誰からも必要とされない!と感じる理由&対処法を人間関係・職場別に紹介!

必要とされていないと感じた時の対処法

仕事でうまくいかなかった時や家族や友人とうまくいかない時に、ふと「自分は何のために生きているのだろうか」「私(俺)、ここに必要なくない?」と思う時もあるのではないでしょうか。

自分が普段から人や物に頼っているように、自分も誰かに必要とされたいと思うもの。これは、「マズローの欲求5段階説」にもあるように、人は食欲や睡眠、自分の生命が安全であるという欲求を満たせていると、次に「所属と愛の欲求」「承認欲求」が芽生えるためです。

所属と愛の欲求は、家族や学校、会社などの集団の中で「愛情を感じられるつながりを持ちたい」という欲求で、承認欲求は「認められたい」「注目されたい」という欲求のことを指します。

つまり、「必要とされていない」と感じるのは人間の基本的な欲求のひとつなのです。

この記事では、「必要とされていない」と感じてしまう理由やその対処法について解説するので、この記事を読んで心情を理解し、自分の状況にあてはめながら、状況を改善するための参考にしてください。

職場に居場所がないと感じている方はこちら

「職場の人間関係で悩んでいる」「誰からも必要とされていない」と感じた人でも、必要としてくれる職場が必ずあります!

転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、履歴書の添削&面接対策も徹底的にサポートしてくれるので、安心です。

職場の人間関係で悩んでいる方は「リクルートエージェント」
● 転職支援実績No.1!求人数は業界トップクラスなので高収入&好待遇の求人が見つかる。
● 履歴書の添削や面接対策など、手厚いサポートで転職成功まで導いてくれる。
● 一般の求人サイトには掲載していない独自プレミアム非公開求人が多数!

理想通りの人気求人が埋まってしまう前に、急いで登録することをおすすめします!

\ 【実績No.1】独占非公開求人22万件以上! /

公式サイト:https://www.r-agent.com/entry

目次

「必要とされていない」と人間関係で感じる理由

「必要とされていない」と人間関係で感じる理由

仕事で周囲の人に全然仕事を振られず「自分は必要とされていない?」と感じたり、家でぼーっとしている時に寂しさを感じ「誰からも必要とされていない」と感じる方もいるでしょう。

また、友人と会う約束をする時に、待っていれば連絡が来る人がいる一方で、こちらから連絡しなければスマホが鳴らないという方もいると思いますが、人が人間関係を通じて「必要とされていない」と感じるのはなぜなのでしょうか。

ここからは、人間関係を通じて必要とされていないと感じる理由についてみていきます。

親に認めてもらえなかった

幼少の頃から長く時間を共にしてきた自分の親に“ありのままの自分”を受け入れてもらえなかったり、認めてもらえなかった経験により「必要とされていない」と感じやすい性格になってしまった可能性が考えられます。

例えば、幼少の頃に自分の気持ちや考えを正直に伝えても怒られてばかりで、最終的に親の機嫌を損ねないように親の気持ちや考えに合わせるように過ごしてきた方もいるでしょう。

いつ親が怒り出すか分からないため、常に親の顔色を伺いながら機嫌を取って生きてくると、いつしか自分一人が楽しむことに罪悪感を覚えるようになり、幼少時代から人に合わせてありのままの自分を出せなくなります。

自分の気持ちを表現しなくなると、いつの間にか自分の気持ちを心の奥底に閉じ込めるようになります。

そして、「親の役に立とう=他人の役に立とう」「親から必要とされよう=他人から必要とされよう」という感情だけが芽生え、何事も自分よりも他人の事情を優先して行動するようになるのです。

その結果、ちょっとしたことで「必要とされていないのでは?」と不安に感じるようになります。

依存している相手を失った

自分が人に「必要とされていない」と感じるシーンを思い出してみましょう。

  • いつも友人や恋人は自分が連絡しないと連絡をくれず、相手側から連絡をくれることはほぼないことに気付いた時
  • 上司がいつもお願いしてくれることを他の人にお願いするようになった時
  • 仕事で期待されていた上司を裏切ってしまい、あまり話さなくなった時
  • 周囲の友人や知人が夫(妻)や子供と仲睦まじく過ごしている話を聞き、独身の自分と比較してしまった時

