収入証明書不要のカードローン5選!即日融資&給与明細なしでお金を借りる方法

収入証明書不要のカードローン

所得証明書・源泉徴収票・課税証明書などの収入証明書は、仕事でどれだけ収入があるかを証明するための書類であり、お金を借りる際の信頼の証でもあります。

金融機関からお金を借りるためには、基本的に収入証明書の提示を求められますが、収入証明書不要で借りられるカードローンはあります。一定の条件こそありますが、収入証明書なしでその日のうちにお金を借りられます。

そこでこの記事では、収入証明書不要のカードローンで融資を受ける方法について詳しく解説していきます。また収入証明書不要でカードローンでお金を借りるための条件や注意点などもご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

目次

収入証明書が必要な理由

収入証明書不要のカードローン

収入証明書は、カードローン申込者の年収を確認するために提出する書類の1つです。個人信用情報機関のデータベースに登録されている情報というのは借入状況のみとなっており、実は年収に関する記録はありません。

個人信用情報機関に記録されていないのであれば、カードローンの申込者本人から年収を証明できる書類を提示してもらわなければ数字がわかりません。この確認は貸し過ぎや借り過ぎトラブルを防止するための確認であり、金融機関側にとっても申込者側にとってもどちらに対しても非常に重要な審査の一貫です。

実は2006年まではどこの消費者金融や銀行など、どこの金融機関でも収入証明書不要でお金を借りることができていました。しかし、そういった状況で多重債務や自己破産が一気に急増したことによって、多くの金融機関でカードローン申込時には収入証明書の提出が必要になりました。

ただ、収入証明書提出がネックとなり、どこの金融機関でもカードローン申込者が一気に減少したため、さらに条件が変わり、一部収入証明書不要でお金を借りられるようになりました。

収入証明書不要のカードローンでお金を借りるためには?

お金

カードローンは、基本的に「借入希望額が50万円以下の場合に収入証明書不要」「借入金額関係なしに収入証明書必要」の2種類に分けられます。ここからは、収入証明書不要のカードローンでお金を借りるための方法について詳しく解説していきます。

借入希望金額が50万円以下であれば収入証明書不要のカードローンで融資可能

申込時、借入希望金額を50万円以下にした場合、カードローンでしたら基本的に収入証明書不要でお金を借りることができます。確かに50万円も大金ではありますが、100万円200万円などと比較しますと、金融機関側としては貸し倒れのリスクは最小限に抑えられるからです。

金融機関が最も恐れるのが貸し倒れであり、数百万単位のお金を収入証明書不要で融資するのはあまりにもリスクが高過ぎます。しかし50万円以内でしたら、安定収入のある方でしたら無理のない範囲内で返済可能であるため、いわゆるボーダーラインとして日本貸金業協会によって定められています。

ただし他社ですでに借り入れがある場合には注意が必要です。収入証明書提出の条件として「既存の貸付けの契約の貸付けの残高と合算して50万円を超える貸付け」となっているため、新規申し込みの借入希望額を50万円以内で提出したとしても、すでに他社で借り入れがある場合には収入証明書を提出しなければいけません。

しかしこのルールは、あくまでも日本貸金業協会が定めたボーダーラインであり、法律で決められているわけではありません。場合によっては他社借り入れがあっても、新規で50万円以内で希望額を提出することで、収入証明書不要で融資可能なケースもあります。

他社借り入れがある場合は「借入残高+借入希望額=100万円以内」にしよう

前項で解説したのは日本貸金業協会のボーダーラインですが、ここで注意したいのは「貸金業法」の存在です。貸金業法において、「全ての借り入れで100万円を超える場合には収入証明書を提出すること」としっかり明記されています。

例えばA社から30万円、B社から40万円の借り入れがある場合、収入証明書不要で新規で借りられるお金はC社で最大30万円までとなります。C社で30万円以上借りたい場合には、収入証明書の提出が法律により義務付けられています。

このことから収入証明書なしでお金を借りたい場合、「借入残高+借入希望額=100万円以内」となります。

「他社の借り入れ状況を内緒にして申し込みすれば問題ないのでは?」と考えてしまうかもしれませんが、そのような不正行為は絶対にやめておきましょう。借り入れ状況についての偽りの情報は、100%必ずバレてしまいます。

