7万円を借りたい&7万円を借りる方法5選!今すぐ7万円が必要な人必見

7万円借りたい

7万円を今すぐ借りたいのであれば、カードローンを利用して借りることをおすすめします。

消費者金融カードローンは7万円程度の少額融資にも積極的で、他の借り入れ方法よりも早くお金が手に入るという魅力があります。銀行からの借り入れは2~3日かかるのに対し、消費者金融カードローンは最短3分で融資可能です。

消費者金融から7万円を借りて、1ヶ月以内に完済した場合の支払い利息は1,070円(借り入れ日数30日、金利年18.0%で計算)、さらに、無利息サービスのある消費者金融を利用すれば利息0円で借り入れすることも可能です。

この記事では、7万円を借りる方法やおすすめの消費者金融を紹介していきます!どうしても7万円借りたい方は、是非参考にしてください。

【最速&低金利でお金を借りる秘訣】

● 今すぐお金が必要な方は「SMBCモビット」がおすすめです!
● 約57万人が利用しているSMBCモビットでは、クレジットカードのキャッシングよりも圧倒的に金利が低いので、安心してお金を借りられます!
● Web完結申し込みなら、在籍確認を「電話連絡」→「必要書類の提出」に変更でき、周囲に知られません!
● 「Myモビ」の振込キャッシングなら最短3分で口座に振り込まれるので、即日でお金が手に入ります。
● 利息の返済でTポイントが貯まる&貯まったポイントを返済に利用でき、返済負担を減らせます!

申し込み後10秒で簡易審査結果が表示されるので、是非Web完結申し込みしてくださいね!
SMBCモビットの詳細はこちら

\ 来店不要&WEB完結で借入できる! /

公式サイト:https://www.mobit.ne.jp/

目次

7万円を借りる方法

7万円を借りる方法

色んな方法で7万円を借りることはできますが、ここでは安全に借りられる方法を紹介していきます。

融資スピード適用金利
(実質年率)
審査難易度
消費者金融最短3分18.0%
銀行カードローン2~3営業日15.0%
クレジットカードのキャッシング即日18.0%
キャッシュレス決済ローン2~3営業日18.0%
生活支援費3週間程度0%または1.5%

それぞれ見ていきましょう。

今すぐ7万円必要なら消費者金融カードローン

1つ目は「消費者金融カードローン」です。

消費者金融カードローンの最大の特徴は融資スピードの速さで、大手消費者金融のプロミスであれば、申し込みから最短3分で借り入れ可能です。

また、大手消費者金融の多くは、初めて契約する方向けに無利息サービスを提供しており、利息を最低限まで抑えることができます。

法定の上限金利に近いため、低金利で借りられるわけではないものの、無利息サービスを上手に使うことで利息負担を軽減できますよ。

低金利で借りたいなら銀行カードローン

2つ目は「銀行カードローン」です。

銀行カードローンは、消費者金融カードローンよりも低金利で借り入れできます。

その分、審査基準が厳しく、審査に時間を要するため、融資までに最短2~3日、場合によっては1~2週間ほどかかってしまいます。

「今すぐ7万円必要!」という方にはおすすめできませんが、まだお金に余裕があり、厳しい審査に通る自信がある方は銀行カードローンを考えてみても良いでしょう。

ただし、借入金額と借入期間によっては、それほど消費者金融カードローンと変わらないこともあります。

審査なしで7万円借りるならクレジットカードのキャッシング枠

3つ目は「クレジットカードのキャッシング枠」です。

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があり、クレジットカードに申し込んだ際に希望金額を設定する仕組みになっています。

一度審査に通って、キャッシング枠が付帯されていれば、その後は上限額まで審査なしでいつでもお金を借りられます。限度額まで使っている場合は、返済して枠を復活させたり、増額申請をしたりすることも可能です。

ただし、増額する場合は再審査が必要なので、1~2週間程度必要になることを覚えておきましょう。

特典を受けるならキャッシュレス決済ローン

4つ目は「キャッシュレス決済ローン」です。

キャッシュレス決済ローンは最近できたサービスで、「LINEポケットマネー」や「PayPayローン」などが代表例です。

これらはLINEやPayPayと連携したサービスで、それぞれのアプリ内から申し込みが可能です。どちらに申し込んでも、2~3営業日以内に7万円を借りられます。

LINEポケットマネーは「LINE Credit株式会社」が運営しており、借りたお金はLINE Payに入金され、返済はLINE Pasyまたは指定口座からの引き落としになります。

