ニュース

▼カテゴリー毎の最新月一覧ページを表示
全てウィルチェアーラグビーゴールボール大会関連水泳

ウィルチェアーラグビー: 2017年5月のニュース一覧

<< ウィルチェアーラグビー: 2017年4月最新月

  • 17.05.292017:05:29:12:48:07

    [ウィルチェアーラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 レポート

     2017年度のジャパンパラ競技大会が始まった。リオパラリンピックが終了し、2020年東京パラリンピックに向けて一層日本国内を盛り上げていきたい状況だ。今大会のウィルチェアーラグビー競技大会は、リオパラリンピックで銅メダルを獲得した日本チームをさらに強化していくべく、同大会で金メダルを獲得したオーストラリア、銀メダルのアメリカを招聘し、世界トップ3における戦いを繰り広げた。また、日本はケビン・オアーヘッドコーチを迎え、どのような戦いをするのか注目が集まっていた。   今年も千葉ポートアリーナで熱い試合が見られた  大会は千葉ポートアリーナで5月25日~28日の4日間開催され、最初の3日間は予選リーグとして総当たり戦を3周行い、その予選リーグ2位と3位による3位決定戦と1位と3位決定戦の勝者による決勝戦を行った。 オープニングゲームの日本対アメリカは、いきなり世界の強さを体感する試合となった。日本は前半からアメリカの強固な守備に遭いジリジリ離されて24-29の5点差を奪われる。後半、一時、点差を縮めたものの44-51で惜敗。その次のオーストラリア戦は60-41で快勝し、初日の戦いを終えた。その後も予選リーグの試合が行われ、アメリカがそのまま強さを見せて5勝1敗の1位、日本はオーストラリアには3戦3勝したもののアメリカには接戦の末に敗れる試合が続き、3勝3敗で2位となった。オーストラリアは1勝5敗の3位となり、3位決定戦は日本対オーストラリアの対戦に決まった。 日本の新HCに就任したアメリカ人のケビン・オアー氏 日本のエース・池崎大輔はスピードで何度もディフェンスを振り切った  3位決定戦は世界最強のプレーヤーとの呼び声が高いライリー・バットが怪我で欠場したこともあり、日本が全ピリオドでオーストラリアからリードを奪い、69-55で快勝した。決勝戦、今大会で一度もアメリカに勝てていない日本はホームの声援を背に奮闘。前半を同点で折り返すと、後半も接戦が続いて第3ピリオド終了時、38-37でアメリカがわずか1点のリードという息をのむ展開となった。そして残り0.6秒、アメリカが1点リードしている状況で日本がインバウンドから最後の攻撃をしかける。池透暢のロングパスを池崎大輔と羽賀理之がキャッチしようと試みるが叶わず、わずか1点差の悔しい敗戦となった。 アメリカは日本のプレッシャーをかいくぐり、ミスなく得点を決めていった 好ゲームに客席から送られた拍手に応える日本選手 今大会で抜群の安定感を誇ったアメリカが優勝を果たした  日本は準優勝に終わったが、激しく見ごたえのある戦いに会場からの大きな拍手が行われた。観客を魅了したジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会だったが、次回は8月4日~6日に同会場でジャパンパラゴールボール競技大会が行われる。
  • 17.05.282017:05:28:16:50:23

    [ウィルチェアーラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 決勝戦結果

    ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の全日程が終了しました。 Game11・決勝戦 JPN 51 VS USA 52     今年のジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会を締めくくる一戦は、世界最高峰の戦いにふさわしい勝負となった。 互いにゆずらない展開で得点が拮抗する中、一点差ビハインドで最後の攻撃に挑む日本には、わずか4秒しか時間が残されていなかった。前線へパスを出し、タイムアウトを取った時点で残り時間は0.6秒。最後の一球にすべてを賭けてゲームクロックは動いた。池のロングパスはゴールライン間際にいた羽賀の手におさまる。すぐさまゴールラインを越えていこうとしたが、無情にもゲーム終了を告げるブザーが鳴り響いた。 わずか1秒にも満たない残り時間の中で、最後まで勝負がどう決着するかわからない、今大会もっとも白熱した勝負となりました。 残念ながら準優勝という結果に終わった日本代表チームですが、今大会で非常に大きい経験値を得ることができました。初めて日本代表に選ばれた選手たちも活躍し、今後より一層の強化が期待できる大会となりました。
  • 17.05.282017:05:28:12:15:42

