ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2014年3月一覧次のニュース >>

[協会情報]
協会名称の変更について

14.03.31 2014:03:31:15:42:28

公益財団法人日本障害者スポーツ協会では、組織名を下記の通り一部変更して表記することになりましたのでお知らせします(定款変更も行う予定です)。


●日本障害者スポーツ協会

    → 日本障がい者スポーツ協会
●Japan Sports Association for Disabled(略称JSAD)

    → Japanese Para-Sports Association (略称JPSA)

●Japan Paralympic Committee

      → Japanese Paralympic Committee

 


<改正の背景・考え方>

1.「日本障がい者スポーツ協会」への変更
障がいのある人のことを活字で示す場合に、法律等に基づき「障害者」と表記する場合のほか、近年、法的に支障のない範囲で「障がい者」と表記することが徐々に増えている状況にあります。
この度、当協会においても組織名を変更することにしましたが、それによって障がいのある人に対する差別や偏見が払拭される等、本質的な問題解決になるとは考えていません。しかし、当協会としては、たとえ少数であっても活字の「害」を不快に思う人に配慮するとともに、社会の意識を変える一つの誘因にもなるよう期待し、当協会の権限の範囲内において「がい」の表記に改めることにしましたので、ご理解頂きますよう、よろしくお願いいたします。

2.英語表記の変更
障がい者を表す「the disabled」については、IPCにおいて不適切な単語とされています。
一方で「障がい者スポーツ」については、「Para-Sports」を推奨しています。
このことから英語表記を改めることとしました(「Para」は「もうひとつ」を意味し、「Para-Sports」で障がい者スポーツを表します) 。
また、「Paralympic Committee」については、他の例を見ても国名は「形容詞」で表すことが多いことから、「Japan」を「Japanese」に改めます。