カードローンの審査を行う際、必ず個人信用情報機関のデータベースへアクセスし、過去や現在の申込者の借り入れ状況を慎重に確認します。この時、提出したカードローン申込書に書かれている内容と相違点が見つかった場合、たとえ借りられる範囲内であっても、その時点で信用できない人と判断され、新規でお金を借りることができなくなります。

金融機関や金融業者が異なっていても、審査時に参照する個人信用情報機関のデータベースは同じです。信用情報に傷をつけてしまわないよう、申込書には正しい情報を書くようにしてください。

収入が不安定な場合は所得証明の提出を求められる

収入証明書なしでお金を借りられるのは「収入が安定している人」のみです。収入が不安定ですと、収入証明書なしで借りられる条件を満たしていても、所得証明の提出を求められます。

収入が安定している人とは、毎月固定給が入りあらゆる社会保障を受ける人のことで、主に正社員となります。派遣社員や契約社員、アルバイトなどでも、勤続年数が長ければ安定収入として認められます。

逆に収入が不安定な人とは、自営業や個人事業主、日雇いアルバイト、専業主婦、勤続年数が短い人などが挙げられます。これらに該当する場合、本当に収入を得ているのか確認するために所得証明の提出を求められます。

また、3年に1度、現在でも収入が安定しているのか所得証明の提出を求められる場合がありますので覚えておきましょう。

もし収入が不安定な人でも、借入希望額10万円程度でしたら収入証明書なしで借りられる可能性があります。申し込み段階で30万円50万円などと高額な借入希望額を提示するのではなく、まずは10万円で申し込みしてみてください。

その後収入が安定しているとみなされることで、限度額の幅を広げてもらうことも可能です。限度額の見直しは定期的に行われており、きちんと期日までに返済を続けていることで、早ければ6ヶ月ほどで限度額アップの案内が届きます。

収入証明書不要のカードローンおすすめ5選!消費者金融なら即日融資&給料明細なしでOK

収入証明書不要(給料明細なし)のカードローンと言えば、やはり消費者金融です。翌日融資にも対応しているため、今すぐにお金を借りたい人にも大変おすすめです。

しかし消費者金融と言っても全国各地に900社以上あり、どこでお金を借りたら良いのか迷ってしまいます。大前提として大手消費者金融の中から選びましょう。

中小の消費者金融でも収入証明書不要でお金を借りられるところはありますが、知名度が低いため、間違ってヤミ金に申し込んでしまう恐れがあり大変危険です。

そこでここでは、収入証明書不要のカードローンおすすめ5選と題し、給料明細なしでお金を借りられるおすすめの大手消費者金融をご紹介します。全てWEB申し込みに対応していますので、今すぐ融資の申し込みが可能です。

また申し込みから最短30分程度でお金を借りられますので、急にお金が必要になった場合でも安心です。消費者金融でお金を借りることは決して悪いことではありませんので、困った時には是非申し込みをしてみてください。

アイフルは50万円まで収入証明書不要!最短25分で融資可能

アイフルの口コミ・評判

アイフルは、50万円まででしたら収入証明書不要でお金を借りられ、申し込みから融資実行まで最短25分と大変スピーディーです。銀行の傘下に入っていないアイフルならではの審査基準のため、融資速度で高い評価を得ています。

もし仮に収入証明書の提出を求められたとしても、わざわざ店舗や自動契約機にまで足を運ぶ必要はありません。スマホのカメラ機能で収入証明書を撮影し、あとは申込時に添付するだけで完了します。

また徹底教育されたスタッフの対応にも定評があり、親身なって相談に乗ってくれます。初めて消費者金融でお金を借りる場合には安心感が違います。

アコムは収入証明書不要!土日でもお金を借りられる

アコム

アコムは大手消費者金融の中でも利用者No.1で、三菱UFJファイナンシャル・グループに属しているため、信頼と実績は抜群です。収入証明書不要で即日融資が可能で、土日祝日でもお金を借りられます。

