Taekwondo/テコンドー

競技概要

2020年東京大会からパラリンピック正式競技として行われるテコンドー。キョルギ(組手)のみが実施され、上肢の切断や機能障がいのある選手が出場する。障がいの程度によるクラス分けに加えて、体重別で試合が行われる。決まった蹴り技によってポイントが変動し、通常の有効な蹴りは2点、180度回転が加わった後ろ蹴りは3点、360度回転による蹴りは4点となる。基本的なルールは一般と同じだが、蹴り技のみがポイントとなり、手での打撃はポイントにならないことや、頭部への蹴りは反則になるなど一部ルールを変更している。

対象障がい

上肢に障がいのある肢体不自由

関連リンク