ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2015年3月一覧次のニュース >>

[ジャパンパラ大会]
2015ジャパンパラクロスカントリースキー競技大会 速報レポート

15.03.09 2015:03:09:12:14:39

 3月7日、8日の2日間、長野県北安曇郡白馬村にある白馬クロスカントリー競技場で、2015ジャパンパラクロスカントリースキー競技大会が開催された。両日とも不安定な天気で、時折降雨にも見舞われて雪質が変わる難しい状況の中だったが、選手たちは持てる力を発揮して競技に臨んだ。
 ソチ2014パラリンピック冬季競技大会から約1年が経過したが、今大会にはソチで戦った選手たちも出場。次回大会である2018年のピョンチャンパラリンピックへ向けての戦いが始まった。

2015JPCC01.JPG

                                     ゴール付近の様子


 大会初日はクラシカル種目が行われ、男子は5km、女子は2.5kmを滑走した。男子のビジュアリーインペアードでは、高村和人(B1、ガイド:向井広大)がベテランの加藤弘(B2、ガイド:柏原理子)をおさえて優勝。スタンディングではクラシカル走法を得意としている新田佳浩(LW8)が勝利し、また熾烈な戦いが見られたIDカテゴリーでは西村潤一が7.8秒差で山田雄太を下して、優勝を果たした。
 女子スタンディングでは、阿部友里香(LW6)が出来島桃子(LW6)を下した。

2015JPCC02.JPG

                                 阿部はクラシカルで強さを発揮

2015JPCC05.JPG

                               ビジュアリーインペアードで2冠の高村


 大会二日目はフリー種目で、男子10km、女子5kmが行われた。男子では、初日に続き、ビジュアリーインペアードでは高村、スタンディングでは新田、IDで西村が強さを発揮して、各カテゴリーを制覇した。
 女子では、出来島が優勝して前日の雪辱を果たした。

2015JPCC03.JPG 2015JPCC04.JPG

                      長年日本を牽引する新田                                        ベテランの出来島はフリーで躍動


 男子シッティングは長田弘幸、女子IDは倉部宏美のみの出場だったが、両日とも力強い滑りを見せてくれた。

 今後、選手の発掘を更に進めて選手数を増やし、大会が盛り上がって行くことを期待したい。

2015JPCC06.JPG

                     今月末からロシアで始まるデフリンピックに出場する田崎富士夫

2015JPCC07.JPG

               表彰式で笑顔を浮かべる2位の佐藤圭一、1位の新田、3位の中学生・川除大輝(左から)