judo/柔道

競技概要

視覚障がいの選手による柔道。競技は障がいの程度ではなく、体重別に男子7階級、女子6階級で行われる。ルールは「国際柔道連盟試合審判規定」及び「大会 申し合わせ事項」に準じている。ただし、選手が互いに組んだ状態から主審が「はじめ」の合図をしたり、試合中に選手が離れた場合は主審が「まて」を宣告して試合開始位置に戻るなど、一部改正が加えられている。視覚障がいの選手も段位は健常者と同様に取得する。

対象障がい

視覚障がい

関連リンク