美容看護師になるには?独自調査から判明した必要なスキル&資格を完全まとめ!

美容看護師になるには

既に看護師として働いている人、看護師資格取得に向けて勉強に励んでいる人の中には「美容看護師になるにはどうしたらいいの?」「看護師以外に資格が必要か」など、美容看護師を目指したいと思っている人も多いでしょう。

美容看護師は、ある程度の臨床経験の他に、看護師ではあまり必要ない専門知識や接客スキルが求められるので、看護師資格があれば誰でも簡単になれるというわけではありません。

ただ、美容看護師を目指すための準備をしっかりすることで、確実に道は開けます。

この記事では、美容看護師の特徴やメリット・デメリット、必要なスキルなどについて解説するので、美容師看護師に興味がある人は一読必見です。

最速で美容看護師になりたいなら
「看護roo!」がおすすめ!

看護roo!(看護ルー)なら独占レア求人を多数掲載中!
● 看護roo!は利用者満足度96.3%&10年以上の運営実績を誇る看護師転職サイトで、東証プライム上場の「株式会社クイック」が運営しています。
● 最大の魅力は、ネットに載っていない病院の内部情報を入手できることです。短所や実際に働いている人の本音も教えてくれるので、転職後のミスマッチを回避できます。
● 看護師転職に特化したキャリアアドバイザーが履歴書の添削や面接対策、退職サポートや条件交渉まで徹底サポートしてくれます。
● 2024年3月現在、年収600万円以上や年間休130日以上などの独占非公開求人を豊富に取り揃えています!完全無料で使えるので、人気の求人が埋まってしまう前に急いで登録することをおすすめします!

\ 【圧倒的No.1】高待遇の独占非公開求人多数! /

公式サイト:https://www.kango-roo.com/entry

目次

美容看護師の仕事内容!美容皮膚科・美容外科の違いも解説

「美容看護師は給料が高い」「看護師とは仕事内容が全然違う」など、美容看護師に対するイメージは人それぞれあると思いますが、美容皮膚科や美容外科などのクリニックは立派な医療機関です。

そのため、当然ながら看護師資格などの医療に関する資格を保有していることが基本条件です。

ここでは、美容看護師の仕事内容について解説し、美容皮膚科と美容外科の違いについても触れていくので、思い描いているイメージと乖離がないか参考にしてください。

看護師の基本的な仕事

美容看護師の仕事の説明の前に、まずは美容皮膚科と一般病棟の違いについて簡単に触れておきます。

そもそも、一般病棟は怪我や病気を抱えた患者さんが“治療”を目的としているのに対し、美容皮膚科は患者が綺麗になるための“美容”を目的としていることが主です。

そのため、美容皮膚科には一般病棟では絶対的に必要な医療知識よりも、美容に対する興味関心や美容知識が必要不可欠であり「患者」というよりも、役務提供を受ける「お客様」という感覚に近いので、接客スキルも必須能力と言えます。

また、美容看護師の働き方は病棟勤務というよりも、内科や外科クリニックのような働き方に近く、夜勤や残業が発生しにくいのが特徴です。

基本的に、美容クリニックは予約制であることが多く、仕事帰りに立ち寄る人に向けて午後8時や9時頃までの営業が多いです。

次に、美容皮膚科で働く美容看護師の主な仕事内容についてですが、主な仕事内容は以下が挙げられます。

美容看護師(美容皮膚科)の主な仕事内容
  • 受付業務と患者さんの予約管理
  • 患者さんのカウンセリング
  • 注射やレーザー治療などの施術
  • 院内清掃や滅菌業務
  • 患者さんのアフターケア
  • 院内に置く広告や冊子作り

