車いすラグビー競技大会

★入場無料★
★連日、体験コーナーを実施!★

【日程】
2020年3月12日(木)〜15日(日)

【参加国】
日本、オーストラリア、イギリス、アメリカ

ご来場のお客様へ
注意事項

ニュースNews

車いすラグビーのニュース一覧をを表示

  • 20.01.17 2020:01:17:19:50:12

    [車いすラグビー]

    天皇陛下御即位記念2020ジャパンパラ車いすラグビー競技大会の参加国、スケジュール決定!!

    天皇陛下御即位記念2020ジャパンパラ車いすラグビー競技大会の参加国、スケジュールが決定しました。オーストラリア(世界ランキング1位)、アメリカ(同2位)、イギリス(同4位)に日本(同3位)を加えた4ヵ国対抗戦となります。(世界ランキングは2019年10月29日現在)スケジュールはこちらのページでご確認ください。今後、チーム情報など、大会に関する情報を随時更新してまいりますので、引き続きご注目のほどよろしくお願いいたします。【大会概要】天皇陛下御即位記念2020ジャパンパラ車いすラグビー競技大会3月12日(木):9:00開場 10:00試合開始3月13日(金):9:00開場 10:00試合開始3月14日(土):9:00開場 10:00試合開始3月15日(日):9:00開場 10:00三位決定戦 13:00決勝戦会場:代々木第一体育館(東京都渋谷区神南2-1-1)
  • 19.11.07 2019:11:07:11:00:00

    [大会関連]

    「ジャパンパラ3大会(テストイベント)における会場満員策・ファン拡大策」および「東京2020パラリンピックに向けたムーブメント醸成策」実施業務委託企画提案(プロポーザル)の件

    公益財団法人日本障がい者スポーツ協会では、2019年度および2020年度の「ジャパンパラ3大会(ボッチャ、車いすラグビー、陸上)における会場満員策・ファン拡大策」、および「東京2020パラリンピックに向けたムーブメント醸成策」に関する事業の委託業者を選定するため、企画競争(一般競争入札)を実施いたします。 入札への参加を希望される場合は、以下仕様書をご参照の上、2019年11月11日(月)12時までに入札参加意思表明書(本業務に関する近年の業務実績の一覧含む)をご提出ください。 企画提案書・見積書等の書類の提出期限は11月25日(月)16時までとなります。企画提案要項.pdf仕様書.pdf入札参加意思表明書.docx
  • 19.06.03 2019:06:03:13:16:59

    [大会関連]

    2019年度ジャパンパラ競技大会に係る旅行社選定について

    公益財団法人日本障がい者スポーツ協会では、2019年度のジャパンパラ競技大会での輸送等旅行業務全般に係る旅行社を選定するための、一般競合入札を募集いたします。入札への参加をご希望される場合は、以下仕様書をご参照のうえ、2019年6月10日(月)12時までに、「入札参加表明書」をご提出ください。見積り等の書類の提出期限は2019年6月17日(月)16時までとなります。2019年度JP大会に係る旅行社選定について(仕様書)0603.pdf提出用見積り書-201906.xlsx入札参加意思表明書.docx
  • 18.05.28 2018:05:28:11:21:24

    [車いすラグビー]

    2018ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 レポート

    2018年5月24日から27日までの4日間、2018ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会が千葉県千葉市にある千葉ポートアリーナで開催された。 今大会には、世界ランキング5位のイギリス、同6位のスウェーデン、同7位のフランスの3か国が来日し、同4位の開催国・日本が迎え撃った。 今年も千葉ポートアリーナで開催された 多くの小中学生も会場を訪れ、エールを送った 大会は予選リーグとして4か国の総当たり戦を2周行い、その上位2チームによる決勝戦と下位2チームによる3位決定戦が最終日に実施された。 各チームとも1日2試合を3日間こなす予選リーグはタフな日程だが、今年の8月に開催される世界選手権に向けてチーム作りの仕上げに差し掛かっている時期とあって、その進捗を確認しながら戦っているようだった。 そんな中、やはり強さを発揮したのが日本とイギリスだった。世界ランキングでも上位の2か国が勝利を重ね、直接対決の1戦目はイギリスが51-50の1点差で、2戦目は日本が48-45でそれぞれ勝利し、互角の戦いを見せた。決勝戦も日本とイギリスの対戦に決まり、好勝負が期待された最終日には多くの観客が会場を訪れた。 決勝戦では地元の大声援を背に、日本が序盤から安定したプレーを見せる。ティップオフからボールを保持してエースの池崎大輔が先制。そのあとも日本の得点を7点連続で決めるなどチームに勢いをもたらすと、守備でも相手のミスを誘う激しいプレッシャーでイギリスからリードを奪っていく。前半、日本はノーミスと完璧な内容で26-20の6点リードして後半戦へ。後半開始早々、イギリスが日本のミスから連続得点をあげるものの、前半同様のプレーを継続した日本がそのままリードを守り切り、53-46で勝利し、優勝を果たした。 池崎は気迫あふれるプレーで得点を量産 激しい守備でイギリスとの決勝戦を制した 優勝した日本は世界選手権に向けて弾みをつけた 今回は大会に併せてパラスポーツ大会応援イベント「Go!Together!~みんな一緒に共生する未来~」も同時開催し、お笑い芸人のステージやご当地グルメ、パラスポーツ体験が楽しめる集客の機会が作られた。イベントに来場し、初めてウィルチェアーラグビーを目にした方も多かったはずだ。来年のウィルチェアーラグビーワールドチャレンジ2019、2020年の東京パラリンピックに向けて、今後もパラスポーツの魅力を発信し続けていく。 イベントの併催が大会集客に一役買った 次回のジャパンパラ競技大会は、7月7日と8日の2日間、正田醤油スタジアム群馬(群馬県前橋市)において陸上競技大会が開催される。
  • 18.05.15 2018:05:15:15:30:13