最短30分のスピード審査で最大限度額は800万円(50万円以上は収入証明書必須)、また申込日の翌日から30日間は無利息でお金を借りられます。30日以内に完済することで、金利による損失が0となりお得です。

注意したいのは「収入証明書提出キャンペーン」の存在です。アコムでは収入証明書提出キャンペーンを定期的に開催しており、給料明細を提出してくれた人に対して積極的に融資を行っています。

もし収入証明書不要でお金を借りたい場合には、収入証明書提出キャンペーンを開催していない時期がおすすめです。

プロミスは収入証明書不要&在籍確認なし

プロミス

プロミスは、カードレスキャッシングや30日間無利息キャッシング、レディースキャッシングなどで有名な大手消費者金融です。三井住友銀行の傘下で展開しているため、安心安全にお金を借りられます。

50万円までしたら収入証明書は不要で、本人確認書類のみでOKです。即日融資にも対応しており、24時間365日いつでも振込による融資を受けられるため、急な出費が発生した時の強い味方になってくれます。

また「勤務先名入りの社会保険証」「3ヶ月以内の給与明細書」、どちらか1点を提示することで在籍確認も必要なくなります。会社に電話がかかってこないため、上司や同僚などにバレずにお金を借りられます。

収入証明書不要&在籍確認なしのプロミスは、気軽で便利で安心安全な消費者金融です。

レイクALSAは原則50万円まで収入証明書不要

レイクALSA

レイクALSAは、原則50万円まで収入証明書不要でお金を借りられる消費者金融で、新生銀行の傘下でカードローン事業を展開しています。最大180日間まで無利息で借りられるため、上手に使えば金利損を抑えられます。

基本的に借入希望額問わず収入証明書の提出が必要ですが、利用額50万円以下で他社の借入金額と合わせて100万円以下でしたら、収入証明書不要となる場合があります。法的義務はありませんが、この範囲内でも提出を求められることがあります。

また申し込みは24時間365日可能で、21時までに審査完了でその日のうちに指定口座へ振り込みしてもらえます。仕事が終わったあとでも借りられますので、普段忙しい方でも安心です。

三井住友カードのカードローンは借入総額100万円までなら収入証明書がいらない

三井住友カードのカードローン

三井住友カードのカードローンは、三井住友銀行の口座振込を利用したサービスで、借入総額100万円まででしたら、収入証明書不要でお金を借りられます。

ただし注意したいのは、あくまでも借入総額です。三井住友カードを使って収入証明書不要で借りられるのは最大50万円までで、これ以上の借入希望額を提示する場合には、必ず収入証明書の提出が必要です。

つまり他社の借入金額と合わせて100万円まででしたら収入証明書が不要ということです。例えば他社で60万円の借入がある場合、40万円までしたら収入証明書不要ですが、50万円借りるためには提出が必要不可欠です。

いくら総量規制対象外とは言え、やはり借入総額が大きくなると、どうしても収入証明書が必要です。また借入総額100万円以下でも、場合によっては収入証明書の提出を求められることもありますのでご注意ください。

消費者金融以外の収入証明書がいらないカードローン

お金を借りられる方法

消費者金融の場合、50万円まででしたら原則収入証明書不要でお金を借りられますが、他のカードローンの中にも、収入証明書がいらないサービスがあります。

例えば信販系のカードローンは、消費者金融ほどではありませんが、一定額まででしたら収入証明書は不要です。また銀行カードローンの多くは収入証明書が必要ですが、中には不要のところもあります。

そこでここでは、消費者金融以外の収入証明書がいらないカードローンとして、「信販系カードローン」「銀行カードローン」について、それぞれ詳しく解説していきます。

信販系のカードローンは借入金額を20万円以下にすると収入証明書がいらない

信販系カードローンとは、クレジットカードを発行する信販会社が提供するサービスの1つで、他のカードローンと同様に日本全国の提携ATMで簡単にお金を借りることができます。代表的なのが「オリコカード」「クレディセゾン」「JCBファーストローン」「ジャックスプレミアビアージュ」などが挙げられ、これら全て信用販売を行う会社、またはサービスです。