それぞれ見ていきましょう。

受付業務と患者さんの予約管理

少人数規模の美容クリニックの場合、受付対応や電話対応、患者の予約管理を行います。

受付や電話対応はクリニックの顔になるので、患者さんに不快な思いをさせない接客スキルが必要です。

また、PCやタブレットを利用して予約が被らないように管理するのも美容看護師の仕事なので、事務的なスキルも求められます。

患者さんのカウンセリング

美容皮膚科では、患者さんが施術に入る前に「どのような肌トラブルで悩んでいるのか」「患者さんの希望が何か」をカウンセリングします。

その上で、患者さんに適した施術コースや効果の説明、金額の説明などを行います。

美容クリニックでは、患者さんのリアルな口コミや評判が売上に大きく影響するので、患者さんが気持ちの良い接客を心がけなければなりません。

注射やレーザー治療などの施術

医療脱毛やヒアルロン酸注射などの施術を行うのも美容看護師の仕事です。

もちろん、医師が担当するものもありますし、全てを看護師が行うということはありません。

基本的には、医師の指示のもと、対応できる施術を看護師が対応する流れになります。

院内清掃や滅菌業務

美容クリニックは「美」を意識している人々が訪れる場所なので、常に清潔で綺麗な院内を心がける必要があり、院内清掃も看護師の重要な役割の一つです。

施術に使うタオルの洗濯はもちろん、クリニックによってはアロマを焚いたり、花を飾ったりすることもあるので、常に美的センスを持つ必要があります。

患者さんのアフターケア

美容皮膚科に通う患者さんは肌のトラブルにデリケートで、通っている間は不安な気持ちでいっぱいですよね。

施術後の肌荒れや湿疹などの症状を常に把握し、医師への正確な情報共有を行なったり、不安でいっぱいの患者さんの心のケアをしてあげたりするのも美容看護師の重要な仕事です。

院内に置く広告や冊子作り

美容クリニックでは、新規やコースのキャンペーンなど、新サービスの宣伝のためのチラシやパンフレットを作成するケースもあります。

「看護師の仕事じゃないのでは?」と思うかもしれませんが、これも立派な仕事なので、柔軟な対応能力も必要と言えるでしょう。

美容皮膚科と美容外科の違い

同じ「美容クリニック」と一括りにされがちな2種類ですが、内容が異なります。

美容皮膚科は主に肌トラブルをケアしたり、さらに美しくしたりする目的があります。一方、美容外科は顔面を整形したり脂肪吸引などの手術を行ったりします。

美容外科の場合、看護師一人で手術することはなく、医師の手術を介助するのが主な役割です。

美容看護師になるメリット・デメリット

美容に興味がある看護師にとって、美容看護師は「夢のような職業」かもしれませんが、美容看護師にはデメリットもあります。

そこでこの章では、美容看護師になるメリット・デメリットについて見ていきます。

美容看護師になるメリット

美容クリニック看護師には、以下のようなメリットがあります。

美容看護師になるメリット
  • 夜勤がない
  • 急変や救急対応がない
  • 残業が少ない
  • 給料が高い
  • 仕事をしながら美容知識・技術を身につけられる
  • 接客スキルが身につく

基本的に美容クリニックは急変や救急対応が発生しないので夜勤がなく、生活リズムが崩れることがありません。

ワークライフバランスを保ちやすく、心身ともに健全に過ごせるのは美容看護師の大きなメリットと言えます。

また、美容クリニックは一般病棟とは異なり自由診療がメインなので、患者さん一人当たりの単価が高く、安定した収益を上げているクリニックであれば給料が高いという特徴があります。

規則正しい生活を送りながら高い給料がもらえる可能性が高く、美容知識や技術を身につけられるとなれば、美容にこだわりを持つ人にはメリットばかりなのではないでしょうか。

\ 【圧倒的No.1】高待遇の独占非公開求人多数! /

公式サイト:https://www.kango-roo.com/entry

美容看護師になるデメリット

美容看護師には魅力的なメリットがある一方で、以下のようなデメリットがあります。

美容看護師になるデメリット
  • 最新の看護スキルが身につかない
  • 身につけた看護スキルがなくなる可能性がある
  • 自分自身を美容の観点で磨き続けなければならない
  • 美容クリニックでの経験が看護師経験とみなされないことがある
  • 高度な接客スキルが求められる場合がある
  • ノルマがあるクリニックがある

美容看護師は患者さんの治療や処置をするわけではないので、看護師に必要な看護スキルが身につけられないというデメリットがあります。

一般病棟などからすると、美容看護師としての経験は看護師としてのキャリアとみなされない可能性があり、一度美容看護師としてキャリアを積むと、一般病棟の看護師に転職するハードルが高くなります。

また、美容クリニックは患者さんに対する接客を丁寧に行う傾向があり、クリニックによっては新しいメニューの提案やコース提案をして売上ノルマを課されるケースがあるので、高度な接客スキルや営業力が必要な場合があります。

