談し、返済能力も確認されます。具体的な流れは下記の通りです。

【1】生活サポート基金の問い合わせ番号に電話し面談の予約
【2】予約当日に相談員と直接面談
【3】ローンの申し込み書を記入し提出
【4】審査
【5】審査合格後、契約内容の確認
【6】融資実行
【7】毎月決められた日までに返済
【8】生活立て直し(融資後の生活再生相談も可能)

なお審査完了までは最低でも2週間ほどかかるため、相談したからと言ってその日のうちに融資を受けられるわけではありません。

申し込みから融資実行までは2週間~1ヶ月ほどかかりますのでご注意ください。少しでも早くにお金が必要な場合には、相談員へその旨を伝えてみると融通を効かせてくれるかもしれません。

また審査で落ちてしまっても、相談ができなくなるわけではありません。もし融資を受けられなかった場合には、他の該当機関や支援窓口などを紹介してもらうこともできますのでご安心ください。

生活再生ローンの審査基準

生活再生ローンの審査基準は金融機関とは全く異なり、最も大切なのは「融資後に生活立て直しの意思があるかどうか」です。

その場しのぎでお金を借りることはできず、融資金を使ってきちんと生活を立て直し、毎月遅れることなく返済を続けられるかどうかが重要です。

現在の借り入れ金額や件数などが原因で融資を断られることはありませんので、全て正直に相談員へ話をしてください。

また生活再生ローンへ申し込みできるのは「1年以上の都内在住」「6ヶ月以上の勤続年数」「600万円以下の世帯年収」が条件となりますのでご注意ください。

都内以外で生活再生ローンを利用したい場合には、各都道府県に生活サポート基金のような機関がありますので、一度調べてみてください。

生活再生ローンは家族にバレない?利用する際に必要なものは何?

生活再生ローンでお金を借りるためには必ず連帯保証人が必要となり、状況により不動産やその他金銭的価値のある物や証券などの担保を求められる場合もあります。

基本的には連帯保証人のみで問題ありませんが、当然連帯保証人にはお金を借りることを伝える必要がありますので、事実を隠してローンを組むことはできません。

しかしバレるのは連帯保証人のみで、その他の家族や友人、知人、同僚などにバレることはありませんのでご安心ください。

ただ生活再生ローンの目的は生活の立て直しであり、1人では正直なところ難しいと言わざるを得ません。家族に隠すのではなく、可能であれば家族にローンをした事実を伝え、みんなで生活立て直しのために協力し合うべきです。

消費者金融や銀行のカードローンへの申し込みは特に家族へ伝える必要はありませんが、生活再生ローンは目的が違うのです。

「お金がないから借りよう」という軽い気持ちで生活再生ローンを利用してはいけません。必ず立て直すという強い意志を持ち、みんなで生活を再生しましょう。

生活サポート基金はどこにいても利用できる?

生活サポート基金を利用できるのは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に居住する人のみのため、全国どこでも利用できるわけではありません。

生活クラブ生協とパルシステム生活共同組合連合会という2つの団体によって設立されたのが生活サポート基金のため、対象となるのは首都圏にお住まいの人に限られます。

融資も同じで首都圏の人のみとなるため、他の地域に住んでいる人は、別の機関を利用する必要がありますのでご注意ください。

生活再生ローンの金利&貸付金上限額

生活再生ローンの金利は12.5%(年)、貸付上限は年収の1/3までとなります。一般社団法人ではありますが、国に貸金業者として登録しているため、消費者金融と同じで総量規制の対象となりますのでご注意ください。

例えば100万円を借りたい場合、年収は最低でも300万円必要で、もし消費者金融から50万円を借りていると、生活再生ローンの融資金は最大50万円となります。

しかし金利は消費者金融と比べて低く銀行のカードローンと大差ありません。非営利とは言え、会員のお金を原資としているため、金利0%での借り入れはできません。

また返済期間は最低1ヶ月、最大120ヶ月(10年)で、融資金額によって異なります。毎月の返済金額では難しい場合には、事前に担当者に相談しておきましょう。

生活サポート基金を実際に利用した人の体験談

相談者40代男性
年収500万円
相談内容消費者金融で借りた100万円分の返済を優先し家賃滞納
融資額30万円

過去に急な出費が発生し消費者金融から100万円を借り入れした結果、毎月の返済で首が回らなくなり家賃を滞納してしまいました。

生活サポート基金へ相談したところ、生活立て直しのために30万円の融資が実行され、滞納家賃を完済。その後、二度と同じような状況にならないために、ボーナスを使って消費者金融の借入額を減らすアドバイスをもらいました。

相談者30代女性
年収250万円
相談内容離婚が原因で収入が減り、娘の授業料が支払えない
融資額80万円

元夫に連帯保証人となってもらい、生活再生ローンで80万円の融資を受けられました。娘さんの授業料を支払い、あとは毎月25,000円ほどの返済で4年かけて完済することとなりました。

生活サポート基金に関するQ&A

Q&A

最後に生活サポート基金に関するよくある質問と回答をいくつかご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

生活サポート基金は即日で融資してくれますか?

