「人生詰んだ」の意味とは?感じた時の状況&解決策を年代別に紹介!

人生詰んだ

日常生活の中で、進学や就職、転職といった節目や日頃から良いことが起きず「人生詰んだ」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

大人であれば就職や転職の時に「学生時代にもっと勉強して一流大学に入っておけばよかった」と後悔したり、「恋人ができず、好きなことも特にない」といった無気力状態になったりした時もあると思います。

この記事では、人生詰んだと感じた時に知っておきたいことやその状況から抜け出すための対処法について紹介するので、リアルタイムで「人生詰んだ」と思っている方は、是非この記事を参考にしてください。

職場に居場所がないと感じている方はこちら

「職場の人間関係で悩んでいる」「誰からも必要とされていない」と感じた人でも、必要としてくれる職場が必ずあります!

転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、履歴書の添削&面接対策も徹底的にサポートしてくれるので、安心です。

職場の人間関係で悩んでいる方は「リクルートエージェント」
● 転職支援実績No.1!求人数は業界トップクラスなので高収入&好待遇の求人が見つかる。
● 履歴書の添削や面接対策など、手厚いサポートで転職成功まで導いてくれる。
● 一般の求人サイトには掲載していない独自プレミアム非公開求人が多数!

理想通りの人気求人が埋まってしまう前に、急いで登録することをおすすめします!

\ 【実績No.1】独占非公開求人32万件以上! /

公式サイト:https://www.r-agent.com/entry

目次

人生詰んだとは?意味を紹介

インターネットのBBSやSNSより発生した言葉である「詰んだ」という表現。「終わった」「望みが絶たれた」「負けた」といった意味で使われることが多く、「人生詰んだ」とは「人生が終わった」「人生の望みが絶たれた」というニュアンスの意味を持ちます。

「詰んだ」の言葉の由来は将棋の「王手」や、チェスの「チェックメイト」を「詰み」と表現したことが始まりだと言われています。

歴史上の戦争において重要拠点だった「詰の城」「詰所」を制圧されると戦に負けることから、将棋やチェスにおいても「詰み」という言葉が使われるようになり、インターネット上で派生し、過去形の「詰んだ」が発生しました。

「詰んだ」の主な使われ方は日常的な出来事に対するもので、「仕事が終わらず詰んだ」「恋人にフラれて人生詰んだ」「転職に失敗して詰んだ」というような、人生における失敗などのネガティブな出来事が起きた際に使います。

人生詰んだと感じた時の状況

それでは、「人生詰んだ」とは具体的にどのような状況のことを指しているのでしょうか。それぞれ見ていきましょう。

多額の借金を背負った時

ふと思い浮かぶのはギャンブルや事業の失敗ですが、それに限らず、数千万円や数億円単位の多額の借金を背負うことになったら、「人生詰んだ」と思っても仕方ありません。

多額の借金はすぐに返済することは不可能に近いですが、“自己破産”という選択肢を選ぶのは社会的信用がなくなり、今後の仕事や生活に大きな影響を及ぼします。

仮に就職して働いてコツコツ返したとしても、数十年もかかり途方もない状況といえるので、将来への不安が消えることはありません。

仕事が見つからず、生活保護を受けようにも簡単に受けられるわけではないですし、収入が絶たれて衣食住が確保できない状況になってしまうと、それこそ「人生詰んだ」状況になってしまうでしょう。

怪我や病気になった時

事件や事故によって大きな怪我を負い、障害が残ってしまったり、大きな病気にかかり長期療養することになると、生活費を稼ぐ手段を失う上に、治療費もかかるため生活難に陥るリスクが高まります。

「やりたい仕事があるのに怪我によりできなくなってしまった」「自分だけでなく家族にも迷惑をかけてしまい、生きている意味がわからない」というように、身体的に健康な状態ではなくなり、今後の人生において行動に制限がかかる場合は「人生詰んだ」状況といえるでしょう。

発達障害やうつ病になった時

発達障害やうつ病を患っていると人間関係でのトラブルが発生する可能性が高く、社会で生き抜くには少ししんどい思いをするかもしれません。

日頃の無理が祟って仕事を休職したり退職しなければならなくなるケースが考えられますし、家族や恋人、友人との関係性が悪くなり、プライベートで傷つく機会が増えるケースも考えられます。