    [ウィルチェアーラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 決勝戦進出決定戦(三位決定戦)結果

    ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の決勝戦進出決定戦が終了しました。 Game10(三位・決勝進出決定戦) JPN 69 VS AUS 55     オーストラリアはライリー・バットが負傷により、最大のポイントゲッターを欠いた状態での試合となった。 日本は攻めては危なげなく順調に得点を重ねていき、守ってはパスカット、相手の反則を誘い、ターンオーバーを量産。大差で勝利をおさめ、決勝戦進出を決めた。 決勝戦は日本 VS アメリカ。13時開始となります。 決勝戦はUstreamにて動画生配信をおこないます。会場まで来れない方は、生配信で応援をお願いします! Ustream:http://www.ustream.tv/channel/CYWL2Ltcvtu JPSA公式SNS Facebook:https://www.facebook.com/jpsasports/   Twitter:@jpsa_sports
  • 17.05.272017:05:27:15:32:16

    [ウィルチェアーラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 3日目結果

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の三日目が終了しました。 Game7 JPN 54 VS AUS 50     世界NO.1のオーストラリアとの予選最終戦。安定した試合運びで、予選リーグのオーストラリア戦を全勝で終えた。 Game8 JPN 50 VS USA 51     アメリカとの予選最終戦。試合終盤はプレッシャーを与えるディフェンスで逆転を狙ったが、一点差で敗れる。この結果をもってアメリカの決勝戦への進出、日本の三位決定戦への進出が決まった。 Game9 AUS 51  VS USA 56    予選最下位がすでに決まっていたオーストラリアは、世界最強プレーヤーの誉れ高いライリー・バットを温存。アメリカもポイントゲッターのチャールズ・アオキを酷使はせずに勝負する。オーストラリアはイージーなミスも目立ち、アメリカが勝利した。   体験会には各国の代表選手が参加。海外選手のタックルを受ける機会はなかなかないので、参加したみなさんにもご好評いただけました。 本日までの勝敗は、 USA 5勝1敗 JPN 3勝3敗 AUS 1勝5敗 明日28日は三位決定戦が日本 VS オーストラリア、その勝者が決勝戦でアメリカと戦います。三位決定戦は10時から。ぜひ会場で日本チームにエールを送り、決勝戦進出、優勝に挑戦する後押しをしてください! 三位決定戦、決勝戦はUstreamにて動画生配信をおこないます。会場まで来れない方は、生配信で応援をお願いします! Ustream:http://www.ustream.tv/channel/CYWL2Ltcvtu JPSA公式SNS Facebook:https://www.facebook.com/jpsasports/   Twitter:@jpsa_sports
  • 17.05.262017:05:26:18:11:13

    [ウィルチェアーラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 2日目結果

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の二日目が終了しました。 Game4 USA 59 VS AUS 60    世界トップ2の頂上決戦は、一進一退の攻防の展開に。ゴールが早かったか、ブザーが鳴るのが早かったかというきわどいタイミングでオーストラリアが勝利しました! Game5 JPN 61 VS AUS 59     千葉市内の小中学生1300人の歓声に背中を押され、世界NO.1のオーストラリアを接戦の末に勝利をおさめた日本! Game6 JPN 48 VS USA 49   今大会好調のアメリカとの二戦目。一瞬のミスが命取りになるシーソーゲームに惜敗。 本日までの勝敗は、 USA 3勝1敗 JPN 2勝2敗 AUS 1勝2敗 明日27日は決勝に上がるチームを決める、予選リーグ順位決定戦となります。試合開始は10時からです。 JPSA公式SNS Facebook:https://www.facebook.com/jpsasports/   Twitter:@jpsa_sports
  • 17.05.252017:05:25:20:05:28

    [ウィルチェアーラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会 1日目結果

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の初日が終了しました。 Game1 JPN 44 VS USA51  Game2 AUS58 VS USA59  Game3 AUS41 VS JPN60 USA 2勝 JPN 1勝1敗 AUS 2敗 明日26日Round2スタートです。 JPSA公式SNSで試合の速報や様子をご覧下さい。 Facebook:https://www.facebook.com/jpsasports/   Twitter:@jpsa_sports
  • 17.05.222017:05:22:17:00:00