一方、PayPayローンはPayPay銀行カードローンで、銀行口座とPayPayを連携することでお得な特典を受け取れることもあります。

生活費が足りないなら生活支援費

5つ目は「生活支援費」です。

生活支援費は国の制度で、以下の条件を満たす生活が困窮している人なら融資を受けられます。

生活支援費の条件
  • 失業または減収で生活の維持が困難になった方
  • 20歳以上~65歳以下の方
  • 離職日から2年以内、減収の場合は6か月以内の減収で、3か月以内に確実な増収が見込める方
  • 定職を有していない方 (自営業者、フリーランスは対象外)

生活支援費の貸し付け上限は20万円(単身世帯は15万円)、貸し付け期間は最大3ヶ月、返済期間は10年(6か月の据え置き期間を含む)です。利息は、連帯保証人がいる場合は無利息、いない場合は年率1.5%に設定されます。

他の借り入れ方法と違って、無職や金融ブラックの方でも利用できますが、債務整理中・税金の支払いを滞納中の方は使えないので注意してください。

また、申し込みから融資までは3週間程度かかるため、余裕を持って申し込むようにしましょう。

7万円を借りる時の金利は?

7万円を借りる時の金利は?

お金を借りる時には、必ず利息(金利)が発生します。

先ほど紹介した5つの借り入れ方法(生活支援費は除く)で、それぞれ最低返済額を返した場合の利息負担を計算したものがこちらです。なお、繰り上げ返済はしないものとします。

スクロールできます
借り入れ先最高金利
(実質年率)
最低返済額支払い利息
消費者金融カードローン18.0%4,000円
(21回払い)
11,847円
銀行カードローン14.5%1,100円
(120回払い)
62,826円
クレジットカードのキャッシング18.0%3,000円
(24回払い)
13,211円
キャッシュレス決済ローン18.0%3,000円
(24回払い)
13,211円

支払い利息は金利によって変わりますが、借入期間や借入金額にも影響を受けます。上記の比較は全て7万円借りた場合のシミュレーションなので、金利・借入期間が違うことに注意してください。

もちろん、最低返済額を支払った方が月々の返済負担は軽減できるものの、返済期間は長くなり、最終的な利息負担が大きくなるため、おすすめできません。

また、先ほど銀行カードローンの利率が低いと紹介しましたが、上記の比較のように、返済期間によっては消費者金融カードローンの方が利息を抑えられることもあります。

消費者金融カードローンや銀行カードローンの公式サイトでは、簡単に返済シミュレーションができるので、是非申し込み前に確認するようにしてください。

7万円を借りるなら消費者金融がおすすめ!

7万円を借りるなら消費者金融がおすすめ!

さまざまな借り入れ方法を紹介してきましたが、7万円程度の少額融資を受けたいのであれば、消費者金融が断然おすすめです!

ここでは、消費者金融から7万円借りるメリットを紹介していきます。

  1. 融資スピードが速い
  2. ネット申し込みを利用できる
  3. 無利息期間がある
  4. 土日でも融資に対応している

それぞれ確認していきましょう。

融資スピードが速い

1つ目は「融資スピードが速い」です。

消費者金融カードローンの最大のメリットは、即日融資が可能なことです。最短3分融資に対応している消費者金融であれば、今日中に7万円欲しい方でも安心して申し込めます。

消費者金融カードローンの融資スピードの速さは、審査に機械やAIを利用し、審査時間を短縮していることで実現しています。

以前は銀行カードローンも即日融資に対応していましたが、銀行は申し込み者が反社会的勢力と無関係なことを確認するため、政府のデータベースを照会する必要があり、審査に1日以上要するようになりました。

カードローンで即日7万円借りる方法は消費者金融だけなので、今すぐ7万円欲しい方は消費者金融に申し込みましょう。

ネット申し込みを利用できる

2つ目は「ネット申し込みを利用できる」です。

消費者金融の多くはネット申し込みに対応していて、店頭申し込みや無人契約機での申し込みよりも気軽に&速く借り入れできます。

「無人契約機の方が速いイメージがあった」という方もいるかもしれませんが、自宅から無人契約機まで移動する時間や、カードローンの受け取りをする手間を考えると、ネット申し込みの方が断然おすすめです。

ネット申し込みはいつでもどこでも申し込みできることはもちろん、無人契約機と同じスピードで審査を受けられます。また、カードレスタイプを選べば、ATM振り込みやスマホアプリなどでお金を借りることも可能です。

特に「アイフル」のスマホローンなら、24時間365日申し込みでき、免許証を読み込むフォームの簡単入力機能も付いています。また、アプリがキャッシングカード代わりになってくれるので、いつでも借り入れできて便利ですよ!