いずれにしてもうつ病などの精神疾患の場合、ネガティブ思考に陥るのは症状の一つなので「人生詰んだ」と思うことが多いと思いますし、そう思っても仕方がないことです。

自分を責め過ぎず、ご家族など自分に近い方々に助けてもらえる部分はサポートしてもらい、心療内科やカウンセラーに相談するのも一つの手ではないでしょうか。

実は人生詰んだわけではない状況

自分では「人生詰んだ」と思っても、他の視点から見ると何か良い打開策があるかもしれませんし、逆に人生のチャンスだったなんてことも。

ここからは、「実は人生詰んでいなかった」パターンを紹介するので、今や過去の自分を振り返り、将来の不安を和らげる方法を検討してみてください。

就職活動や転職などといった若い時の失敗

就職活動で内定が中々出ず「人生詰んだ」と思っている学生。新卒で入社した会社がブラック企業ですぐに辞めてしまったり、20代で転職を繰り返してしまうなど、若い頃の就職・転職による「人生詰んだ」という失敗談をよく聞きます。

しかし、これは本当に「人生詰んだ」状況といえるのでしょうか。20代の就職・転職の失敗であれば、長い目で見ると人生の1ページに過ぎず、後でいくらでも取り返せます。

日本生活情報協会のメンバーには、大学中退後フリーターとして数年過ごして25歳から就職活動を行った人がいます。当時は中々内定が出ず人生詰んだと思っていたようですし、決まった就職先もあまり給料が良いとは言えなかったので大学卒業しておけばよかったと後悔し、この先の人生は詰んでいるとも思ったそうです。

ただ、25歳から5年後10年後の将来ビジョンを立て、それに向けてどのように行動すべきか計画的に進めていたので、徐々に収入は上がっていき、転職することで自分がやりたい仕事の実現に近づけられました。

20代の就職・転職で「人生詰んだ」と思っても、その先の計画や行動一つで何とでも道が開けると思うので、簡単に諦めずに行動してみることをおすすめします。

就職活動・転職などで失敗したと感じている方は、自分が活躍できる理想の職場に転職することを検討してみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェントであれば、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、履歴書の添削&面接対策も徹底的にサポートしてくれるので、転職で人生逆転を狙えますよ!

\ 【実績No.1】独占非公開求人32万件以上! /

公式サイト:https://www.r-agent.com/entry

家族や友人とのトラブル

人間関係でドロドロしたトラブルといえば「お金の問題」ではないでしょうか。家族の借金や相続、友人間でのお金の貸し借りなど、中には金銭が関わると豹変する人もいるので色々と面倒です。

「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉があるように、お金がなくなれば縁もなくなるので、環境を移して綺麗さっぱり関係を経つのも一つの手段だと思います。

もちろんお金の問題でなくても、環境を変えて距離を置くことで、後々関係の修復ができることもあると思います。

家族や友人に依存する関係ではなく、いつでも独立できるような状況を作ることで、「人生詰んだ」という状況を回避できるのではないでしょうか。

リストラや左遷された時

頑張って続けてきた仕事を突然リストラされたり、訳のわからない子会社や支店、部署に異動させれた時に、頑張ってきた分ショックが大きく「人生詰んだ」と思ってしまいがちです。

しかし、あなた自身が今まで仕事で培ってきた経験やスキルが消えてなくなるわけではありません。これまでの経験やスキルを活かして別の職場に環境を変えてステップアップすることもできるはずです。

今一度自分が持っているスキルとやりたい仕事を考え、将来的なビジョンを描くところから始めてみてはいかがでしょうか。諦めなければ「人生詰んだ」状況にはならないので、今一度踏ん張って今後のことを考えながら行動しましょう。

「誰かに今の状況を相談したい」という方は、リクルートエージェントがおすすめです!キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、履歴書の添削&面接対策も徹底的にサポートしてくれるので、転職で人生逆転を狙えますよ!

\ 【実績No.1】独占非公開求人32万件以上! /

公式サイト:https://www.r-agent.com/entry

人生詰んだ時の解決策【年代別】

「人生詰んだ」という状況に陥っても、考えと行動を変えることで解決する方法があります。

もちろん、その時の年齢や状況によって解決方法は異なるため、ここからは年代別による解決策を紹介するので、自分の年代や状況に合った項目を読んで、人生再生計画の参考にしてください。

人生詰んだ10代の場合

インターネットやSNS上で「人生詰んだ」と発言している方の年齢を見ると、10代であることが意外と多かったりしますが、結論からして10代で人生詰むことはまずあり得ないといえます。(怪我や病気、障害など様々な事情があるので断言はできませんが)

