ニュース|News

全てのニュースの最新月の一覧を表示/カテゴリー毎に最新年の一覧を表示|ジャパンパラ大会協会情報国内大会国際大会指導者養成競技団体情報

<< 前のニュース2017年11月一覧次のニュース >>

[ジャパンパラ大会]
2017ジャパンパラボッチャ競技大会 レポート

17.11.20 2017:11:20:12:43:15

ジャパンパラ大会として初めての開催となる、2017ジャパンパラボッチャ競技大会が11月17日~19日の3日間にわたって、東京都武蔵野市の武蔵野総合体育館で開催された。

通常の国際大会では6面のコートが使用されるが、今大会は1面のみの特別仕様のメインコートが用いられた。パラリンピックでTeamと個人を制したBC1-2クラス世界最強と言われるタイ、世界ランキング9位の欧州の強豪・イギリス、そして日本が参加し、ペア戦とTeam戦で競技が行われた。

2017JPBO01.jpg

1000人を越える観客が観戦に訪れた。

BC4ペア戦は、タイと日本が対戦。第1試合を終盤の大量失点で1-13と敗れた日本だったが、第2試合は好勝負を展開。最終的には1-8と連敗したが、若手の江崎駿が安定したスローを見せるなど、大きな収穫があった。

2017JPBO02.jpg

BC4ペアでは強豪タイに日本が挑んだ。

2017JPBO03.jpg

世界レベルで戦える力を見せた江崎。

BC3ペア戦は、イギリスと日本が両日ともに接戦を繰り広げ、会場を大いにわかせることとなった。第1試合を3-4の逆転負け、第2試合を0-4と連敗した日本だが、格上のイギリスを相手に見せた健闘は、今後のさらなる成長に期待を抱かせるものだった。ユース代表からの叩き上げで力をつけてきた松永楓の正確なスローは大きな武器となることだろう。

2017JPBO04.jpg

ランプを使用するBC3の正確さに会場からはため息が・・・。

2017JPBO05.jpg

着実に実力を上げてきている松永楓。

Team BC1-2(1チーム4名で、1名がリザーバー)は、世界王者のタイに日本が挑んだ。リオ2016パラリンピック競技大会の決勝カードとあって、大きな注目が集まった。王者の高度な戦術、正確で安定したスローに第1試合を2-7で敗れた日本だが、第2試合は奮起。廣瀬隆喜のスローから流れをつかむと、キャプテン杉村英孝のスローで第5エンドに追いつく。第6エンドを1-1と分けた試合は5-5でタイブレークに持ち込まれた。ここで観客の大声援の後押しをうけた日本は、会心のスローを連発。逆転を狙ったタイにミスも出て、タイブレークを2-0で競り勝ち、歓喜の勝利となった。

2017JPBO06.jpg

BC1-2で個人世界ランキング1位のワラウット・セーンアンパー。

2017JPBO07.jpg

キャプテン杉村の安定感が光った。

リオパラリンピックの銀メダル獲得(Team BC1-2)によって、日本国内でボッチャの注目度が急上昇。障がいのあるなしや年齢、性別にかかわらず誰もが楽しめるユニバーサルスポーツとしても発展の兆しを見せている。今大会にも多くの観客が観戦に訪れ、体験コーナーは大人気となった。東京2020パラリンピック競技大会に向けて、大きな手応えを感じた大会となった。

2017JPBO08.jpg

観戦→体験という流れで、体験コーナーは大盛況となった。

2017JPBO09.jpg

各国の選手・関係者が交流を深めることもできた大会となった。