無利息期間がある

3つ目は「無利息期間がある」です。

消費者金融の中には無利息期間を設けているところも多く、無利息期間中に利息も含めて完済することで、利息0円で7万円を借りられます。

例えば、次に大手消費者金融は無利息期間サービスを提供しています。

会社名無利息期間
プロミス初回借り入れ日から30日間
アコムご契約の翌日から30日間は金利0円
アイフル契約日から30日間

無利息期間サービスを利用できるのは、消費者金融が提示する条件を満たしている人だけですが、アイフルの場合は「アイフルを初めて利用する」「無担保キャッシングローンを利用する」の2つなので、比較的簡単です。

アイフルのように、初めて利用する時のみ無利息期間が適用できる消費者金融がほとんどであるため、少しでも利息を抑えたい方は初めて契約する消費者金融を選ぶことをおすすめします。

SMBCモビットは無利息期間を設けていませんが、その代わりに利息の返済でTポイントが貯まるので、複数回借り入れする予定のある方や、普段からTポイントを貯めている方であれば、他社より利息を抑えられる可能性が大きいですよ!

\ 来店不要&WEB完結で借入できる! /

公式サイト:https://www.mobit.ne.jp/

7万円を借りる時の消費者金融おすすめ【3選】

7万円を借りる時の消費者金融おすすめ

7万円を借りる時におすすめの消費者金融を3社に厳選したので紹介します。

カードローン実質年率最短融資特徴
SMBCモビット3.0%~18.0%最短30分利息の返済でTポイントが貯まる
在籍確認を電話から書類提出に変更できる
限度額800万円と高額
プロミス4.5%~17.8%最短3分初回借り入れ日から無利息サービスが開始
最大金利が他社より低め
アコム3.0%~18.0%最短20分WEB完結可能
アコム「myac」で利用状況を確認できる

それぞれの特徴を確認していきましょう。

SMBCモビット

SMBCモビット
融資までの時間最短30分
金利3.0%~18.0%
必要書類身分が証明できるもの(運転免許証など)
無利息期間
収入証明
電話での在籍確認あり(Web完結申し込みなら電話連絡なし)
郵送物なし
SMBCモビットのおすすめポイント
  • 申込がWEB完結する
  • 在籍確認目的の職場への電話連絡を書類提出に代替できる
  • 利息の返済でTポイントが貯まる

SMBCモビットは、三井住友カードが提供するカードローンブランドで、信頼性&安全性が抜群です。

SMBCモビットのWeb完結申し込みなら、在籍確認目的の職場への電話連絡を書類提出に代替できます!そのため、会社にバレたくない方にもおすすめです。

また、SMBCモビットが提供しているWebセルフマネジメントシステム「Myモビ」なら最短3分で口座振込をしてくれるので、すぐに7万借りたい方は是非SMBCモビットを利用してみてください!

\ 来店不要&WEB完結で借入できる! /

公式サイト:https://www.mobit.ne.jp/

プロミス

プロミス
融資までの時間最短3分
金利4.5%~17.8%
必要書類身分が証明できるもの(運転免許証など)
無利息期間初回ご利用から30日間が無利息期間
収入証明限度額の希望が50万円以下なら原則不要
電話での在籍確認あり(なしにもできる)
郵送物なし
プロミスのおすすめポイント
  • Web契約で最短3分融資が可能
  • 24時間振り込みできる金融機関なら最短10秒で振り込み可能
  • いつでも申し込み&借り入れ&返済できる

プロミスは業界最大手なので、安心して利用できる消費者金融です!

最短3分融資&お得な30日間無利息サービスを行っており、「借り入れ日の翌日から」無利息サービスを開始できる唯一の大手消費者金融です。

また、プロミスの「瞬フリ」という独自サービスを使えば、受付から10秒以内にお金を借りられます。(24時間振り込みできる金融機関の口座のみ対象) 今すぐ7万円借りたい人は、是非プロミスに申し込んでみてください!