このように、今まで自分を必要としてくれていたであろう人を失った場合に、必要とされていないと感じます。

人々は「愛情を感じたい」「注目されたい」「認められたい」といった欲求が強いがために、普段から周囲の人々の言動や行動、仕草を観察しており、少しの変化を敏感に察知してしまいます。

まずは自分自身がそれらの欲求を強く持っていることを認識し、客観的に理解することで、徐々に自立した人間になれるでしょう。

「自分は必要とされていない」と職場で感じる時の理由

仕事をしていて「自分じゃなくても他に代わりはいるのでは?」とネガティブな気持ちになる時、日々の仕事に不満を抱いていることでしょう。

さて、仕事においてどのようなケースで「必要とされていない」と感じるのか、みていきます。

雑用を押し付けられる

誰でもできるような簡単な仕事ばかりを任せられると、自分は必要ないのでは?と思ってしまいます。これは、自分のスキルを活かせる仕事が他にあると感じるためです。

他にも、自分一人で業務を任せてもらえなかったり、上司や先輩のサポート業務ばかりさせられると楽しく仕事ができなくても仕方ありません。

誰でも代わりが務まるような仕事を押し付けられるとやる気がなくなり、辞めたくなってしまうのも無理はないでしょう。

結果がなかなか出ない

頑張って仕事をしているのに中々結果がでないと、周囲からの評価や自己評価が下がり、仕事へのモチベーションが下がることによって、自分は会社に必要のない人間だと思い込みます。

営業職であれば契約件数や売上などの目標があり、残業や休日出勤など努力をしても数字が上がらず目標達成できないと、「自分は必要ないのではないか」と思ってしまっても無理はありません。

自分なりに努力をしても結果がでなければ、一度立ち止まって休んだり、努力の仕方を変えて気持ちをリフレッシュする必要があるでしょう。

評価されていない

仕事でどれだけ良い成績を上げても、評価されなければやる気がなくなりますよね。ここでいう評価とは以下の2点が挙げられます。

待遇面の評価

仕事ができる人はそれに見合った給料をもらうべきなので、自ずと給料やその他の待遇が良くなりますが、それがなければやる気は皆無になるでしょう。

口頭の評価

どの会社も常に景気が良いというわけではないので、仮に待遇面での評価があまり期待できなくても、せめて上司や先輩から「頑張ってるね!」などの口頭の評価があると少しはやる気も出るでしょう。

待遇面の評価、口頭の評価のどちらもなければ、「必要とされていないのではないか」と思ってしまいます。

やりがいがない

「仕事がつまらない」「何のために働いているのかわからない」このようにやりがいが感じられない時に必要とされていないと感じる傾向にあります。

自分がリーダーやマネージャーなどの立場でチームを牽引している場合や、自分しか扱えないシステムを運用しているなどの役割がある場合、いなければ困る存在となり、やりがいや自分の必要性を実感できるでしょう。

しかし、自分がいてもいなくても特に環境に影響がない場合、モチベーションが下がり転職を考えてしまうのも無理はありません。

いじめに遭っている

上司や先輩から冷たい態度を取られたり、ちょっとしたことで厳しく指摘されると、やる気がなくなる上に「自分はいない方がマシなのでは?」と思ってしまいます。

逆にどんなに大変な仕事でも、同僚と励まし合いながら仕事が進められたら、「頑張ろう」と思えますよね。1日の生活の大半は職場で過ごす方が多いと思うので、仕事内容よりも共に過ごす方々との人間関係の方が重要なのです。

「必要とされていない」と人間関係で感じた際の対処法

「必要とされていない」と人間関係で感じた際の対処法

日頃、人との関わり合いの中で、「必要とされていない」と感じたことがある方は、その後に何か自分を変えようと対策をしたことはあるでしょうか。

ここからは、必要とされるための対処法について解説するので、この機会にぜひ実行してみましょう。

自分から行動する

周囲に必要とされていないと感じる方の多くは、自分の気持ちや考えを心にしまい込み、自ら行動はしない受け身タイプの方が多い傾向にあります。そこで、まずは自分から行動する癖をつけることをおすすめします。

例えば、仕事で上司や先輩から指示を受けてから動くことが多い方は、積極的に仕事をもらいにいく姿勢を示し、自分がやってみたい業務を「私にやらせていただけませんか?」と自ら取りにいく気持ちで取り組みましょう。