そもそも10代は学生・社会人問わず将来のことは自分の行動一つで変えていける体力と時間があります。それに、心身ともに成熟しきっていない状態といえるので、「人生詰んだ」と思ってしまっているだけの可能性が高いです。

実際に、10代の学生の頃は遅刻・欠席が多く単位を落として留年しかけたり、学校に迷惑をかけて停学になったり、当時は「詰んだな」と思っていましたが今では笑い話の良い思い出になっている人もいます。

  • 将来の進路
  • 友人関係
  • 家庭関係
  • 恋愛

様々悩みはあるかもしれませんが、10代のうちから将来の進路を決められる人の方が珍しいですし、友人が少なくて悩んでいても大人になるにつれ優先順位が変わり、多くの友人と連絡を取り合う頻度もなくなります。

好きな人にフラれるとダメージが大きいですが、きっとこれからもっと良い人に巡り会えます。現時点で「人生詰んだ」と思っても気にする必要はありません。

人生詰んだ20代の場合

大学生のうちから人生詰んだと思わないように、中々就職先が決まらなくても焦らないことが肝心です。

就職を焦って興味もない業界で仕事をすることになっても“早期退職”のリスクが高まりますし、「仕事はつまらないものだ」という先入観が湧いてしまいます。

そのため、できるだけ早いタイミングで将来的な自分の仕事についてイメージし、それに向けた知識をつけたり、インターンシップに参加することをおすすめします。

また、既に働いている20代の方で「人生詰んだ」と思っている場合、“ゼロからリスタートする”ことを意識しましょう。

20代であれば、未経験でも新たな仕事へのチャレンジが可能で、選択肢は無限大なので、一度立ち止まり、今後の自分の働き方や長く続けられそうな仕事のイメージを具体的にしましょう。

20代は社会人としてまだ若い位置付けなので、人生詰んだ状態から脱するための体力と時間があります。計画的に行動することで「人生詰んだ」状態から抜け出せるでしょう。

人生詰んだ30代の場合

30代で「人生詰んだ」と思った場合、少し慎重に考えてからやり直す必要があります。30代は人生長い目でみるとまだ若いですが、仕事面において20代よりも選択肢は狭まっているため、何も考えずに勢いで退職したり、転職しようとするのは危険です。

ゼロからリスタートするか、今の環境でもう少し頑張ってみるか、今までの経験・スキルを活かしてゼロではないものの軌道修正するか。5年後10年後のことを考えて着地点を明確にすることが重要です。

それでも迷ったら、自分の両親や兄弟など、人生の先輩に相談してみるのもアリだと思います。

誰にも相談できないという方は、転職エージェントの利用をおすすめします!リクルートエージェントであれば、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、履歴書の添削&面接対策も徹底的にサポートしてくれますよ!

\ 【実績No.1】独占非公開求人32万件以上! /

公式サイト:https://www.r-agent.com/entry

人生詰んだ40代の場合

40代になってくると決して“若い”とは言えなくなってくるので、今の環境で頑張り続けることが結果的に後悔しない選択になります。

仕事で役職が付いていたり、ある程度誇れる実績があれば別かもしれませんが、40代だと中々転職も一筋縄ではいきません。配偶者やお子様など家族がいるケースも多いと思うので、新たな環境を求めるよりも、今の環境で打開策を考えましょう。

打開策の見つけ方については、「人生詰んだ」と思う点をメモに箇条書きで書き出し、自分一人の力で解決できる問題なのか自分ではどうすることもできない問題なのかを判断します。

自分一人の力で解決できそうな問題であれば、どのように行動すれば解決できるのかをメモに書き出し、できることから少しずつ行動に移しましょう。

人生詰んだ50代の場合

50代に差し掛かり「人生詰んだ」と思ったら、諦めて何も考えずに進み続けることが肝心です。「今から転職しよう」「仕事を辞めよう」このような雑念は、心を乱し、心と体のバランスを悪くします。

50代になると身体的に健康面での不安が出ている可能性があるので、無理に考えたり抗わずに諦め、ある意味心に余裕を持つしかありません。仕事で大きな失敗をしてしまっても辞めたりせず、定年まで走り切りましょう。

ニートやフリーターで人生詰んだと感じた時の対処法

現在進行形でニートやフリーターの方の中には、少なからず将来の不安が薄い雲のようにモヤっとして、心に残っている方もいるのではないでしょうか。

ここからは、「人生詰んだ」と感じているニートやフリーターの方々の対処法について紹介するので、少しでも不安を取り除いてください。

学歴や職務経歴にこだわらない

日本生活情報協会のメンバーが大学中退、4年間のフリーター経験(数ヶ月ニート期間)を経て就職できたように、学歴や職務経歴がなくても受け入れてくれる会社はたくさんありますし、ある程度仕事は選べます。