    [車いすラグビー]

    2018ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の取材案内

    2018ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会を、2018年5月24日(木)から27日(日)までの四日間、千葉ポートアリーナにて開催いたします。本大会にはヨーロッパトップ三カ国を招き、日本を含めた四カ国での国際交流戦がおこなわれます。ご多用中と存じますが、ぜひともご取材のご検討のほど、よろしくお願いたします。取材を希望される報道関係者の方は、下記「取材申込書」に必要事項を記入し、ご申請をお願いいたします。 2018JPWR案内状0515.pdf
  • 18.04.27 2018:04:27:10:32:22

    [車いすラグビー]

    2018ジャパンパラ日本代表チーム決定

    2018ジャパンパラ日本代表チームが以下のとおり決定しました。倉橋 香衣 0.5点岸 光太郎 0.5点若山 英史 1.0点今井 友明 1.0点乗松 聖矢 1.5点渡邉 翔太 1.5点羽賀 理之 2.0点官野 一彦 2.0点永易 雄   2.5点池 透暢   3.0点池崎 大輔 3.0点島川 慎一 3.0点詳細はチーム紹介ページをご参照くださいhttp://www.jsad.or.jp/japanpara/wheelchair-rugby/members.html
  • 17.05.29 2017:05:29:12:48:07

    [車いすラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 レポート

     2017年度のジャパンパラ競技大会が始まった。リオパラリンピックが終了し、2020年東京パラリンピックに向けて一層日本国内を盛り上げていきたい状況だ。今大会のウィルチェアーラグビー競技大会は、リオパラリンピックで銅メダルを獲得した日本チームをさらに強化していくべく、同大会で金メダルを獲得したオーストラリア、銀メダルのアメリカを招聘し、世界トップ3における戦いを繰り広げた。また、日本はケビン・オアーヘッドコーチを迎え、どのような戦いをするのか注目が集まっていた。   今年も千葉ポートアリーナで熱い試合が見られた  大会は千葉ポートアリーナで5月25日~28日の4日間開催され、最初の3日間は予選リーグとして総当たり戦を3周行い、その予選リーグ2位と3位による3位決定戦と1位と3位決定戦の勝者による決勝戦を行った。 オープニングゲームの日本対アメリカは、いきなり世界の強さを体感する試合となった。日本は前半からアメリカの強固な守備に遭いジリジリ離されて24-29の5点差を奪われる。後半、一時、点差を縮めたものの44-51で惜敗。その次のオーストラリア戦は60-41で快勝し、初日の戦いを終えた。その後も予選リーグの試合が行われ、アメリカがそのまま強さを見せて5勝1敗の1位、日本はオーストラリアには3戦3勝したもののアメリカには接戦の末に敗れる試合が続き、3勝3敗で2位となった。オーストラリアは1勝5敗の3位となり、3位決定戦は日本対オーストラリアの対戦に決まった。 日本の新HCに就任したアメリカ人のケビン・オアー氏 日本のエース・池崎大輔はスピードで何度もディフェンスを振り切った  3位決定戦は世界最強のプレーヤーとの呼び声が高いライリー・バットが怪我で欠場したこともあり、日本が全ピリオドでオーストラリアからリードを奪い、69-55で快勝した。決勝戦、今大会で一度もアメリカに勝てていない日本はホームの声援を背に奮闘。前半を同点で折り返すと、後半も接戦が続いて第3ピリオド終了時、38-37でアメリカがわずか1点のリードという息をのむ展開となった。そして残り0.6秒、アメリカが1点リードしている状況で日本がインバウンドから最後の攻撃をしかける。池透暢のロングパスを池崎大輔と羽賀理之がキャッチしようと試みるが叶わず、わずか1点差の悔しい敗戦となった。 アメリカは日本のプレッシャーをかいくぐり、ミスなく得点を決めていった 好ゲームに客席から送られた拍手に応える日本選手 今大会で抜群の安定感を誇ったアメリカが優勝を果たした  日本は準優勝に終わったが、激しく見ごたえのある戦いに会場からの大きな拍手が行われた。観客を魅了したジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会だったが、次回は8月4日~6日に同会場でジャパンパラゴールボール競技大会が行われる。
  • 17.05.28 2017:05:28:16:50:23