ただし信販会社というのはクレジットカードのショッピング枠を主な事業としており、残念ながらキャッシングサービスには消極的な傾向にあります。キャッシングが利用目的の消費者金融や銀行カードローンとは根本的に異なるのが信販会社です。

一部の信販系カードローンでは、借入金額20万円以下の場合、収入証明書不要でお金を借りることができます。しかし20万円以上の借り入れとなると、ほとんどの信販系カードローンで収入証明書を求められますので覚えておきましょう。

このように、普段から使っている信販系のクレジットカードからお金を借りるのも1つの方法ではありますが、多額のお金を収入証明書不要で借りたい場合には、やはり消費者金融のカードローンが最もおすすめです。

銀行カードローンは収入証明書は必要!年収の確認を徹底している

ほぼ全ての銀行カードローンでは、新規申込時に収入証明書の提出を求められ、年収の確認を徹底しています。実は2006年頃まで銀行カードローンでも収入証明書不要で借りることが普通にできていましたが、国から過剰貸付が問題氏され、年収の確認が厳しくなりました。

銀行にとって個人向けのカードローンは大きな収益の1つでしたが、あまりにも簡単に貸付を行っていたのが結局利益減を招いてしまった結果です。ただし、あくまでも過剰貸付を「指摘」されただけで、法律(銀行法)により収入証明書の提出を義務付けているわけではありません。

つまり各銀行の自主規制によって、カードローンに収入証明書の提出を求めるようになったのです。金融庁のホームページを確認してみますと、今現在、日本全国96%の銀行で収入証明書の提出を求めていると報告されていました。

収入証明書不要のカードローンを利用する際の注意点

収入証明書不要でカードローンへ契約し、お金を借りることは可能ですが、そのためにはいくつか注意するべきことがあります。収入証明書がない分、本当に働いているのかを確認するために在籍確認は必ず実施されますし、当たり前ですが身分証明書の提出も必要不可欠です。

また同じ消費者金融でも中小では収入証明書不要の貸付に消極的なため、もし収入証明書不要でお金を借りる場合には大手消費者金融の中から選ぶ必要があります。

それではもう少し詳しく、収入証明書不要のカードローンを利用する際の注意点について書いていきますので、是非参考にしてみてください。

収入証明書なしの場合は職場への電話連絡を回避できない

収入証明書なしでカードローンを申し込みした場合、必ず職場への在籍確認が行われます。在籍確認とは、申込用紙に入力(記入)している職場で本当に働いているかを確認するために行われます。

収入証明書があれば本当に働いていることが証明されますが、なければ電話で在籍を確認するしか方法がないからです。

しかし在籍確認は、カードローンへの申し込み事実を伝えるのではなく、あくまでも働いているかどうかを確認するだけのものです。審査担当者が個人名で電話をするだけですので、カードローンへの申し込みが会社にバレることはほぼありません。

以上のことから、収入証明書を提出して在籍確認をなくす、もしくは収入証明書なしで在籍確認をする、2つに1つの選択肢となります。

身分証明書の提出は必須

収入証明書の有無に関わらず、カードローンへ申し込みする際には、必ず身分証明書の提出を求められます。これはなりすましを防止するために必要不可欠であり、消費者金融でも銀行でも、身分証明書なしで申し込み可能なカードローンは存在しません。

しかし金融庁のホームページを確認してみますと、法律により義務付けられているのは身分証明書のみです。収入証明書や給与明細書など、収入を証明する書類はあくまでもカードローン事業者、または協会の判断によるものです。

実際に収入証明書は必要なく、身分証明書のみで申し込み可能なカードローンはたくさんあります。ただし目安として50万円を超える借入の場合には、ほぼどこのカードローンでも収入証明書の提出を求められます。

また身分証明書として認められているのは運転免許証やマイナンバーカードなどで、保険証は2020年10月からは本人確認の手段として使えなくなりましたのでご注意ください。