それに、見られているのは学歴や職務経歴だけではなく、人柄や自動車免許、保有資格だったりします。過去を変えることはできないので、今から何か資格取得に向けて勉強したり、働きたい業種や職種に関する内容を勉強するなどして準備することで、人柄+努力できる能力があることをアピールできます。

転職する

フリーターで「人生詰んだ」と感じている場合、転職することで人生が変わるきっかけを得られるかもしれません。

今の仕事に関連する業態で正社員として転職を試みるのも良いと思いますし、全く未経験の興味ある分野に転職するのも良いと思います。

諦めずに、自分の5年後10年後の具体的なビジョンを描いて、そのビジョンに向けて行動することが重要ではないでしょうか。

「一人で上手く転職できるか不安」という方は、転職エージェントがおすすめです!リクルートエージェントであれば、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、履歴書の添削&面接対策も徹底的にサポートしてくれますよ!

\ 【実績No.1】独占非公開求人32万件以上! /

公式サイト:https://www.r-agent.com/entry

人生詰んだ時のQ&A

ここまで、人生詰んだ状況や年齢別の解決策について紹介してきましたが、「人生詰んだ」と思いがちなケースをQ&A形式で紹介するので、以下の状況にあてはまっている方は是非参考にしてください。

人生絶望の20代です。この先どうしたらいいですか?

20代はまだまだやり直せる年代です。ただ、気持ちが弱っているので、以下の対処法で試せそうなものを試してみてください。

  • 弱っている自分を認める
  • できるだけ多くの人に自分の思いや悩みを話して共感を得る
  • 自分の限界を知り、パンクしないようにする
  • 人間関係を洗い直す(取捨選択する)
  • 人生の先輩の話を聞く
  • 思い切って環境を変えてみる

これらの対処法や注意点を意識してやり直すことで、絶望から希望に変わるでしょう。

人生詰んだニートはどう生きたらいいですか?

ニートだからといって詰んだわけではありません。これからの行動次第で「人生詰んだ」状態から抜け出せるでしょう。まずは行動することが大事なので、以下の内容を試してみてください。

  • 毎日小さな目標をコツコツ達成する
  • 5年後を思い描いてみる(なりたい自分)
  • 朝型生活に切り替える

目標については、例えば「毎日腹筋10回」や「毎朝5分日光浴する」など、クリアできそうな目標で習慣化できそうな目標を日々達成することで、活気が湧いてきます。

5年後の自分が悪いビジョンで描かれているようであれば、「5年後のその状態を回避するためには、どう行動すべきか」といったSF映画の感覚で解決策を考えて少しずつ行動を起こしましょう。

ニートは夜型生活になりがちで、夜型生活をしていると心身ともにあまり良くありません。まずは朝型生活に切り替えて、朝散歩するなどして心と体を健康な状態に近づけましょう。

高卒の時点で人生詰んだというのは本当ですか?

高卒だからといって人生詰んだわけではないので安心してください。牛丼の吉野家で有名な株式会社吉野家ホールディングスの河村社長やRIZAPグループの瀬戸社長も高卒で、意外と高卒の起業家は多いです。

自分が将来的にどうなりたいのか。一度じっくり考えて、それに対してどのような行動を起こさなければならないのかを考え行動することで、「人生詰んだ」状態は回避できるのではないでしょうか。

まとめ

誰しもが一度は思ったことがある「人生詰んだ」という状態。実際にその状況に直面している時の絶望感や不安感は計り知れません。

しかし、「人生詰んだ」と思っても、解決策や対処法はたくさんあります。自らが行動して打開するための選択肢を増やしていくことが重要といえます。

諦めなければかならずやり直せるので、この記事を参考に考えて行動することを意識して「詰んだ」状態を「突破」していきましょう。

もし、「職場の人間関係で悩んでいる」「誰からも必要とされていない」と感じているのであれば、自分を必要としてくれる職場に転職することを検討してみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェントであれば、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれ、履歴書の添削&面接対策も徹底的にサポートしてくれるので、転職で人生逆転を狙えますよ!

\ 【実績No.1】独占非公開求人32万件以上! /

公式サイト:https://www.r-agent.com/entry

目次