    [車いすラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 決勝戦結果

    ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の全日程が終了しました。 Game11・決勝戦 JPN 51 VS USA 52     今年のジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会を締めくくる一戦は、世界最高峰の戦いにふさわしい勝負となった。 互いにゆずらない展開で得点が拮抗する中、一点差ビハインドで最後の攻撃に挑む日本には、わずか4秒しか時間が残されていなかった。前線へパスを出し、タイムアウトを取った時点で残り時間は0.6秒。最後の一球にすべてを賭けてゲームクロックは動いた。池のロングパスはゴールライン間際にいた羽賀の手におさまる。すぐさまゴールラインを越えていこうとしたが、無情にもゲーム終了を告げるブザーが鳴り響いた。 わずか1秒にも満たない残り時間の中で、最後まで勝負がどう決着するかわからない、今大会もっとも白熱した勝負となりました。 残念ながら準優勝という結果に終わった日本代表チームですが、今大会で非常に大きい経験値を得ることができました。初めて日本代表に選ばれた選手たちも活躍し、今後より一層の強化が期待できる大会となりました。
  • 17.05.28 2017:05:28:12:15:42

    [車いすラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 決勝戦進出決定戦(三位決定戦)結果

    ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の決勝戦進出決定戦が終了しました。 Game10(三位・決勝進出決定戦) JPN 69 VS AUS 55     オーストラリアはライリー・バットが負傷により、最大のポイントゲッターを欠いた状態での試合となった。 日本は攻めては危なげなく順調に得点を重ねていき、守ってはパスカット、相手の反則を誘い、ターンオーバーを量産。大差で勝利をおさめ、決勝戦進出を決めた。 決勝戦は日本 VS アメリカ。13時開始となります。 決勝戦はUstreamにて動画生配信をおこないます。会場まで来れない方は、生配信で応援をお願いします! Ustream:http://www.ustream.tv/channel/CYWL2Ltcvtu JPSA公式SNS Facebook:https://www.facebook.com/jpsasports/   Twitter:@jpsa_sports
  • 17.05.27 2017:05:27:15:32:16

    [車いすラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 3日目結果

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の三日目が終了しました。 Game7 JPN 54 VS AUS 50     世界NO.1のオーストラリアとの予選最終戦。安定した試合運びで、予選リーグのオーストラリア戦を全勝で終えた。 Game8 JPN 50 VS USA 51     アメリカとの予選最終戦。試合終盤はプレッシャーを与えるディフェンスで逆転を狙ったが、一点差で敗れる。この結果をもってアメリカの決勝戦への進出、日本の三位決定戦への進出が決まった。 Game9 AUS 51  VS USA 56    予選最下位がすでに決まっていたオーストラリアは、世界最強プレーヤーの誉れ高いライリー・バットを温存。アメリカもポイントゲッターのチャールズ・アオキを酷使はせずに勝負する。オーストラリアはイージーなミスも目立ち、アメリカが勝利した。   体験会には各国の代表選手が参加。海外選手のタックルを受ける機会はなかなかないので、参加したみなさんにもご好評いただけました。 本日までの勝敗は、 USA 5勝1敗 JPN 3勝3敗 AUS 1勝5敗 明日28日は三位決定戦が日本 VS オーストラリア、その勝者が決勝戦でアメリカと戦います。三位決定戦は10時から。ぜひ会場で日本チームにエールを送り、決勝戦進出、優勝に挑戦する後押しをしてください! 三位決定戦、決勝戦はUstreamにて動画生配信をおこないます。会場まで来れない方は、生配信で応援をお願いします! Ustream:http://www.ustream.tv/channel/CYWL2Ltcvtu JPSA公式SNS Facebook:https://www.facebook.com/jpsasports/   Twitter:@jpsa_sports

競技ガイドCompetition guide

動画Movie

アクセスマップAccess map

リンクLinks