中小消費者金融は収入証明書不要の借り入れに消極的

収入証明書不要で借り入れ可能なのは、大手の消費者金融、または一部の銀行カードローンのみであり、中小の消費者金融では消極的です。ほぼ全ての中小の消費者金融では、申し込み時に収入証明書の提出が求められます。

中小の消費者金融は。大手と比べて資金力が少ないため、借り倒しによるリスクが大きくなります。借り倒しは事業存続に直結することから、収入証明書を提出してもらい、十分な返済能力があるかどうかを確認する必要があります。

収入証明書不要でカードローンを利用したい場合には、大手の消費者金融を選びましょう。

収入証明書不要のカードローンに関するQ&A

Q&A

最後に収入証明書不要のカードローンを利用する際に知っておきたいよくある質問と回答をまとめてみました。これから収入証明書でお金を借りようとしている方の参考になれば幸いです。

300万円まで収入証明書不要で借り入れできるところはありますか?

消費者金融や銀行のカードローンで、300万円を収入証明書不要で借り入れできるところはありません。しかし一部の銀行の「フリーローン」でしたら収入証明書不要で300万円まで借り入れ可能な場合もあります。

フリーローンとは、使用用途自由なお金を一括で借り入れ可能なサービスのことで、何度も借り入れと返済ができるカードローンとは性質が異なります。フリーローンの場合、一括で借り入れできる分、途中で追加の借り入れはできません。

フリーローンを取り扱う銀行は多いですが、収入証明書不要なのは「PayPay銀行」「トマト銀行」などの一部の金融機関です。もちろん確実ではなく、場合によっては収入証明書の提出を求められることもあります。

収入証明書不要で借り入れできるおすすめのカードローンはどこですか?

収入証明書不要で借り入れできるおすすめのカードローンは、やはり大手の消費者金融です。大手消費者金融でしたら最短30分で融資が実行されますし、申し込みから借り入れまで全てインターネットで完結するサービスも提供しています。

特におすすめなのは「アイフル」「プロミス」「アコム」で、全て最大50万円まででしたら収入証明書不要で借り入れできます。知名度も抜群で安心感もありますし、一定期間無利息キャッシングも利用可能なため大変お得です。

ただし消費者金融は総量規制の対象となるため、全て合わせて年収額の1/3までしか借りれませんのでご注意ください。収入証明書を提出したとしても、総量規制を超える借り入れはできません。

専業主婦は旦那の収入証明書不要で借り入れできますか?

自身に収入がない場合、消費者金融での借入はできませんが、一部のネット銀行では、専業主婦も対象にしたカードローンを取り扱っており、旦那の収入証明書は不要です。

例えば楽天銀行やPayPay銀行、イオン銀行などが有名で、収入のない専業主婦でもお金を借りることができます。ただし専業主婦が借りられるのは最大50万円までで、多くの場合10~20万円程度となります。

また銀行のカードローンに配偶者貸付と呼ばれる契約方法がありますが、これは全て旦那の収入証明書が必要不可欠です。配偶者貸付は旦那の名義でお金を借りるため、本当に安定収入を得ているかを証明する必要があるからです。

専業主婦でも旦那の収入証明書不要で借り入れできますが、一部の銀行のみであり、消費者金融の利用はできませんのでご注意ください。

収入証明書不要であれば年収を偽って申し込みしても大丈夫ですか?

収入証明書を提出しない限り、消費者金融や銀行では、申込者の正しい年収額を調べる手段がありません。つまり極端な話ですが、収入証明書不要であれば、年収を偽って申し込みしてもバレることはほぼありません。

しかし年収を偽る行為は絶対にしてはいけません。年収を偽ってカードローンの契約をした場合、それは完全な詐欺罪が成立します。

また詐欺罪にまでならなくとも、もしあとになって正しい年収額が発覚した場合、一括での全額返済を求められ、ローンカードももちろん利用停止となります。

即座に全額返済を求められたのにも関わらずそれを拒否すると、法的処置をとられる可能性だって考えられます。嘘はいずれ必ずバレるものですから、年収を偽ってカードローンへ申し込みするのは絶対にやめましょう。

アイフルは収入証明書を出さないどうなりますか?