また、「上司や夫(妻)からもっと信頼されたい」という目標があるのであれば、まずは相手の理解に徹し、その後に自分を理解してもらうスタンスでいましょう。

このスタンスを守っていると相手のことを自然と信頼できるので、ちょっとしたことで落ち込むことなく、気付かない間に相手から必要とされていることでしょう。

他人と比べる自分を許す

自分は必要されていないと感じる方は、気付かないうちに他人と自分を比べてしまっていないでしょうか。

  • あの同僚は周りから質問や相談をたくさん受けているのに自分は…
  • いつも相談事を受けるのはあの友人で、自分には誰も相談してくれない…

このように他人と自分を比べた時に、自分に劣等感を感じ、必要ないと感じてしまいます。しかし、誰しも他人のことは良く見えるものです。他人は自分とは異なる存在で、それぞれ持っているものが違うから当然です。

もしかすると慕われているあの人も実は周囲が気になって仕方なく、自分を押し殺して必要とされる人間を演じているのかもしれません。

一つのことに固執すると、そこから抜け出すのが大変になるので、一度冷静になって深呼吸し、気持ちに余裕を持って過ごしましょう。

自分が楽しむことを1番に考える

そもそも「必要とされていない」と周囲のことばかり気にしてネガティブになっても、周囲からしたら魅力ある人間には見えないでしょう。

そのため、まずは自分の心に余裕を持てるように、自分が楽しいと思えることを考えましょう。

自分が好きなものや楽しいと思えるものに没頭し、人生を謳歌することで、周囲も自然とあなたの魅力に気づき、自然と人が集まり、気付けば勝手に必要とされているのではないでしょうか。

「必要とされていない」と職場で感じた際の対処法

次に、職場において必要とされていないと感じた時の対処法についてみていきます。

「必要とされていない」のではなく「ニーズに合っていない」だけと考え直す

飲食店でコックとして10年働いていた人が調理場ではなく営業職を任されたら、ミスマッチの可能性が高いでしょう。

事務職プロ並みの経験をしてきた人が事務職初心者向けのマニュアルを作成したら、初心に戻れず重要なところを省いてマニュアルを作成するかもしれません。

このように「必要とされていない」のではなく、その場の環境と自分のニーズが合ってないと考えることで、気持ちを前に進められるかもしれません。

ただ、ニーズに関しては求められてみないと分からないものなので、そのためにも自ら考えて行動する癖をつけましょう。

自分が必要とされる環境に転職する

自分が“やりたい”ことと“できる”ことはイコールではありません。職人になりたくても手先が不器用であれば諦める他ありませんが、異常なまでにコミュニケーション力が高ければ営業職として成功できる可能性を秘めています。

もちろんやりたい仕事に就くことはモチベーションにつながるため良いことですが、今の環境で必要とされていないと感じる場合は転職を検討して職場環境を変えましょう。

もし、やりたい仕事がない場合や、自分がどのようなことで求められるのかわからない場合は、自分ができると思うことで、嫌じゃないことを探してみてはいかがでしょうか。

また、転職エージェントに相談するのもおすすめです。リクルートエージェントであれば、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、履歴書の添削&面接対策も徹底的にサポートしてくれるので、転職で人生逆転を狙えますよ!

\ 【実績No.1】独占非公開求人22万件以上! /

公式サイト:https://www.r-agent.com/entry

まとめ

ここまで、人が必要とされない理由や、その対処法についてみてきました。

幼少時代の育った環境やこれまでの行動の結果によって抱えている問題は違うかもしれませんが、他人からの評価を気にしたり、認められたいと感じるのは、人間として基本的に備わっている心理状態であり、むしろ健全な状態です。

ただ、それを気にしすぎると本来楽しいこともつまらなくなり、生きている理由さえも分からなくなってしまいます。「心に余裕を持つ」これが人に必要とされる一番の近道ではないでしょうか。

それでも「職場の人間関係で悩んでいる」「誰からも必要とされていない」と感じているのであれば、自分を必要としてくれる職場に転職することを検討してみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェントであれば、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、履歴書の添削&面接対策も徹底的にサポートしてくれるので、転職で人生逆転を狙えますよ!

\ 【実績No.1】独占非公開求人22万件以上! /

公式サイト:https://www.r-agent.com/entry

目次