ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2019年8月一覧次のニュース >>

[競技団体情報]
≪車いすダンススポーツ関係者の皆様へ≫2019 世界パラダンススポーツ選手権へのエントリーについて

19.08.07 2019:08:07:13:09:03

車いすダンススポーツの国内統括組織(NF)でした特定非営利活動法人日本車いすダンススポーツ連盟は

20197月に日本パラリンピック委員会(JPC)を脱会しました。

このため現在、車いすダンスを統括する国内の組織が不在で、選手強化および大会への選手派遣ができない状況です。

現在国内の複数の車いすダンススポーツに関わる団体が新連盟設立に向けて話し合いを続けている状況と

なっておりますのであわせてここにお知らせいたします。

この状況下においてJPCでは20191129日より開催されます2019 世界パラダンススポーツ世界選手権への

選手の参加の機会を失わないために、特別措置としてJPCにてエントリーの対応を行うこととなりました。

すでにエントリーの締め切りを過ぎている大会もありますが、大会組織委員会・世界パラダンススポーツ連盟(WPDS)との協議の上、

締め切りを以下の通り延長していただいています。

非常に限定的な条件での派遣となってしまいますが、諸状況を勘案した上での対応ですのでご理解いただけますと幸いです。

また、この取り扱いは2019 世界パラダンススポーツ世界選手権が終了致します201912月を限度としての取り扱いとなりますことを

ご了承ください。

参加を希望する競技者は以下をよく読みご準備をお願いします。

なお、必要書類をお送りいただいたからといって、出場が決定したわけではありませんのでご留意ください。

詳細につきましては必要書類をご提出いただきました皆様に別途ご連絡差し上げます。

今回の措置を取ったのは、このような状況でも世界選手権に競技者を派遣することが、

将来の車いすダンススポーツの発展につながるということをJPCが信じているからです。

申請される皆様は、日本代表として世界選手権大会に参加する意味をよくご理解いただいた上で申請していただければ幸いです。

 

1.2019 世界パラダンススポーツ選手権出場のための前提条件

 世界選手権への出場につきましては各国とも参加競技者のうち70%が世界選手権までにWPDS公認大会に出場している必要があります。

今回、唯一の機会として2019920日(金)~22日(日)に台湾で開催される"Beigang 2019 Para Dance Sport Open"がこれに該当します。

このため、"Beigang 2019 Para Dance Sport Open"につきましても、世界選手権大会に出場する予定の競技者を対象とし、

併せてJPCにてエントリー手続きを行なうことといたします。

出場希望の選手・パートナーの皆様は以下の条件をお読みになり、必要書類を整えた上でJPC818日(日)必着で

ご送付いただきますようお願い致します。

いずれの大会につきましてもWorld Para Dance Sportの定める基準に満たない場合は出場が出来ませんので

了承いただきますようお願い致します。

 

【参加資格および条件】

1 2019IPC選手登録(20198月より20191231日まで)を行うこと

 *次の要件を満たす競技者・競技パートナーについてJPCよりIPC登録を行います

   競技者a) b)いずれの要件も満たすこと

   a) 過去にIPC登録を行なったことのある者 

   b) 過去に国際クラス分けを受けたことのある者。

        クラス分けステイタスはCまたはRとする。

       (重要)いずれの競技者も再クラス分けの対象となった場合には医療情報の記載された 

       MDFMedical Diagnostics Form:クラス分けのための診断書)等の準備が必要となる場合があります。

   競技パートナー

   障がいのある競技者が上記の条件を満たしている場合、競技パートナーは新規登録者でも構いません。

 

2   提出書類

    • パスポートコピー(有効期限が2020年3月1日以降であること)

    • 顔写真

    • IPC Athlete Eligibility Agreement

    • 必要事項をご記入いただいたエントリーフォーム

    • 大会の参加要項を必ずご確認ください

    • 世界選手権のエントリーにつきましては台湾大会の手続き後改めて行ないます。

    • チェックリスト(確認した事項に☑をつける)

【その他条件】

    • IPC登録費は自己負担とします (金額(約30,000円)は登録人数によって按分するため、後日確定)

    • 大会参加に関する一切の費用は自己負担とします

    • 今回の本大会への派遣は世界選手権大会参加を前提としたものですので、世界選手権への参加を考えていない方、WPDS公認の部以外の種目にエントリーされる方についてはお引き受け致しかねます。悪しからずご了承ください。

 

2.ボン 2019 世界パラダンススポーツ選手権大会へのエントリー

【参加資格および条件】

    1. 2019年IPC選手登録が完了している者

    2. 国際クラス分け、クラス分けステイタスがCまたはRのもの(重要)いずれの競技者も再クラス分けの対象となった場合には医療情報の記載されたMDFMedical Diagnostics Form)等の準備が必要となる場合があります。

    1. Beigang 2019 Para Dance Sport Openに出場した者

【提出書類】

    • 必要事項をご記入いただいたエントリーフォーム

    • 大会の参加要項を必ずご確認ください

    • 世界選手権のエントリーにつきましては台湾大会の手続き後改めて行ないます。

    • チェックリスト(確認した事項に☑をつける)

【その他条件】

    • 大会参加に関する一切の費用は自己負担とします

    • 規則により、1か国からのエントリーは1種目につき3組までと定められていますので、同一種目に4組以上のエントリー希望があった場合は、"Beigang 2019 Para Dance Sport Open"でのポイントが高い順に3組を選考することとします。

 

~問い合わせ~

本件のお問い合わせにつきましてはメールのみの対応とさせていただきます。

以下のメールアドレスへご連絡をお願いいたします。

jpc99@jsad.or.jp



1_世界選手権大会要項.pdf

2_台湾大会要項.pdf

3_台湾大会エントリーフォーム.pdf

4_IPC Eligibility Agreement.pdf