Wheelchair Curling/車いすカーリング

競技概要

車いすカーリングは、車いす使用者によるカーリングで、スウィーピング(ブラシで掃くこと)は行わず、助走することなく手またはキュー(棒状の補助具)を使ってストーンをリリースすることが特徴。試合は2チームによる対戦形式で、1チームは4名で女子選手を必ず入れなければいけない。1試合は8エンドで、1エンドにつき各選手2個ずつストーンが与えられ、各チーム交互にハウスと呼ばれる円に向かってストーンを滑らせる。各エンドの勝敗は、ストーンをハウスの中心に最も近づけたチームが勝ちとなり、ハウスから最も近い敗けチームのストーンよりも内側にある勝ちチームのストーンの数が得点となる。これを8エンド繰り返し、総得点で勝敗を決める。

対象障がい

下肢に障がいのある肢体不自由