\ インターネット振り込みなら最短10秒で完了! /

公式サイト:https://cyber.promise.co.jp/

アコム

アコム
融資までの時間最短20分
金利3.0%~18.0%
必要書類以下の書類のいずれかが本人確認書類に該当します。
運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、(交付を受けていない方は)健康保険証

以下のいずれかに該当するお客さまは収入証明書が必要です。
・当社のご契約が50万円を超えるお客さま
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
無利息期間ご契約の翌日から30日間は金利0円
収入証明お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
電話での在籍確認原則、電話による在籍確認なし
郵送物原則なし
アコムのおすすめポイント
  • インターネットバンキングの対応数が多い
  • スマホアプリ「myac」の使い勝手が良い
  • 3秒診断を利用できる

アコムのインターネットバンキング数は他社より圧倒的に多いので、24時間、土日も銀行口座振込可能な消費者金融を選びたい方におすすめです。

また、アコムが提供している「myac」では、利用状況を簡単に確認できたり、カード不要で借り入れ・返済できたりします。

アコムの3秒診断では、年齢・年収・他社借り入れ額を入力するだけで診断チェックが可能なので、是非活用してみてくださいね!

7万円を借りたい時でもやってはいけないこと

7万円を借りたい時でもやってはいけないこと

どうしても7万円が必要な人の中には、借入先が見つからず、焦っている方もいるでしょう。その気持ちも分かりますが、焦りが審査落ちの原因になったり、金融トラブルに繋がったりします。

そこでここでは、7万円を借りたい時にやってはいけないことを紹介していきます。

  • 複数の金融機関にまとめて申し込む
  • 闇金の甘い言葉に騙されない
  • 携帯を担保に借り入れしない
  • スマホのキャリア決済機能には注意
  • SNSでの個人融資は絶対に避ける

それぞれ確認していきます。

複数の金融機関にまとめて申し込む

1つ目は「複数の金融機関にまとめて申し込む」です。

「複数のカードローンに申し込んだ方が、審査に通りやすくなるのでは」と思っている方もいるかもしれませんが、同時申し込みは逆効果になります。

なぜなら、審査のために金融機関側が申し込み者の個人信用情報を開示した記録は残っており、「短期間に開示記録が複数ある=お金に困っている」と判断されてしまうからです。

この状態を「申し込みブラック」と言い、審査落ちの原因になります。申し込みをする場合は、必ず1社に絞り、その結果が来てから次のカードローンに申し込むかを考えるようにしましょう。

闇金の甘い言葉に騙されない

2つ目は「闇金の甘い言葉に騙されない」です。

7万円を借り入れできるところを探している時に、「無審査OK」「ブラックでも借り入れ可能」などの言葉を見かけた方もいるでしょう。そのような甘い言葉で誘ってくる業者は、ほぼ確実に闇金なので利用してはいけません。

審査に自信がない時や、金融ブラックになっている時は「闇金でも良いからお金を借りたい」と考えてしまいますが、借りた後に金融トラブルに発展したり、犯罪に巻き込まれたりします。

闇金から借りるメリットは一つもないので、絶対に利用しないようにしてください。

携帯を担保に借り入れしない

3つ目は「携帯を担保に借り入れしない」です。

お金を借りる時に担保を求められても、携帯電話を担保として差し出してはいけません。

例えば、「スマホ契約して郵送してくれるのと引き換えにお金を貸す」という手口がありますが、詐欺の被害者になる可能性が高いだけでなく、自分自身が「携帯電話不正利用防止法違反」などで罰せられるかもしれません。

お金に困っていただけなのに、犯罪に手を出してしまっては元も子もないので、注意しましょう。

スマホのキャリア決済機能には注意

4つ目は「スマホのキャリア決済機能には注意」です。

キャリア決済とは、有料アプリへの課金やネットショッピングの代金を携帯電話の利用料金と合算して支払える機能です。クレジットカード払いや代引き決済をしなくて良いので、利用している方も多いでしょう。

この機能自体に違法性はないのですが、キャリア決済機能を利用してお金を貸し出す行為は、携帯会社の利用規約違反になります。例えば、以下のような手口があります。

お金を貸し出す手口
  • 携帯の持ち主が8万円の商品を購入する
  • 貸し手側は7万円をキャッシュバックする
  • 携帯の持ち主は携帯料金+8万円を支払う

この場合、8万円-7万円=1万円が手数料(利息)となり、貸し手側の利益となります。このような手口で融資する業者は違法業者で、携帯の持ち主側も利用規約違反と見なされます。