    [ウィルチェアーラグビー]

    ボランティアのご協力で会場設営をしました

        JPSAオフィシャルパートナー、国際武道大学にボランティアのご協力をいただき、会場設営をおこないました。 競技コートができあがると、いよいよ大会が始まるという雰囲気が高まってきます。 2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会は今週木曜日25日から! 会場でお待ちしております!!
  • 17.05.192017:05:19:20:37:59

    [ウィルチェアーラグビー]

    千葉市立千草台中学校で交流キャラバンを実施しました

        千葉市立千草台中学校で、2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会交流キャラバンを実施しました。 1年生53人が競技用車いすに乗り、車いす操作、タックル、ミニゲームを体験。さらに選手たちがウィルチェアーラグビーを通して得たもの、諦めないことの大切さを講話してくれました。 実際に競技体験してみることで、見ているだけではわからない競技のおもしろさ、難しさを感じてもらえたと思います。 生徒たちは26日(金)13時からの日本対オーストラリア戦の観戦に来てくれます。会場で一体となった声援で、日本代表チームの背中を押してくれることでしょう。
  • 17.05.192017:05:19:12:00:00

    [ウィルチェアーラグビー]

    フクアリでおなじみの喜作のソーセージがジャパンパラで食べられます!

    サッカーファンにはおなじみかもしれません、フクダ電子アリーナ名物・喜作のソーセージが2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会会場に出張出店します! 出店は27日(土)、28日(日)の二日間。ソーセージのほかにも、肉巻きおにぎりや焼きそばなど軽食を販売。ビール、ソフトドリンクの販売もあります。 会場内は飲食可能なので、ビールとウィンナーを食べながら、ウィルチェアーラグビー観戦をお楽しみいただけます! 名物の「タッパー盛り」ももちろん実施。タッパーをご持参いただければ、通常よりも多く盛るサービスです! 観ておもしろい、食べて飲んでおいしい、一度で二度楽しい体験をジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会でぜひ!!
  • 17.05.182017:05:18:16:45:30

    [ウィルチェアーラグビー]

    NHK第1ラジオ「NHKジャーナル」でジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会が紹介されます

    本日18日(木)22時のNHK第1ラジオ「NHKジャーナル」で、2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会が紹介されます。 出演は長年パラスポーツを取材している、ジャパンパラ競技大会も常連のジャーナリスト星野恭子さん。 放送はNHKネットラジオ「らじる らじる」でもお聞きいただけます。 http://www3.nhk.or.jp/netradio/player/index.html?ch=r1&area=tokyo (らじる らじる) お聞き逃しなく!
  • 17.05.172017:05:17:16:05:00

    [ウィルチェアーラグビー]

    2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の取材案内

    2017年5月25日(木)から5月28日(日)までの四日間、千葉ポートアリーナにて2017ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会を開催いたします。 本年はリオパラリンピックで金メダル、銀メダルを獲得したオーストラリア、アメリカを招き、銅メダルを獲得した日本を含んだ世界ランキングトップ3の三つ巴戦が繰り広げられることとなります。 また、5月23日(火)には公式練習を取材公開いたしまして、新たにヘッドコーチに就任したケビン・オアー氏、日本代表チームキャプテンの池透暢選手など、囲み取材の対応をさせていただきたく考えております。 取材を希望される報道関係者の方は、下記「取材申込書」に必要事項を記入し、公開練習取材は5月22日(月)まで大会取材は5月24日(水)まで FAX(03-6324-6033)まで申請をお願いいたします。 2017JPWR取材申込書.pdf
  • 17.05.162017:05:16:20:58:26

    [ウィルチェアーラグビー]

    千葉敬愛高校ダンス部が三位決定戦、決勝戦を応援!

    今年のジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会の最終日、三位決定戦と決勝戦に、千葉敬愛高校のダンス部が応援に駆けつけてくれることが決まりました!千葉敬愛高校ダンス部は全国大会の常連校で、今年両国国技館で開催された全日本高校生ダンス部コンぺティションでは準優勝した実力校。三位決定戦、決勝戦のハーフタイムでダンスを披露してくれます。世界トップレベルのウィルチェアーラグビーとともに、高校トップレベルのダンスも楽しめるこの機会をお見逃しなく!