即日融資には対応していません。申し込みから審査、融資実行までは最短で2週間、遅いと1ヶ月ほどかかってしまう場合もあります。

ただし緊急性が高い場合(授業料を払わないと退学になる、家賃を払わないと強制退去になる など)には、多少の融通を効かせてくれるケースもありますので、一度相談員に伝えてみてください。

もし即日融資が必要でしたら大手消費者金融をおすすめします。申し込みしたその日のうちにお金を借りられますし、無利息期間もあります。

無利息期間内に完済してしまえば金利負担0でお金を借りることができるため、生活サポート基金を利用するよりも負担は軽減されます。

生活サポート基金の審査はどれくらいかかりますか?

申し込み書を提出してから審査結果がわかるまで、基本的には2~3週間ほどかかるため、その日のうちに審査結果を知ることはできません。

どうしても急用でお金が必要な場合には、生活サポート基金の相談員へ相談してみると、審査を早く終わらせてくれる可能性があります。

原資が賛同者による年会費を使っているため、1円足りとも無駄にすることができないのです。そのため、融資審査は時間をかけて慎重に行い返済能力を確認します。

生活サポート基金「生活再生ローン」の金利はもう少し低くできませんか?

生活サポート基金の生活再生ローンは、先駆事業者が定めていた9.5%に地域リスクの3.0%を上乗せした12.5%に設定しています。

この金利は営利目的ではなくあくまでも貸付けを行うための最低限のシステム構築、及び人材研修費用などに使われています。つまり金利を低くしてしまうと、生活サポート基金としての運営ができなくなってしまいます。

そのため現段階で金利を低くすることはできません。現状より規模が大きくなれば金利が下がる可能性もあるとのことですが、まだ未定です。

生活サポート基金で融資を受ける際、保証人は必要ですか?

生活サポート基金で融資を受けるためには、申し込み者の返済延滞を保証する連帯保証人を1人つけなければいけません。

たくさんの賛同者から集められた貴重な資金を元にして融資を行っているため、踏み倒しは絶対に許されません。そのため必ず連帯保証人が必要です。

連帯保証人は家族である必要はなく、友人や同僚など、申し込み者に代わって十分な返済能力があれば問題ありません。

また場合によっては、不動産やその他担保が必要になることもあります。融資金額や申し込み者の現状によって異なりますので、一度相談してみてください。

生活サポート基金が多重債務者・生活困窮者に融資をするメリットは何がありますか?

世界中の先進国の中でも日本だけが30年以上不況から抜け出せていない状況が続いており、その結果、正規雇用労働者でも解雇が可能な契約が当たり前となっています。

急な解雇で生活が困窮し、仕方なく生活保護を受ける人が増え、現在の受給者は戦後最多となっている事実があります。そこからうつ病やストレスによる家庭内暴力、さらには子供の引きこもりなどの弊害が出てきています。

お金がなくて複数の消費者金融から融資を受け多重債務者となり、最終的に返済ができなく生活困窮に陥り、同じように健康や福祉に悪影響を与えてしまいます。

生活サポート基金が多重債務者・生活困窮者に融資することで、このような現状が多少なりとも減少します。その結果、生活困窮者の連鎖が止まり、本当の意味で日本が豊かな国へと生まれ変わります。

生活サポート基金で融資が受けられない場合はどうしたらいいですか?

生活サポート基金で融資が受けられなかった場合、相談員から弁護士会、社会福祉協議会、法テラス、司法書士などの専門機関の紹介をしてもらえます。

相談内容を引き継いでもらえ、場合によっては相談員に同行してもらえるケースもあります。現状よりも生活困窮に陥らないよう、しっかりとアドバイスと対応をしてくれますのでご安心ください。

生活サポート基金でお金を借りられなかったと言って、消費者金融や銀行のカードローンへすぐに申し込みするのは避けるようにしましょう。新しい借金を作ってしまったら余計に現状が悪化し、より一層生活再生が困難になってしまいます。

どうしてもカードローンを利用したい場合には、大手消費者金融の無利息キャッシングをおすすめします。無利息キャッシングでしたら一定期間利息がかかりませんので、基金よりも負担は軽減されます。

ただし必ず計画性を持って利用してください。限度額内だからと繰り返し利用するのは大変危険で、お金の悩みを予定に大きくしてしまいます。

消費者金融を利用する前に、一度家族や友人、知人などに相談してみてはいかがでしょうか?嘘偽りなく正直に相談することで、援助してもらえる可能性は十分にあります。

生活サポート基金は東京在住であれば誰でも利用できますか?