さらに、美容看護師として働く上で、自分自身が美しくなければクリニックの顔に泥を塗るようなものです。そのため、美しくなる努力をし続けなければならないことをストレスに感じる人もいるかもしれません。

美容ナースになるにはスキル・資格が必要

「結局、美容看護師になるには何が必要なの?」という人のために、ここでは美容看護師になるために必要なスキルや資格について紹介します。

美容看護師に必要なスキル・資格
  • 看護師または准看護師の資格
  • 一定以上の臨床経験
  • 穿刺スキル
  • 機械操作や美容整形手術の介助

それぞれ見ていきましょう。

看護師または准看護師の資格

美容クリニックは「治療」ではなく「美容」を目的としていますが、病院と同じく医療機関に変わりありません。

そのため、無資格で美容看護師にはなれず、国家資格の「看護師」か、都道府県知事が発行する「准看護師」の資格が必要です。

看護師と准看護師は仕事内容はほぼ同様であるものの、准看護師の場合は医師や看護師の指示のもとでしか行えない業務があったりするなどの制約があります。

そのため、最終的に仕事の幅を広げたいという人は看護師資格を目指すのが妥当でしょう。

一定以上の臨床経験

「看護師有資格者で看護師経験ゼロ」と「看護師有資格者で看護師経験3年」の人がいたとすると、どちらが採用時に有利になるでしょうか。その答えは「経験者」です。

美容看護師は治療の機会が少ないとはいえ、ある程度の臨床経験を積んだ看護師の方が有利であることは間違いないので、一定の臨床経験が必要です。

穿刺スキル

美容看護師に臨床経験が必須として求められるのは、美容クリニックにも美容注射や美容点滴などの穿刺スキルが必要だからです。

したがって、将来的に美容看護師を目指したい看護師は、まずは臨床経験を積むことを念頭に置いてキャリアプランを立てると良いでしょう。

機械操作や美容整形手術の介助

美容クリニックでは、脱毛機器や美顔器などを使用する機会が多いため、あらかじめ操作の経験があると優遇されます。

しかし、一般病棟には美容機器はないので、臨床経験があっても機械操作に慣れている人はいないでしょう。

そういう意味では働いてから操作に慣れていけば良いと言えます。

また、看護師としてある程度の経験を持っていれば処置や手術の介助経験を得られるので、美容整形手術の際に活かせるでしょう。

美容クリニック看護師に向いている人の特徴

これまで美容看護師に必要なスキルやメリット・デメリットについて紹介してきました。

そこでこの章では、結論としてどのような人が美容看護師に向いているのかまとめていきます。

美容看護師に向いている人
  • 美容への興味関心がある
  • 接客スキル・コミュニケーション能力がある
  • エステティシャンの資格がある
  • 語学力がある

自分自身がこれらの項目に当てはまっていて「自分向いてるかも」と思う人は、是非美容看護師に挑戦してみてはいかがでしょうか。

美容への興味関心がある

美容に興味がない人が、常にファッションやトレンドを気にしながら自分自身の美意識を保ち続けるのは苦痛でしょうし、美容への興味関心がなければ患者さんに寄り添った接客や施術を行うのは難しいでしょう。

そのため「夜勤がないから」「病院よりも楽そうだから」「給料が高いから」など転職理由が美容クリニックと関係ない場合、転職後にストレスを感じ「こんなはずじゃなかった」と早期退職につながるリスクがあります。

また、患者さんへのカウンセリングをして、その人のメイクやファッションに合わせたメニューを提案するのも美容看護師の仕事なので、美容への興味関心を持っておくに越したことはないでしょう。

接客スキル・コミュニケーション能力がある

美容クリニックは自由診療であることがほとんどで、施術メニューは決して安くありません。

「初回カウンセリングに来てみただけ」という人も多くいる中で、患者さんに最適なコースを提案し契約に結び付けなければならないので、患者さんの心を掴む接客スキルやコミュニケーション能力が必要になってきます。

クリニックによってはあらかじめノルマが課せられており、ノルマが達成できないと給与に影響する可能性や、契約を取れば取るほどインセンティブが支給されるケースもあるので、営業的な内容に抵抗がない人には向いているでしょう。

