sitting-volleyball/シッティングバレーボール

競技概要

シッティングバレーボールは、床に臀部(お尻)の一部をつけたまま行う6人制のバレーボール。ボールは公認のバレーボール球を使用するが、コートの広さは 一般のバレーボールコートよりも狭く(サイドライン10m、エンドライン6m)、座位で行えるようネットの高さも低く設定されている(男子1.15m、女子 1.05m)。試合は国際バレーボール競技規則に準じてラリーポイント制・5セットマッチ(3セット先取で勝利)で行われる。サーブ、ブロック、スパイクなどの際は、立ち上がったり飛び跳ねたりして床から臀部を浮かしてはならないが、レシーブの際だけ短時間の臀部の離床が認められている。

対象障がい

肢体不自由

競技の紹介

関連リンク