Canoe/カヌー

競技概要

2016年リオ大会からパラリンピックの正式競技となった。脳性麻痺や切断など下肢に障がいのある選手が出場し、肩と腕の機能のみで漕ぐL1クラス、胴体や腕を使って漕ぐL2クラス、体幹が効き、腰や胴体、腕を使って漕ぐL3の3つのクラスに分かれて競技を行う。使用する艇は競技用カヤックと、片側にアウトリガー(浮力体)のついた競技用ヴァーの2種類で、カヤックを表す「K」またはヴァーを表す「V」をクラスの前につけて表記する(例:カヤックのL1クラスは「KL1」)。パラリンピックでは200mスプリント種目のみが行われ、直線200mを漕ぐ速さを競う。

対象障がい

肢体不自由

競技の紹介

関連リンク