月別一覧へ / カテゴリー毎の一覧へ ▶

メディア関連

大会関連

選手団関連

<<前のニュース最新月次のニュース>>

銀メダルの広瀬が代表引退の意向 パラ柔道帰国会見で

16.09.142016:09:14:10:31:19

大会関連

リオデジャネイロ・パラリンピックで銀1、銅3のメダルを獲得した柔道の日本代表が14日、成田空港に帰国し、男子60キロ級銀メダリストの広瀬誠(愛知県立名古屋盲学校教)が「最高の形で引退できる。感謝の気持ちでいっぱい」と代表を退く意向を示した。39歳の年齢などを理由に挙げ、2020年東京大会は「何かしらの貢献ができれば」と話した。
 日本柔道女子初のメダルを57キロ級3位で獲得した広瀬順子(伊藤忠丸紅鉄鋼)は「今の自分に出せる精いっぱいの力は出せた」と振り返った。男子100キロ超級で銅メダルの正木健人(エイベックス)は「東京大会では金メダルを取りたい」。

2016091401001804.jpg 記者会見を終え、獲得したメダルを持つリオ・パラリンピック柔道代表の(左から)藤本聡、広瀬誠、正木健人、広瀬順子=14日午後、成田空港

ページトップへ