アイフルでは、契約時だけではなく契約後も様々な理由により収入証明書の提出を求められることがあります。もし収入証明書の提示を求められ、それでも提出しなかった場合には、限度額の減額、またはローンカードが利用停止となることもあります。

信用問題にも関わってきますので、アイフルから収入証明書の提示を求められた場合には、期限内に必ず提出しましょう。

また契約時以外で収入証明書の提出を求められる理由として、「前回の提出から3年経過」「増額時の収入確認」、その他アイフルが必要と判断した場合などが挙げられます。

源泉徴収票、給与明細書、賞与明細書、住民税決定通知書、支払調書など、収入証明書として認められる書類はいくつかあります。それぞれ発行時期に条件がありますので、認められるかどうかわからない場合には、アイフルのお客様サポートへ問い合わせてみましょう。

収入証明書がない場合はどうしたらいいですか?

カードローンを申し込みしたいけど収入証明書がない!そんな時には、収入証明書不要で借り入れ可能なカードローンを利用しましょう。

多くの大手消費者金融では収入証明書不要で最大50万円まで借り入れ可能で、早ければ最短30分で融資が実行されます。ただし、あくまでも「原則」であり、場合によっては収入証明書の提出を求められることもありますのでご注意ください。

また収入証明書を提出しない場合、必ず職場への在籍確認電話が行われます。審査担当者から個人名で職場へ電話し、申込者が本当に働いているかどうかを確認する審査です。

逆に収入証明書を提出することで、この在籍確認電話なしでお金を借りられるカードローンもあります。いくら個人名でも、会社に電話がかかってくるのを避けたい場合には、収入証明書を用意しておきましょう。

収入証明書不要のフリーローンで融資を受けることはできますか?

フリーローンを利用するためには、ほとんどの金融機関で収入証明書の提示を求められますが、トマト銀行でしたら収入証明書不要で融資を受けられます。それがトマト銀行フリーローン「充実生活」です。

充実生活は、使用用途自由のお金を最大1,000万円まで融資可能なフリーローンで、安定収入さえあれば、正社員・契約社員・アルバイト・パートなど、雇用形態問わずに利用できます。

トマト銀行の口座をお持ちであれば、全てインターネットのみで申し込み可能で、最短翌営業日に融資が実行されます。すぐにまとまったお金が必要な時に大変便利です。

ただし収入証明書不要なのは最大300万円までとなりますのでご注意ください。300万円まででしたら、公的な身分証明書のみでフリーローンを利用できます。

また300万円以下でも収入証明書の提出を求められる場合があります。確実にスピーディーに借り入れしたい場合には、300万円以下でも収入証明書の提出をおすすめします。

まとめ

今回は、収入証明書不要のカードローンで融資を受ける方法について詳しく解説させていただきましたが、ご自分の理想とする借り入れ方法は見つかりましたでしょうか?

借入希望金額が50万円以下であれば収入証明書不要でカードローンへの申し込みが可能で、消費者金融でしたら即日融資にも対応してくれます。銀行の場合、最短でも翌日以降となるため、今すぐに収入証明書不要でお金を借りたい場合には、消費者金融のカードローンをおすすめします。

また同じ消費者金融でも中小では収入証明書が必要となる場合が多いです。中小は限られた資金内でカードローン事業を展開しているため、申込者の属性や収入に対して敏感に審査しています。

もちろん大手消費者金融も厳格な審査を行っていますが、収入額に関しては最大50万円まで自己申告であり、原則収入証明書不要でお金を借りられます。

大手消費者金融でしたら、わざわざ店舗へ出向くことなくインターネットだけで申し込みから借り入れまで可能です。お手元にあるパソコンやスマホを使って今すぐ借り入れできますので、まずは申し込みをしてみてください。

この金融記事を書いた人

日本ファイナンス協会は、公益社団法人日本パラーツ協会の下部組織です。日本ファイナンス協会 編集部は、ファイナンシャル・プランニング技能士や、日本証券業協会が認定する証券外務員一種など国家資格を保有している専門的金融知識をもつ編集者で構成されています。記事の中では、カードローンやキャッシング・クレジットカードの金融情報を扱っています。

目次