東京都内在住であれば生活サポート基金の利用は可能ですが、他にも「1年以上の都内在住」「6ヶ月以上の勤続年数」「600万円以下の世帯年収」という条件が揃っていなければ、お金を借りることはできません。

ただしこれら条件を満たしていなくとも相談だけでしたら可能な場合もありますので、事前に生活サポート基金へ問い合わせをしてみてください。

生活サポート基金は千葉に勤務している人も貸付対象ですか?

生活サポート基金の融資は東京のほか、その近郊の県にお住まいの人も対象にしているため、千葉に勤務していても、東京・埼玉・神奈川・千葉に居住していれば貸付が可能です。

注意したいのは「勤務地」ではなく「居住」です。千葉に1年以上居住していなければお金を借りることはできません。

生活サポート基金を大阪で利用する方法を教えてください。

生活サポート基金は首都圏の人を対象にしているため、大阪からの利用はできません。しかし大阪でも同様の相談機関「一般財団法人大阪府地域支援人権金融公社(ヒューファイナンスおおさか)」の利用が可能です。

ヒューファイナンスおおさかは、大阪府と大阪市の出資によって設立された一般財団法人で、個人向け融資と事業者向け融資の2つを取り扱っています。

個人向け融資には「高校・大学等入学準備資金融資」「府民の暮らし・少額融資」、そして「債務整理後生活再生資金融資」があります。

借金の債務整理が原因でどこからもお金を借りることができない状態であれば、債務整理後生活再生資金融資の利用ができます。

もちろん相談は無料ですので、大阪にお住まいでお金に困っているのでしたら、まずは電話で相談してみてください。

生活サポート基金を北海道で利用するためにはどうしたらいいですか?

北海道から生活サポート基金の利用はできませんが、社会福祉協議会の貸付や生活困窮者自立支援事業など、様々な生活再生のためのお金を借りることができます。

特に札幌市生活就労支援センターでは、生活困窮者に対して相談窓口を設置しており、問題解決のための支援プランを用意してくれます。

札幌市生活就労支援センターが直接貸付けを行っているわけではありませんが、該当のサービスや貸付けを行う機関を紹介してもらえます。

生活サポート基金を兵庫で利用したいです。利用できますか?

兵庫から生活サポート基金の利用はできません。しかし生活困窮者自立支援制度の利用は可能で、専門員へ無料の相談ができます。

自立相談支援事業、住居確保給付金の支給、就労準備支援事業、家計改善支援事業、就労訓練事業、一時生活支援事業など、たくさんの支援を行っていますので、お金に困って生活が困窮している状態でしたら、是非問い合わせしてみてください。

生活サポート基金は福岡でも利用可能ですか?

福岡から生活サポート基金の利用はできませんが、グリーンコープ生活協同組合にて生活再生のための貸付けを行っています。

グリーンコープ生活協同組合では生活費の支援、借金返済の支援(10~100万円)、債務整理を終えた人に対しての自立支援など、生活サポート基金と似たような支援を行っています。

組合員でしたら年9.5%以下で借り入れ可能で、最長5年と返済期間も余裕があります。福岡でお金に困った時には、まずグリーンコープ生活協同組合へ相談してみることをおすすめします。

お金を支援してくれる団体が生活サポート基金と聞きました。本当ですか?

生活サポート基金はお金の支援(生活再生ローン)も行っていますが、その他生活困窮から抜け出すための相談、セミナーなども開催しています。

生活再生ローンは、あくまでも生活を立て直すための貸付けであり、お金に困ったから少し借りよう、という気軽なものではありません。

自ら生活再生に向けて努力する意思がなければお金を借りることはできません。またお金を借りるためには6ヶ月以上の勤続年数と600万円以下の世帯年収という条件があります。

これら条件を満たし、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)に1年以上在住の人に対して生活再生のための貸付けを行っています。

生活再生以外の目的でお金を借りたい場合には、生活サポート基金ではなく、消費者金融や銀行のカードローンへの申し込みがおすすめします。

カードローンでしたら使用用途自由ですし、すぐにお金が必要な時でも消費者金融でした即日融資が可能なため大変便利です。

まとめ

今回は、生活サポート基金の概要や生活再生ローンでお金を借りる方法、審査基準などについて詳しく解説させていただきました。実際に生活サポート基金でお金を借りたり相談したことのある人の口コミ評判も参考になりましたでしょうか?

生活サポート基金は、借金や多重債務、お金を借りることのできない悩みなど、様々なお金に関する悩みを持つ人からの相談に親身になって乗ってくれます。1人で悩まず、まずは生活サポート基金へ相談してみてください。

この金融記事を書いた人

日本ファイナンス協会は、公益社団法人日本パラーツ協会の下部組織です。日本ファイナンス協会 編集部は、ファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有している専門的金融知識をもつ編集者で構成されています。記事の中では、カードローンやキャッシング・クレジットカードの金融情報を扱っています。

目次