どんなに現金が欲しくても、携帯を強制解約させられたり、ペナルティーを受けたりする可能性があるので、絶対に辞めてください。

SNSでの個人融資は絶対に避ける

5つ目は「SNSでの個人融資は絶対に避ける」です。

闇金業者が一般人になりすまして、TwitterやFacebookなどのSNSで「個人融資します」「誰にでも貸します」と声をかけていることがあります。

しかし、家族や親戚でない他人にお金を貸すこと自体が怪しく、個人融資も闇金と同様に、金銭トラブルに発展したり、犯罪に巻き込まれたりする可能性が高いと言えます。

おいしい話には必ず裏があると思って、お金に困っている時こそ慎重に行動するようにしてください。

7万円を借りたい人からよくある質問

7万円を借りたい人からよくある質問
今すぐ7万円だけでいいので借りたくて困っています。借りれる所あれば本当に教えて欲しいです。

今すぐ7万円借りたいのであれば、SMBCモビットがおすすめです!

SMBCモビットなら最短30分融資&利息の返済でTポイントが貯まるので、素早く&金利を抑えて7万円を借りられます。

複数回借り入れしてもTポイントを貯められるため、何度も借り入れする予定のある方は是非SMBCモビットを使ってみてくださいね。

今すぐ7万円が必要な時におすすめのカードローンはありますか?

今すぐお金が必要な時は、即日融資に対応している消費者金融カードローンがおすすめです。審査・融資スピードが速いので、すぐにお金が手に入ります。

一方、銀行カードローンの融資は最短でも翌日以降になるため、急いでいる方にはおすすめできません。

消費者金融に申し込む際には、審査対応時間までに申し込んでおくことで、即日融資を受けられる可能性がアップしますよ!

どこからもお金が借りられない時はどうしたらいいですか?

どこからもお金を借りられない場合には、以下の対処法があります。

どこからもお金を借りられない場合
  • 所有物を売る
  • 家族に頼む
  • 担保や保証人をつけて借りる
  • 生命保険の契約者貸付制度を利用する
  • 公的な融資制度を利用する
  • 生活サポート基金を利用する
7万円が欲しい時は闇金から借りるしかありませんか?

いいえ、どんなにお金に困っていても、闇金の利用は辞めてください。

闇金は違法金利でお金を貸し付けている業者で、不当な取り立てを行うケースもあります。闇金には以下の特徴があるので、これらに当てはまるところは避けるようにしましょう。

闇金の特徴
  • 金利が異常に高い
  • 収入証明書が完全に不要
  • 貸金業登録業者でない
  • 「無職OK」「審査なし」などの甘い言葉で誘っている

この記事で紹介した消費者金融はいずれも貸金業登録されていて、貸金業法に基づいて運営しているので安心して利用できます。

消費者金融も、審査に通れば即日融資を受けられます。まずは消費者金融に申し込んでみてはいかがでしょうか?

7万円を借りたいです。無審査で借り入れできるカードローンはありますか?

残念ながら、無審査で借り入れできるカードローンはありません。

貸金業法によって審査が義務付けられており、逆に審査なしで7万円借りられる業者があった場合は違法業者だと言えます。

審査のあるカードローンに申し込む際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

審査通過のポイント
  • 利用希望額を低くする
  • Web完結申し込みを利用する
  • 収入証明書は50万円以下なら不要

利用限度額を低く設定することで審査難易度が低くなり、Web完結なら最短3分で審査が完了します。

また、収入証明書は7万円借りる際には不要なので、本人確認書類のみを準備しておけばOKです。

7万円を借りたい【まとめ】

7万円を借りる方法についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?この記事の内容をおさらいしましょう。

この記事のおさらい
  • 今すぐ7万円が必要なら消費者金融カードローンがおすすめ!
  • 利息負担は借り入れ額・利率・借入期間で決まる
    返済シミュレーションが重要!
  • 無審査融資、キャリア決済融資、個人融資には注意

SMBCモビットなら、安全に7万円を借りられるだけでなく、最短即日融資&利息の返済でTポイントが貯まります!インターネットから申し込み可能なので、是非気軽に申し込んでみてくださいね!

\ 来店不要&WEB完結で借入できる! /

公式サイト:https://www.mobit.ne.jp/

SMBCモビット ※ 【審査時間最短30分の表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCモビット ※【最短3分で振込キャッシングの表記に関して】 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
プロミス ※【審査時間最短3分の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
プロミス ※【最短3分融資の表記に関して】 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム ※ 【最短20分融資に関して】お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

目次