ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2013年5月一覧次のニュース >>

[国内大会]
日本車椅子バスケ選手権 宮城MAX 史上初5連覇

13.05.07 2013:05:07:14:01:04

ゴールデンウィークの恒例となっている日本車椅子バスケットボール選手権大会が、5月3日~5日の3日間にかけて東京体育館で開催された。この大会は現在、宮城MAX(東北)が4連覇中で王者に君臨。もし今年も優勝すれば大会史上初の5連覇達成となるため、宮城MAXの優勝の行方に注目が集まった。
宮城MAXは1回戦から5連覇へのプレッシャーを感じさせない圧倒的な強さで勝ち上がっていく。1回戦の清水M・S・T(近畿)を94-38、2回戦の太陽の家スパーズ(九州)を78-38で下して準決勝に駒を進めた。準決勝では、試合巧者のベテランが揃うワールドBBC(東海北陸)と対戦。宮城MAXはワールドBBCの体を張った守備の前に思うような攻撃ができず、ワールドBBCがリードした状態で試合が進む。後半に入ると少しずつ宮城MAXが攻撃のリズムを取り戻すが、ワールドBBCも意地を見せて競ったまま終盤へ。残り2分を切り57-55で宮城MAXがリードというどちらが勝ってもおかしくない展開だったが、そこから藤本怜央らの得点で宮城MAXが押し切り、63-60で決勝進出を決めた。
決勝に進出したもう1チームはNO EXCUSE(東京)。昨年も決勝に進出したNO EXCUSEは安定した戦いぶりを見せて、準決勝のパラ神奈川SC(関東)との試合も65-45で完勝。悲願の初優勝まであと1勝に迫った。
独特の緊張感が漂う決勝戦、ティップオフとともに攻勢を仕掛けたのは宮城MAXだった。藤本のミドルシュートや豊島英の速攻など多彩な攻撃で得点を重ね、守ってはNO EXCUSEに苦しい体勢でシュート打たせて確実にリバウンドを拾い、付け入る隙を与えない。第1クォーター終了時、なんと宮城MAXが28-9と大差でリードを奪う。反撃したいNO EXCUSEも安直樹が一人気を吐き、ミドルシュートを沈めていくが、リードはさらに開いて48-19でハーフタイムへ。後半も宮城MAXがメンバーを入れ替えながらもペースを保ち、77-45で勝利。大会の歴史に名を刻む5連覇の偉業を成し遂げた。大会MVPには豊島が、得点王には8年連続で藤本が輝いた。


wb-01.jpg

 決勝戦には多くの観客が詰めかけた

wb-02.jpg

 2大会ぶりのMVPに輝いた豊島

wb-03.jpg 

 藤本は118点で8年連続得点王に

wb-04.jpg 

 5連覇を達成した宮城MAX