エステティシャンの資格がある

美容知識のアピールとして、エステ関連の資格を持っていると転職時に有利に働く可能性が高いです。

中でも、エステティシャンは資格を取得するまでかなりの美容知識や技術を習得しなければならないため、保有しているだけで美容知識を持っているアピールになるでしょう。

語学力がある

日本の美容技術は海外でも注目されているので、外国人が来院するケースが多くあります。

そのため、英語などの語学力を習得していると転職時に有利になるでしょう。

また、美容用語は専門的な言葉も多いので、施術内容や効果について正しく説明できる語学力があると契約を獲得しやすく、クリニックで重宝される存在になること間違いありません。

\ 【圧倒的No.1】高待遇の独占非公開求人多数! /

公式サイト:https://www.kango-roo.com/entry

美容看護師になるには評判の良い転職サイトを利用しよう!

「美容看護師の求人はどうすれば見つけられるの?」といった悩みを持つ人のために、美容看護師の転職におすすめの転職サイトを紹介するので、是非参考にしてください。

順位転職サイト総合評価求人の質・数満足度
1位看護ルー
(約38,000件)
2位レバウェル看護
(約153,000件)
3位看護師ワーカー
(旧 医療ワーカー)

(約30,000件)
2024年3月現在

1位 看護ルー(看護roo!)【利用者数No.1 】

看護roo!(看護ルー)

看護ルーは2009年より運営しており、これまで十万人以上の看護師の転職サポートをしてきた転職サイトです。

看護ルーは東証プライム上場企業の株式会社クイックが運営する信頼できる転職サイトで、利用者満足度96.3%という高満足度を誇っています。

求人については「年収600万円以上」「年間休日130日以上」など、優良求人を多数保有しており、掲載施設についても「大病院」から「美容クリニック」に至るまで安定的に保有しています。

したがって、まずは看護ルーに登録し、求人検索して情報収集しながら転職に向けた準備を進めることをおすすめします。

\ 【圧倒的No.1】高待遇の独占非公開求人多数! /

公式サイト:https://www.kango-roo.com/entry

2位 レバウェル看護

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

レバウェル看護は、2009年からサイト運営している「看護のお仕事」がサイト名を改めてスタートした転職サイトです。

レバウェル看護の特徴は、圧倒的な求人数を誇っており、全国10万件を超える求人の中から自分に合った求人を探せることでしょう。

例えば、正社員や派遣社員などの雇用形態も柔軟に保有しているので、働き方から求人を探すことができます。

また、そもそもの求人数が多いので、他の施設よりも母数が少ない美容クリニック求人も見つけやすいでしょう。

\ 【求人数No.1】アドバイザーも丁寧! /

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/entry

3位 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)は、厚生労働省から正式に許可を受けて運営している転職サイトです。

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)は、日程調整や条件・給与交渉も全てキャリアアドバイザーにお任せできるため、「給料や配属先、勤務開始日の希望を正直に伝えるのは気が引ける」という方にもおすすめです。

また、看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)に会員登録することで、経営方針や美容医療に関する知識を1から学ぶことができるかどうかなど、サイト上で求人を見るだけでは分からないポイントも教えてもらえます!

完全無料で利用できるので、是非看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)に登録してみてくださいね!

\ 転職成功者年間10,000人突破! /

公式サイト:https://iryouworker.com/entry

まとめ

この記事では、美容看護師の特徴やメリット・デメリット、必要なスキルなどについて解説してきましたが、参考になったでしょうか。

美容看護師を目指すには、ある程度の臨床経験と「看護師」か「准看護師」の資格が必須で、他に特別な資格は必要ありませんが、代わりとして「美容に興味がある」「美容関連の資格を持っている」など、美容に関する意識が必要です。

また、美容看護師は夜勤がなく給与が高いなどのメリットがありますが、同時に最新の看護スキルが身につかず、医療に関する知識や経験も落ちていくというデメリットもあると分かりました。

しかしながら、美容皮膚科や美容外科などのクリニックは立派な医療機関なので自信を持って挑戦してみましょう!

なお、この記事を読み、実際に「看護ルー」「レバウェル看護」「看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)」など看護師に特化した転職サイトを利用することで、自分自身が思い描くキャリアを実現できる可能性が高まります。

是非、看護師として後悔のない就職・転職を実現させてください!

\ 【圧倒的No.1】高待遇の独占非公開求人多数! /

公式サイト:https://www.kango-roo.com/entry

目次